また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1046655 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥秩父

熊倉山〜2017年season 山始め〜

日程 2017年01月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り。途中からパラパラと雪が舞ってました。外気温は常に0度以下だったと思います。山頂付近は-10度以下でした。
アクセス
利用交通機関
電車
帰りに秩父線が事故で遅延してました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間25分
休憩
37分
合計
6時間2分
S武州日野駅08:1408:38水車小屋駐車場08:3909:05日野コース登山口09:0709:33日野コース登山口(林道三又線終点)09:51三ツ又09:5811:10笹平11:1111:44熊倉山12:0613:30城山コース登山口13:3414:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
武州日野駅から日野コースで上りましたが、途中の林道が滑ることこの上ないです。半端ないほどのツルッツルです。また、日野コース自体も、雪によりトレースがほぼ消失しており、立て看板の少なさと登山者の少なさも相まって、常にGPSや地形図とにらめっこしながらの山行です。雪も30~40cmのラッセルでした。熊倉山到着後は、城山コースから下山。こちらのほうがまだ雪は少なめでしたが、それでもかなりのラッセルが必要になります。城山コースは標高800m以下からは雪がついてませんでした。
その他周辺情報帰りは谷津川館で入浴しました。14:30までが日帰り入浴時間のようです。非常に綺麗で女将さんも親切でとても良い温泉でした。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター マフラー ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザックカバー サブザック スコップ ゾンデ 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ

感想/記録

2017年の山始めとして熊倉山に行ってきました。
まさに今年一年を予言するかのような苛烈な山行でした(笑

(谷津川館でログ取りは終わってますが、谷津川館で入浴後は白久駅まで歩いています。)

遭難多発地域で登山者の方があまり入らないというのは知っていましたが、あそこまでルートが荒れていて、現在地判断が難しい場所とは。。GPSや地形図は準備していたので道迷いはしませんでしたが、久々に北海道の残雪期を思い出しました。
ルートのわかりづらさや、30~40cmのラッセルもさることながら、それ以上に悩まされたのが外気温です。標高を上げるにつれ常時−10度前後で風もありさらに体感温度は低く、常に行動していないとどんどん体温が奪われていくレベルでした。

日野コースからの最後で、熊倉山をぐるっと回って山頂を目指しますが、積雪期なら直登一気で行けないものなのかと、山行後地形図を見て考えてしまいます。


寒さも有りましたが、今年最初の山行後の温泉は谷津川館で。大変素晴らしい温泉でのんびりさせていただきました。
熊倉山名物の「不気味な看板」も見れたので満足でした!筋肉痛も下半身はなく、上半身が軽くする程度だったので、山行に次週も行けそうです!
訪問者数:711人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 GPS 道迷い 直登 山行 遭難
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ