また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 100377 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳-赤岳主稜

日程 2011年02月19日(土) 〜 2011年02月20日(日)
メンバー
 norlys(食事)
 shousuke_(CL)
 Kaigunchui(記録)
, その他メンバー2人
天候2月19日 晴
2月20日 晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

2月19日 前夜発 美濃戸駐車場8:30-09:50美濃戸山荘-12:00赤岳鉱泉 遭難対策訓練

2月20日 赤岳鉱泉05:35(-10℃)-06:05行者小屋(-11℃)-07:05主稜入口-11:35赤岳登山道合流点-赤岳頂上小屋発13:00-13:52行者小屋14:00-14:20赤岳鉱泉15:00-15:54美濃戸山荘16:03-16:40美濃戸駐車場
コース状況/
危険箇所等
ボルトによるビレイポイント多数。
古いピトンも各所にある。
岩を使っての確保用に長めのスリングがあると良いです。
人気ルートで多くのパーティが入るので、順番や譲り合いが必要。強引に抜いていくのはザイルがクロスしたり、突っかかったりと危険です。一声掛けましょう。
主稜は日が当たる箇所が少なく、風も場所により結構吹き付けます。防寒・防風対策をしっかりと。
過去天気図(気象庁) 2011年02月の天気図 [pdf]

写真

こんなに近くに寄っても身動き一つしなかったカモシカさん
2011年02月19日 10:13撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなに近くに寄っても身動き一つしなかったカモシカさん
赤岳鉱泉はアイスの真っ盛り。
この週末もコンペをやっていました。
皆さん上手過ぎ!!!
2011年02月19日 11:59撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉はアイスの真っ盛り。
この週末もコンペをやっていました。
皆さん上手過ぎ!!!
文三郎尾根から主稜取付きへのトラバース。
最初のパーティーだったため、若干のラッセルでした。
2011年02月20日 07:07撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根から主稜取付きへのトラバース。
最初のパーティーだったため、若干のラッセルでした。
取り付きのチョックストン。
雪の無いときの写真を見ると、余裕で下を潜っていますが、雪が多く、チョックストンの上を越えました。
2011年02月20日 07:45撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付きのチョックストン。
雪の無いときの写真を見ると、余裕で下を潜っていますが、雪が多く、チョックストンの上を越えました。
赤岳頂上小屋に到着。
頂上に直接突き上げる主稜。
カッコいいです。
2011年02月20日 12:21撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳頂上小屋に到着。
頂上に直接突き上げる主稜。
カッコいいです。
我らがパーティー
皆さん、ありがとう。
2011年02月20日 12:40撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我らがパーティー
皆さん、ありがとう。
帰りは鹿さんに見送られました。
2011年02月20日 16:06撮影 by uT6000,ST6000 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは鹿さんに見送られました。

感想/記録

山岳会の雪山レスキュー訓練に参加。
土曜日に赤岳鉱泉で弱層テストやビーコン探索、雪上での視点作りなどを訓練。

翌日は、赤岳鉱泉に残った5名で主稜に挑戦。
パーティーのshosuke_氏とnorlys氏は今回が2回目。
3名、2名の2パーティーに分かれてザイルを組む。

久しぶりのバリエーションとダブルロープでのビレイに若干、緊張をしていた。
まだ暗いうちに赤岳鉱泉を出発。
行者小屋も多くのテントが張られていた。
順調に文三郎尾根を登り、チョックストンまでのトラバース。

そこから、いよいよ主稜に取り付く。
天気は良かったものの、主稜は終日、日の当たらない半日村状態。
所により風も強く、待っている間は寒かった。

グングン登っていくと高度感がたまらない。

後ろからはガイドグループが疾風のように登って追い抜いていく。
結局、5-6パーティーが取り付いていたのでは。

久しぶりのザイルパーティーを組んでの登山だったが、天気も良く非常に良いコンディションで楽しめた。

特に、パーティーの皆さんには感謝感謝です。
訪問者数:1891人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/12/5
投稿数: 146
2011/2/21 1:58
 山頂でお会いしましたね!
みなさん、こんばんは。

皆さんとお話ししたわけではないですが、青い服と、赤い服の方とは少しお話させていただきました。ヤマレコユーザーさんだったとは知りませんでした。

みなさんの素晴らしい記録を、また覗きに来ますね。
登録日: 2008/12/22
投稿数: 11
2011/2/21 23:28
 コメントありがとうございます。
私、青い服に白いヘルメットでした。
素晴しい天気でしたよね。
久しぶりの八ヶ岳でしたが、やはり人が多くて驚きました。
主稜でも、次々に追い越されていきました。
また、どこかでお会いできるかも知れませんね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ