また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1042900 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

半月山(中禅寺温泉BT⇔阿世潟)

日程 2017年01月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り。午前中は薄日が届くことも。冷え込みは弱い
アクセス
利用交通機関
電車バス
▼行き
板橋5:04ー(JR線:赤羽、宇都宮乗換)ー7:45日光
JR日光駅7:52=(東武バス・湯元温泉行き)=8:40 中禅寺温泉BT

▼帰り
中禅寺温泉BT15:30=(東武バス)=16:10 JR日光駅
日光17:12ー(JR線:宇都宮・赤羽のりかえ)−板橋

JR線は青春18きっぷ利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間58分
休憩
25分
合計
6時間23分
S中禅寺温泉バス停08:5810:00茶ノ木平11:03狸山11:0411:11中禅寺駐車場11:2012:10半月山12:2012:28半月山展望台12:3012:51半月峠13:05中禅寺山13:0613:39阿世潟峠13:4113:57阿世潟14:22狸窪15:01歌ヶ浜駐車場15:21中禅寺温泉バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
⛄積雪状況
標高1600m以上でわずかに雪化粧程度の場所があった程度。
1/8夕方〜1/9朝の降雪で状況は一変するはずです。

🗻登山道状況
●茶ノ木平遊歩道
道幅広くしっかりした遊歩道。
尾根道とトラバース道の境にかならず看板類があり、道迷いの危険も皆無
。30cm程度の積雪があっても問題なく歩けそうです。
【追記】2週間後に「30cm程度の積雪」の日に同じコースを歩きましたが、この日の倍以上の時間がかかりました。

●狸山登山道
茶ノ木平の道に準ずる良道。問題なし

●半月山登山道
取りつきからえぐれた急坂でスタート。これまでの「遊歩道」から「登山道」という感じになります。細かいアップダウンも多く、比較的ハードな道です。
特に、半月山展望台から半月峠へはかなりの急坂です。
中禅寺山〜阿世潟峠にかけては崩壊地の脇を登山道が通過する場所あります。
阿世潟峠からの下りは幅広の良道で、危険個所なし。下部では雪があると若干道がわかりにくいかもしれません。
その他周辺情報♨温泉
日光ステーションホテルクラシック。700円

連休中日の16時台、ということで結構混雑してました。この時間は宿泊客のほうが日帰りより多いですね。
といっても「もえぎの湯」ほどではありません。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

中禅寺温泉バスターミナルから歩き出してすぐの登山口。「遊歩道」と書かれている通り良い道です。
2017年01月08日 09:10撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中禅寺温泉バスターミナルから歩き出してすぐの登山口。「遊歩道」と書かれている通り良い道です。
巻道が尾根にのる地点には必ず標識があり、積雪期の下りでも道迷いの心配皆無。
2017年01月08日 09:56撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻道が尾根にのる地点には必ず標識があり、積雪期の下りでも道迷いの心配皆無。
雪はあってもこの程度。
2017年01月08日 09:59撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はあってもこの程度。
茶ノ木平。平和な風景
2017年01月08日 10:05撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶ノ木平。平和な風景
男体山。
左は金精峠周辺の山々
2017年01月08日 10:30撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山。
左は金精峠周辺の山々
1
展望デッキ。車道から近い。
2017年01月08日 10:35撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望デッキ。車道から近い。
展望デッキから。
錫ヶ岳〜日光白根〜金精峠〜温泉ヶ岳
2017年01月08日 10:36撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望デッキから。
錫ヶ岳〜日光白根〜金精峠〜温泉ヶ岳
2
車道を横断。狸山へ
2017年01月08日 10:38撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を横断。狸山へ
狸山の頂上にはテレビの電波塔。
2017年01月08日 11:00撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狸山の頂上にはテレビの電波塔。
再度車道に降りると、第一駐車場、兼展望台。
2017年01月08日 11:11撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度車道に降りると、第一駐車場、兼展望台。
男体山。
2017年01月08日 11:14撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山。
2
第一駐車場から錫〜日光白根〜温泉岳。
同じ様な写真ばっかり撮ってる・・・・。
2017年01月08日 11:14撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一駐車場から錫〜日光白根〜温泉岳。
同じ様な写真ばっかり撮ってる・・・・。
3
半月山への登り。
これまでの道に比べるとハードで荒れ気味。
2017年01月08日 11:40撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半月山への登り。
これまでの道に比べるとハードで荒れ気味。
半月山の頂上は針葉樹の森の中で展望皆無です。
2017年01月08日 12:09撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半月山の頂上は針葉樹の森の中で展望皆無です。
山頂から数分西に進んだところにある展望デッキからは、北面から南西方面にかけて、第一級の展望が広がります。
2017年01月08日 12:28撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から数分西に進んだところにある展望デッキからは、北面から南西方面にかけて、第一級の展望が広がります。
1
日光白根山方面。左端の切れかかってるのが錫。
2017年01月08日 12:29撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光白根山方面。左端の切れかかってるのが錫。
足尾山塊の盟主・皇海山、その左に鋸山。
未踏の深田百名山のうち、一番登ってみたい山です。
2017年01月08日 12:30撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足尾山塊の盟主・皇海山、その左に鋸山。
未踏の深田百名山のうち、一番登ってみたい山です。
深田百名山は山容に秀でた個性的な山が多いです。
皇海山もその一つ。写真がいまいちなのがとても残念…(カメラ持ってくればよかった)
2017年01月08日 12:31撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深田百名山は山容に秀でた個性的な山が多いです。
皇海山もその一つ。写真がいまいちなのがとても残念…(カメラ持ってくればよかった)
1
また晴れた日に是非再訪したいです。
2017年01月08日 12:31撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また晴れた日に是非再訪したいです。
展望台からは、かなりの急下りを経て半月峠。
2017年01月08日 12:53撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からは、かなりの急下りを経て半月峠。
上り返して中禅寺山。
ピークはやはり針葉樹に覆われていますが、
2017年01月08日 13:05撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上り返して中禅寺山。
ピークはやはり針葉樹に覆われていますが、
その先は笹原とカラマツ林の明るい道。
南側の崩壊地がやや気になります。崩壊地を避けるように北側に道を付け替えた場所もありました。
2017年01月08日 13:13撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先は笹原とカラマツ林の明るい道。
南側の崩壊地がやや気になります。崩壊地を避けるように北側に道を付け替えた場所もありました。
目の前に聳える社山。中禅寺湖の北側からはあまり目立ちませんが、この角度から見ると立派な山です。
これを登り返すのは大変そう。
2017年01月08日 13:15撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前に聳える社山。中禅寺湖の北側からはあまり目立ちませんが、この角度から見ると立派な山です。
これを登り返すのは大変そう。
1
阿世潟(あぜがた)峠到着。
2017年01月08日 13:38撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿世潟(あぜがた)峠到着。
阿世潟峠からは足尾方面に下る道もあります。
地理院の地形図見ると40分くらい下れば林道に出られそうに見えますがどうだろう。
2017年01月08日 13:39撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿世潟峠からは足尾方面に下る道もあります。
地理院の地形図見ると40分くらい下れば林道に出られそうに見えますがどうだろう。
阿世潟へ下る道は道幅広く危険なし。
2017年01月08日 13:43撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿世潟へ下る道は道幅広く危険なし。
阿世潟。
ここからは湖畔沿いの道を引き返します。遊歩道かと思ったら、狸窪のゲートから先はアスファルトでした。
2017年01月08日 13:56撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿世潟。
ここからは湖畔沿いの道を引き返します。遊歩道かと思ったら、狸窪のゲートから先はアスファルトでした。
こういう砂浜のある景色は人造湖にはほとんどない。
2017年01月08日 14:03撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう砂浜のある景色は人造湖にはほとんどない。
1
奥白根方面。
画面の左端が宿堂坊山となります。
2017年01月08日 15:11撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥白根方面。
画面の左端が宿堂坊山となります。
1
訪問者数:370人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 道迷い カラマツ 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ