また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1045809 全員に公開 トレイルラン丹沢

大山 (日向ふれあい学習センターからスタート)

日程 2017年01月13日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 山頂付近は雪ちらつく
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間39分
休憩
34分
合計
3時間13分
S日向ふれあい学習センター14:1514:47日向越(雷峠)14:4815:00見晴台15:0315:46大山16:1416:56見晴台16:5817:28日向ふれあい学習センターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道標がしっかり整備されていて道迷いの心配は有りませんでした。
見晴台から先は積雪が残りスリップに注意が必要でした。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 行動食 非常食 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス

写真

「日向ふれあい学習センター」の少し下の登山口からスタートです。
2017年01月13日 14:15撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「日向ふれあい学習センター」の少し下の登山口からスタートです。
登り始めてしばらくすると、車道に合流します。
後で知ったのですが、、「学習センター」前の車道を道なりに進めばここに出てこれました。
2017年01月13日 14:24撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めてしばらくすると、車道に合流します。
後で知ったのですが、、「学習センター」前の車道を道なりに進めばここに出てこれました。
背の高い優しいお顔のお地蔵さんでした。
背せが高いもんだから、帰りに人と間違えてビックリしました。
2017年01月13日 14:47撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背の高い優しいお顔のお地蔵さんでした。
背せが高いもんだから、帰りに人と間違えてビックリしました。
ミツマタのつぼみが春を待っていました。
2017年01月13日 14:55撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツマタのつぼみが春を待っていました。
見晴台に建つ「山岳安全」の石碑。
2017年01月13日 15:00撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台に建つ「山岳安全」の石碑。
見晴台の広場ゾーンですが、霜柱とドロでグチャグチャの状態でした、、靴の裏にドロの板が着いて足が重くなります。
靴を洗う事考えなければ、かなり楽しい♪
2017年01月13日 15:00撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台の広場ゾーンですが、霜柱とドロでグチャグチャの状態でした、、靴の裏にドロの板が着いて足が重くなります。
靴を洗う事考えなければ、かなり楽しい♪
そして、大きな霜柱と休憩ベンチです。
2017年01月13日 15:01撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、大きな霜柱と休憩ベンチです。
見晴台の広場に何か設置してありました。
2017年01月13日 15:02撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台の広場に何か設置してありました。
気象観測??の器機みたいです。
2017年01月13日 15:02撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気象観測??の器機みたいです。
雪だるまが一人淋しそうだったので、お友達を作ってみました♪
2017年01月13日 15:21撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪だるまが一人淋しそうだったので、お友達を作ってみました♪
1
いよいよ雪道が出現です。
雪の道は音が吸収され静かでいいですね。
2017年01月13日 15:36撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ雪道が出現です。
雪の道は音が吸収され静かでいいですね。
山頂に到着
意外と眺望が良かったです。
横浜ランドマークや新宿副都心が見えました。
2017年01月13日 15:46撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着
意外と眺望が良かったです。
横浜ランドマークや新宿副都心が見えました。
遠く雲の中に富士山と、雪化粧した塔ノ岳が見えます。
2017年01月13日 16:05撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く雲の中に富士山と、雪化粧した塔ノ岳が見えます。
2
丹沢山方面も雪ですね〜
冬の丹沢も綺麗でうっとり。
2017年01月13日 16:05撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山方面も雪ですね〜
冬の丹沢も綺麗でうっとり。
1
山頂裏側はさらに雪が深かったです。
2017年01月13日 16:06撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂裏側はさらに雪が深かったです。
1
宮ケ瀬湖の辺りは陽が当たっていて暖かそうに見えますね。
2017年01月13日 16:07撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮ケ瀬湖の辺りは陽が当たっていて暖かそうに見えますね。
大山北尾根ルートは足跡少なく雪が凄そうです。
2017年01月13日 16:10撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山北尾根ルートは足跡少なく雪が凄そうです。
今回は富士山は顔出してくれませんでした。
2017年01月13日 16:12撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は富士山は顔出してくれませんでした。
1
三峰でしょうか?!
2017年01月13日 16:56撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰でしょうか?!
下山途中に阿夫利神社の下社がちらっと見えました。
2017年01月13日 17:00撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中に阿夫利神社の下社がちらっと見えました。
冬の静かな下り尾根道です。
2017年01月13日 17:00撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬の静かな下り尾根道です。
車道との合流地点に到着です。
帰りは車道を歩いて帰りました。
2017年01月13日 17:22撮影 by SC-02C, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道との合流地点に到着です。
帰りは車道を歩いて帰りました。

感想/記録
by okoze

思っていたよりも雪があり気を使いました。
山頂は寒く写真を撮る間だけでも、手袋を外しているとジンジンしてくる程でした。
久々の大山からの眺めを見る事ができて良かったです。
訪問者数:511人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

道迷い 霜柱 地蔵 道標 クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ