ヤマレコ

記録ID: 1015542 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

四ツ又山、鹿岳

日程 2016年11月20日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間4分
休憩
1時間27分
合計
5時間31分
S南牧ハーブガーデン09:0109:14四つ又山登山口09:18駐車場09:2109:57天狗峠09:5910:29四ッ又山10:4211:22マメガタ峠11:3312:16鹿岳(一ノ岳)12:32鹿岳12:5213:07鹿岳(一ノ岳)13:4414:26鹿岳登山口14:30南牧ハーブガーデン14:3114:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年11月の天気図 [pdf]

写真

鹿岳無料駐車場を出発。まだ空きはありました。
2016年11月20日 09:03撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿岳無料駐車場を出発。まだ空きはありました。
四ツ又山登山口。ここにも車を3台くらい停められますが、すでに満車。
2016年11月20日 09:18撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四ツ又山登山口。ここにも車を3台くらい停められますが、すでに満車。
沢沿いに登っていくと、マメガタ峠と天狗峠の分岐。右の天狗峠に行きます。
すぐそこに水場があるけど、水はちょっと濁ってました。
2016年11月20日 09:29撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いに登っていくと、マメガタ峠と天狗峠の分岐。右の天狗峠に行きます。
すぐそこに水場があるけど、水はちょっと濁ってました。
やがて急斜面の植林の中へ。ここも以前は段々畑だったのかな。はやくも疲れてきた・・・
2016年11月20日 09:44撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて急斜面の植林の中へ。ここも以前は段々畑だったのかな。はやくも疲れてきた・・・
先行してる方々にどんどん引き離されつつ、天狗峠に。
四方に道が分かれていますが、下郷方面は現在通行止め?
2016年11月20日 09:55撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行してる方々にどんどん引き離されつつ、天狗峠に。
四方に道が分かれていますが、下郷方面は現在通行止め?
天狗峠からも急な登りですが、緩やかになってくると陽もよく射し込んで明るくなってきました。
2016年11月20日 10:10撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗峠からも急な登りですが、緩やかになってくると陽もよく射し込んで明るくなってきました。
山頂手前の分岐から急な登りで、四ツ又山に。
2016年11月20日 10:30撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前の分岐から急な登りで、四ツ又山に。
四ツ又山からの眺め。
遠くに浅間山、手前に鹿岳。あれ本当に登れるのだろうかと不安になる
2016年11月20日 10:33撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四ツ又山からの眺め。
遠くに浅間山、手前に鹿岳。あれ本当に登れるのだろうかと不安になる
2
山頂手前の分岐からマメガタ峠方面へ。途中でちょっとそれて四ツ又山P2へ。P2手前には烏天狗?と梵字の彫られた石碑が。
2016年11月20日 10:45撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前の分岐からマメガタ峠方面へ。途中でちょっとそれて四ツ又山P2へ。P2手前には烏天狗?と梵字の彫られた石碑が。
四ツ又山P2の石像。聖徳太子?
2016年11月20日 10:46撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四ツ又山P2の石像。聖徳太子?
P3の石像。
P4には石像は無く、石祠がありました。
2016年11月20日 10:50撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3の石像。
P4には石像は無く、石祠がありました。
ヤマツツジの花が咲いてました。
2016年11月20日 10:56撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマツツジの花が咲いてました。
1
四ツ又山P4からマメガタ峠へ、ガンガン下っていきます
2016年11月20日 10:56撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四ツ又山P4からマメガタ峠へ、ガンガン下っていきます
マメガタ峠。
標識は、大久保を北に指し示してるように見えますが、実際は逆方向です。
2016年11月20日 11:22撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マメガタ峠。
標識は、大久保を北に指し示してるように見えますが、実際は逆方向です。
マメガタ峠から鹿岳へ、また急登あり。
おっさんのライフゲージはどんどん減っています。
2016年11月20日 11:41撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マメガタ峠から鹿岳へ、また急登あり。
おっさんのライフゲージはどんどん減っています。
尾根道になってテンション回復。
2016年11月20日 11:54撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道になってテンション回復。
紅葉もまだ少し残ってました。
2016年11月20日 12:00撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉もまだ少し残ってました。
1
鹿岳の一ノ岳の基部。
ここまで1グループとソロ1名しか会いませんでしたが、人が多くなってきました。
2016年11月20日 12:13撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿岳の一ノ岳の基部。
ここまで1グループとソロ1名しか会いませんでしたが、人が多くなってきました。
紫がかったリュウノウギク
2016年11月20日 12:19撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紫がかったリュウノウギク
鹿岳のコル。
団体さんは一ノ岳に向かったので、私はまず二ノ岳へ。
2016年11月20日 12:21撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿岳のコル。
団体さんは一ノ岳に向かったので、私はまず二ノ岳へ。
ここから高所恐怖症のおっさんには難所の連続でした。
まずは微妙に横に傾いてるハシゴ。
2016年11月20日 12:30撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから高所恐怖症のおっさんには難所の連続でした。
まずは微妙に横に傾いてるハシゴ。
1
続いて鎖場。
足場の岩が崖下側に傾いてる・・・
2016年11月20日 12:31撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて鎖場。
足場の岩が崖下側に傾いてる・・・
1
右に鹿岳の一ノ岳、左奥にさっき登った四ツ又山。
2016年11月20日 12:35撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に鹿岳の一ノ岳、左奥にさっき登った四ツ又山。
1
鹿岳の二ノ岳。
そばにいた方々が、さっき熊を見た、みたいな会話をしてますが、聞かなかったことにします(^^;
しかし疲労と動揺のせいか、ここから近くの好展望地に寄るの忘れてました
2016年11月20日 12:39撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿岳の二ノ岳。
そばにいた方々が、さっき熊を見た、みたいな会話をしてますが、聞かなかったことにします(^^;
しかし疲労と動揺のせいか、ここから近くの好展望地に寄るの忘れてました
鹿岳のコルに戻って、一ノ岳へ向かいます。
ここは下高原への分岐。ここのハシゴは垂直ですが4段しかないので、高所恐怖症のおっさんでも大丈夫でした。
2016年11月20日 13:00撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿岳のコルに戻って、一ノ岳へ向かいます。
ここは下高原への分岐。ここのハシゴは垂直ですが4段しかないので、高所恐怖症のおっさんでも大丈夫でした。
こっちも急登です。
途中で団体さんが下りてきました。二ノ岳ですれ違いにならなくてよかった。
2016年11月20日 13:01撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちも急登です。
途中で団体さんが下りてきました。二ノ岳ですれ違いにならなくてよかった。
鹿岳の一ノ岳。
こっちには誰も居らず。食事休憩しました。
2016年11月20日 13:08撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿岳の一ノ岳。
こっちには誰も居らず。食事休憩しました。
鹿岳のコル付近から下山します。
急坂をガンガン下っていきます。
2016年11月20日 13:51撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿岳のコル付近から下山します。
急坂をガンガン下っていきます。
植林の中の道は、長く感じました。
途中、かなり滑りやすいところあり。
2016年11月20日 14:16撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林の中の道は、長く感じました。
途中、かなり滑りやすいところあり。
下高原の鹿岳登山口。
あとは車道を数分歩いて駐車場へ。
2016年11月20日 14:27撮影 by DMC-FZ300, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下高原の鹿岳登山口。
あとは車道を数分歩いて駐車場へ。

感想/記録

以前から気にはなってたけど、高所恐怖症なので敬遠していた、鹿岳と四ツ又山に行ってきました。
思ってたよりもアップダウンがあり、怖いハシゴもあったけど、無事行って帰ってくることができました。
訪問者数:296人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 鎖場 水場 コル 紅葉 テン 高原
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ