ヤマレコ

記録ID: 1005051 全員に公開 ハイキング白山

白山 〜今年最後の彩の宴〜

日程 2016年11月05日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

コース状況/
危険箇所等
白山はもう冬の装いに転身。
ギアを含めあらゆる装備も万全を期して挑むべし。

瓢箪谷上園地は積雪3〜5cmほどありグチョグチョ箇所も多数あって観光客様スタイル(特に履物)ではかなり厳しいわよ。
その他周辺情報下山後、大門温泉センターに立ち寄ったが着替えを忘れちまっていて撃沈。
自宅に帰り大理石の大浴場で我慢しました。
過去天気図(気象庁) 2016年11月の天気図 [pdf]

写真

冠雪白山

六万山越しから白山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冠雪白山

六万山越しから白山
別当手前の紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別当手前の紅葉
観光新道のブナ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観光新道のブナ
再び別当出合
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び別当出合
別当谷と大屏風
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別当谷と大屏風
手取川風嵐渓谷
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手取川風嵐渓谷
中宮ビジターセンター前
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中宮ビジターセンター前
白山白川郷ホワイトロード

しりたか滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山白川郷ホワイトロード

しりたか滝
しりたか滝と紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しりたか滝と紅葉
ZOOMでもしちゃう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ZOOMでもしちゃう
煌めきの蛇谷渓谷
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
煌めきの蛇谷渓谷
かもしか滝(五重の滝)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かもしか滝(五重の滝)
かもしか滝と紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かもしか滝と紅葉
ふくべの大滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふくべの大滝
瓢箪上谷園地
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瓢箪上谷園地
足元はグチョグチョ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元はグチョグチョ
瓢箪上谷園地展望デッキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瓢箪上谷園地展望デッキ
剱岳から槍穂の眺望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳から槍穂の眺望
雪化粧の三方岩岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪化粧の三方岩岳
とがの木台展望駐車場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とがの木台展望駐車場
蛇谷園地へと向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇谷園地へと向かう
ホワイトロードの紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホワイトロードの紅葉
美しい蛇谷渓谷
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい蛇谷渓谷
金色のブナ林
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金色のブナ林
ポム爺さんの洞窟
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ポム爺さんの洞窟
錦秋の姥ケ滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
錦秋の姥ケ滝
蛇谷園地のブナ林
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇谷園地のブナ林

感想/記録

皆さま、こんぬつは。
ご機嫌いかがかしら?
さてさていつもながらの周回遅れ。
いまだにモタモタしちゃってるわ。
それはそうとここんところめっきり寒くなってきたわね。
BCスキーヤー様が鳴いて喜ぶ(泣いて喜ぶとも言う)待望の雪が遂に降りましたわね。
果たしてこの雪が根雪となってくれるでしょうか?
そして今年の紅葉にはガツカリされたお方達も待望の雪山SEASONを迎え、下がっていた士気をグーンとアップさせていることでありましょう。
ホント食べ物もそうですけれどその年の初物というのは心が躍るって〜なもんだよね。

それでは本題に移りましょうかしら。
ねえねえ、今度の週末の土曜日はお天気が良いんだって。
白山に雪が積もったって話だからMillerさん行ってきなよ。
それにまだ車で別当出合まで入れるっていうことだしネ。
土曜日は生憎の仕事人稼業が入ってしまった相方のハニーちゃんからその話を勧められた。
そうか〜。
確かに11月に降り積もった雪の無垢な白山は美しいと思し、是非とも実行に移したい年間行事の一つとも言える。
しかし、このところちぢく仕事人稼業の多忙さに加え体調不良を引き起こし、この状態でお山に入れるかが疑問となっている。
「病は気から」って言うのは私も同感、山に対する意識を高めこのモヤモヤを何とか吹き飛ばそう。
そすてそのモチベを維持して土曜の朝を迎えるとしよう。
当日朝6:00。
く〜、情けね〜ことに寝過ごしてしまった。
そすて身体もなんとなく重い状態のまま。
う〜ん、どうする?どうする?
だけど雪の白山はどうしても見たい!
朝食を済ませ、オール雪山装備を全て整えて白峰方面に車を走らせた。
お天気は最高に良く白い雪をまとった頂と麓の華麗な紅葉のコントラストが絶品であった。
これは遅い出発の恩恵(結果往来だけど良い想いとなった)を受け楽しむことが出来た事実。
これを陽の上がる前の暗闇に実行していたのでは分かり得なかったことでもあったであろう。
そして何より想定外だったのは白峰から入る白山公園線沿いの木々は驚く程色合いが鮮やかでどの木々の葉も状態がかなり良いってことだった。
「今年の紅葉はボツ!」。
確かに紅葉は表年もあれば裏年もあると聞きますので、今年は名実ともに裏年なのであろうと私もそのように思い込んでいたし、更には皆様方のレコを拝見しても一同にそのような紹介が多く目に付いたのも要因の一つでもあった。
しかし、それは良い方に裏切られた。
ガッカリしていた今年の秋にまた期待を寄せるチャンスが蘇ったのだ。
ただでさえ出足が遅れているのでとっとと準備を済ませ取付き開始と行かなくてはいけないのだが、またいつものように道草浮気病が出てしまった。
やがて素敵な紅葉を何枚か撮り終えたら元のmissionへと切り替えた。
今年も例年の様に11月の雪山白山は釈迦岳を楽しむようにしていて無論今年も異議は無く静けさを求めて実行する予定でいた。
私的には独占釈迦は賑わう御前峰より魅力はデカいのよ。
「し、しかし!」。
釈迦岳登山口前の空スペースは既に満員御礼。
更にその向かいに位置する旧金工大施設跡の空地にも多数の車と大勢の人が取付き準備に掛かっておられた。
「静かな釈迦がユニクロ状態ってか?」。
これには一瞬にして興ざめとなり、車は素通り、別当出合へと向かうことに決めた。
そうとなりゃ観光新道からPEAKを目指すとするかいな。
車を進めると次から次へと紅葉の美女たちからの誘惑に魅了され、停まってはパシャ!、停まってはパシャ!の状態に陥ってしまった。
やがて車は別当に到着、他のハイカーさんの御車で溢れかえっていた。
心は紅葉と雪山が半々の状態でとちらもGET出来りゃロイヤルストレートフラッシュってな気分となっていた。
別当から観光新道に取付いた途端にモチベに急変が…。
それまで見事なまでに楽しませてくれた紅葉が取付き開始直後の森から消え去ってしまったのだ。
別当から上の森では晩秋から初冬を迎えた状態となり木々の葉が全て落葉しきってスカスカな装いとなっていたのだ。
確かに、確かにこの後もお天気が約束されて眺望や澄んだ空気には期待が持てるであろうし、素敵な雪山だって満喫できることでありましょう。
だけど森フェチのMillerさんはそれでも満足できなかったのだ。
それは先ほど目に留った輝かしい紅葉を見てそう思ったのだ。
「おいMillerよ、お前は今年の白山の素敵な秋を本当に満喫したのか?」。
「このままでは今年の秋は終わっちまうんだぜ!」。
ここで心に宿るもう一人の自分が問いかけてきたのだ。
答えは決まった。
取り付開始わずか2分で下山決定。
これをコールド負けと呼ぶにふさわしいのか分からないが卑屈感は全く無いし、むしろ気分は次なる野望にメラメラしちゃっていた。
今日は私のよく知るエキスパート様も入山しているようでありますので初物雪山レポは彼ら達にお任せするといたしまショー。
さてMissionは完全にGREATで気品溢れる紅葉MODEに切り替えますたわよ。
秋の白山で気になるエリアと言えば勿論白山北部であります。
これは私の推測ですけど平瀬も含めた北部白山エリアは日本有数の豪雪地帯であり、その水量の豊富さに加えこの時期の深夜と日中との温度差等も加味して考えますと、紅葉の出来栄えにおいても全国屈指を誇るのではないかと感じるのであります。
地元民でありながらそれを体験せずに雪山INするのは勿体ないことかなと思っちゃったのよ。
「善は急げ」っつっても紅葉の旬はタイミングも大事。
こらから荒れる日が多くなる北陸地方。
白山の秋は今日で最後を迎えることになるかもしれない。

車は中宮へと走らせた。
流石は紅葉のメッカとあって交通量は非常に多い。
無論言わずと知れた白山・白川郷ホワイトロードの紅葉を楽しみに向かわれているのである。
ただし問題があって有料の等道路の通行料に見合った紅葉の出来栄えが一番気になることであり、これはある意味「大きな賭け」となるということでもあんねん。
勿論情報ネット等で紅葉の出来栄え等にはチェック入れているが、ただ「見頃」と出ていてもグレードは「並」かもしれないし「スーパーモデル級」なのかもしれない。
当然誰しも「並」を期待して訪れる人はいないであろうし、見るからには「スーパーモデル」と出会いたい気持ちでいっぱいなハズだ。
無論、私だって…、私だって…、「どうかお願いしますよ」ってな心情だって。
ここは私も清水の舞台から千円札一枚を落とす気持ちで腹をくくった。
私は関所を通過する
果たして吉とでるか?
交通量は半端なく多く私の車もところてん式にINされてしまった。
午後に差し掛かろうかといった陽射しが見事に紅葉と調和し、その出来栄えには息を呑んだ。
ダイス「き、綺麗だぁ…」。
モンスリー「バカね…」。
(未来少年コナンのワンカットシーン)
しりたか滝、かもしか滝、ふくべの大滝、瓢箪谷上園地を順に楽しみ、メインイベントの蛇谷園地へと向かった。
やはりふくべの大滝と人気&実力を二分するだけあって車と人の数は半端ない。
車の駐車に関しては数十分待ちが余儀なくされていた。
私も何とか気の弱そうな人を見つけて強引に車をどかさせ駐車に成功した。
(おい!そんな事したらアカンちゅうねん)
さぁ一番期待していた園地のブナ林と姥ケ滝の紅葉の出来栄えは???
ダイス「き、綺麗だぁ…」。
モンスリー「バカね…」。
ホンマここは絶景っす。
こんな素敵な紅葉は初めてだわ。
滝、渓谷、紅葉、ブナ林、お天気、陽の射す時間帯etc…。
全てにおいてPERFECTだったわ。
そすてこの地の絶叫リピーターになっちまったことは言うまでもないわ。

最後に。
おかげさまで今日は躍動感や満足感に加えずっと待ち焦がれていたシーンとの遭遇もできたので達成感も存分に得られとても充実していたわ。
そすて午前中早々に下したジャッジが結果的に素晴らしい感動を味わえ素敵な白山の秋を終わらせることができますた。
ホワイトロードの通行料金がこのシーンに出会えたことで高いと不満を申す気分はサラっと失せたわよ。
お山の楽しみ方のジャンルってのは人それぞれ違うし、違って当たり前なんだよね。
今日はあのまま白山雪山を楽しんでいてもそれはそれで違った喜びや感動があったハズに違いありません。
(もっちろん私も雪山大好きですから…)
天秤に掛けてどっちがどうだ?と比べられませんけれどどちらも素敵な11月の旬なのよね。
今日は素晴らしいお天気だったので皆様もとても良い一日を過ごされたんじゃないかしら。
さぁ〜、これで心置きなく雪山にスイッチを切り替えられるってなもんだわ。
とは言えまだ低山の紅葉ハイクが楽しめますのでそれと併用して楽しんでみるとするわ。

お〜すまい、んじゃね。
訪問者数:236人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/12/25
投稿数: 141
2016/11/14 17:35
 お腹いっぱい
夕食前にミラーさんの画像を見ていたらもうお腹一杯満腹状態で、やだな〜これから夕食作るの。でもおかげでホワイトロード料金払わなくても大満足出来たのでこれはなんとしてでもがんばっておいしい夕食作らなくちゃ。水の流れが素敵ですね、どうやったらあんなふうに撮れるのでしょう。このところちょっと疲れていたから癒されましたよ♬
登録日: 2014/12/7
投稿数: 541
2016/11/15 4:06
 今年最後の晴れ舞台
syounenkさん、おはようございます。
ありがとうございます。

お久しぶりでございます。
youちゃんも元気〜?
この日はsyounenkさんも白山に登られていたんですよね。
私もそのつもりでいたのですが朝寝坊と途中の紅葉の誘惑と雪山に登れる根性不足から断念しちゃいますた。
(根性不足が一番の原因かも…
でもホント今年の紅葉はパッとしたのに出会えなくてガッカリしていたところだったので最後の最後で逆転満塁ホームランを放った気分となりましたわ。
これを味わえなくて冬には入れないよ。
雪もあともう一降りしてほしいですわね。
またどこかの雪山でばったり出会えると嬉しいですね。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ