また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1046526 全員に公開 雪山ハイキング富士・御坂

石割山〜平尾山(富士を眺めに!)

日程 2017年01月14日(土) [日帰り]
メンバー
 syosuke(CL)
天候薄日射すも雪舞う!
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
御殿場駅集合。河口湖行8:10発、旭日丘着。
タクシーに乗り換え、石割山登山口へ!
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間22分
休憩
53分
合計
4時間15分
S石割山登山口09:1510:05石割神社奥社10:1510:46石割山10:5011:26一ノ砂ノ沢ノ頭11:2711:32平尾山12:1013:00石割神社前社13:30石割の湯13:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
昼食は『平尾山山頂』にて約40分。
コース状況/
危険箇所等
石割神社への403段の階段は半凍結しており、注意要。
奥社から上に1m位の段差3箇所あり。(ロープあり)
その上は雪はあるものの凍結無し。上部の積雪20Cm 〜40Cm.
(アイゼン使わなかったが転倒注意!)
その他周辺情報平野バス停から10分ほどで『石割の湯』(¥800・WEBに割引あり)
食事も可能。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ 予備電池 1/25 000地形図 ガイド地図 コンパス 筆記具 保険証 飲料 ティッシュ 三角巾 バンドエイド タオル 携帯電話 計画書 雨具 防寒着 ストック 水筒 時計 非常食 スパッツ サングラス又はゴーグル ファーストエイドキット 医薬品 カメラ アイゼン サングラス。
共同装備 コッフェル・ガス・バーナー。

写真

駐車場脇の鳥居が登山口。
気温マイナス3℃。
2017年01月14日 09:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場脇の鳥居が登山口。
気温マイナス3℃。
403段の半凍結した石段。
2017年01月14日 09:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
403段の半凍結した石段。
1
石段上部で石割の湯への分岐。
足跡なし!
2017年01月14日 09:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石段上部で石割の湯への分岐。
足跡なし!
1
さらに石段を登ります。
少し雪が多くなってきた。
2017年01月14日 09:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに石段を登ります。
少し雪が多くなってきた。
1
やがて平らな雪道が続く。
2017年01月14日 09:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて平らな雪道が続く。
1
1時間弱で石割神社奥社。『桂御神木』の案内板。
2017年01月14日 10:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間弱で石割神社奥社。『桂御神木』の案内板。
先行するHigejiidayo氏と御神木。
2017年01月14日 10:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行するHigejiidayo氏と御神木。
結構太い木です!
2017年01月14日 10:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構太い木です!
石割神社の案内板。
2017年01月14日 10:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石割神社の案内板。
時計周りで入口へ!
2017年01月14日 10:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時計周りで入口へ!
1
間は狭く雪が積もっているので滑ってしまった。
3回廻らなかったせいかな!?
2017年01月14日 10:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間は狭く雪が積もっているので滑ってしまった。
3回廻らなかったせいかな!?
1
気を直してお賽銭を挙げて『健康』祈願!
2017年01月14日 10:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気を直してお賽銭を挙げて『健康』祈願!
山中湖方面。富士は見えず!
2017年01月14日 10:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山中湖方面。富士は見えず!
10:04に石割山三角点に到着。
2017年01月14日 10:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:04に石割山三角点に到着。
絶好の『富士山展望台』のはずだったが・・・
気温マイナス6℃と寒いので早々に平尾山を目指す。
2017年01月14日 10:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶好の『富士山展望台』のはずだったが・・・
気温マイナス6℃と寒いので早々に平尾山を目指す。
2
ガスがかかり、小雪がチラつく有様。
2017年01月14日 10:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスがかかり、小雪がチラつく有様。
早々に「平尾山』を目指す。
薄日も射してきた。
2017年01月14日 11:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早々に「平尾山』を目指す。
薄日も射してきた。
1
未だ富士山は姿現さず!
2017年01月14日 11:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
未だ富士山は姿現さず!
1
石割神社への分岐点。
2017年01月14日 11:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石割神社への分岐点。
1
10:45に『平尾山』到着。
ここで約40分の休憩。
カップ麺とお汁粉を食す。温かいものが美味い。
2017年01月14日 11:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:45に『平尾山』到着。
ここで約40分の休憩。
カップ麺とお汁粉を食す。温かいものが美味い。
2
砂ノ沢ノ頭から平野を経由し、『石割の湯』で
冷えた身体を温める。
2017年01月14日 14:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂ノ沢ノ頭から平野を経由し、『石割の湯』で
冷えた身体を温める。
山中湖湖畔からの『富士山』方面。
結局、富士山は拝めず!
2017年01月14日 14:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山中湖湖畔からの『富士山』方面。
結局、富士山は拝めず!

感想/記録

いつものhigejiidayoさんと2017年の初登りは富士山の展望台である
山中湖湖畔の『石割山』(1412m)。東海道線を国府津で乗り換え
待ち合わせて御殿場へ!

 御殿場駅で昔の会社の上司であるクマさんとばったり会う。越前岳に
7人のグループで登ると言う。
御殿場線の車内でどうも見たことがある人だなと思って居たら
山登りを始めたころ、一緒に大菩薩や富士山に登った人。75歳に
なろうとするが今でも月2回は登山している元気な人だ!

旭日丘でバスを下りタクシーを捕まえて石割山登山口へ途中で運転手さんがメーターを倒し料金を少しサービスしてくれた。今日の天気が余り良さそうで無いので早めの下山を示唆された。

 石割神社の403段の石段は半分凍結し、アイゼンを履かなかったので
慎重に登る。年寄りには堪える登りだ!
やがて東屋のある石割の湯分岐に着き、一休み。石割の湯方面には
踏跡なしであった。
 更に石段を上ると途中で雪が舞ってきた。富士山は勿論、山中湖の
湖面も霞んだ状態。

 緩やかな斜面を雪を踏みしめて登ると『桂御神木』。
その先に石割神社『奥社』が大きな岩の脇に控える。
時計回りにい巨岩の割れ目を3周すれば御利益があるとのことだが
間に入った途端雪に足を盗られ、カメラを雪中に!
 神社に賽銭を上げ、今年の『健康』を祈る。

その先に1mほどの段差が2〜3か所あったがロープもあり、アイゼン無しで全行程を歩いた。
 程なくして『石割山』1412mに到着!気温マイナス6℃。
風が強く、富士山方面は裾野まで雲がかかり、絶好の展望台が
台無し。早々に『平尾山』に向かう。

 平尾山では薄日も射し風も弱かったので約40分休憩。
昼飯は『カップ麺』アツアツが最高の御馳走。さらにデザートに
『お汁粉』甘味も一段と美味しい。

 下山は平野バス停方面を目指す。
道は雪で埋まり、踏み跡は固く、凸凹。やがて車道にでると
凍結部分があり、慎重に下る。

 昨年春、『三国山』に登った際に浸かった『石割の湯』で一汗流す。
今年一番と言われる大寒波の中凍えた身体を温めて帰路に着きました。
(勿論、途中下車して軽く一杯呑みました・・・)
訪問者数:333人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ