ヤマレコ

記録ID: 1047365 全員に公開 ハイキング東海

戦国ロマン 高天神山(高天神城址)

日程 2017年01月15日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ一時雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
100台は停められそうな大きな北口駐車場と、10台程度の南口駐車場の2か所あります。
両方ともトイレあり。
今回は南口駐車場に停めました。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間35分
休憩
0分
合計
1時間35分
Sスタート地点13:0414:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ハイキングコースとして整備されています。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

高天神城の表玄関となる南口。
でも北口よりもひっそりしてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天神城の表玄関となる南口。
でも北口よりもひっそりしてます。
2
鳥居をくぐります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居をくぐります。
1
町指定天然記念物の杉の木。
でも枯れてるみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
町指定天然記念物の杉の木。
でも枯れてるみたい。
1
玄関にあたる追手門跡。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄関にあたる追手門跡。
2
どんどん登っていき、三の丸方面へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん登っていき、三の丸方面へ。
東側の見晴らし。
なるほどこれなら東から攻め入る敵を一望できたでしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側の見晴らし。
なるほどこれなら東から攻め入る敵を一望できたでしょう。
7
本丸跡に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本丸跡に向かいます。
3
本丸跡は木に囲まれて眺望はありません。
本丸跡といっても戦国時代、高天神城には城郭は築かれなかったようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本丸跡は木に囲まれて眺望はありません。
本丸跡といっても戦国時代、高天神城には城郭は築かれなかったようです。
4
本丸の下に石牢があるようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本丸の下に石牢があるようです。
2
この石牢には落城の際、武田勝頼に従わなかった徳川家康側の軍艦、大河内源三郎政局が8年間幽閉されていたそうです。
徳川軍奪還のときに救出され家康に恩賞を与えられたとの事。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この石牢には落城の際、武田勝頼に従わなかった徳川家康側の軍艦、大河内源三郎政局が8年間幽閉されていたそうです。
徳川軍奪還のときに救出され家康に恩賞を与えられたとの事。
3
二の丸方面に進んでいくと北口駐車場から登ってくる道と出合いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の丸方面に進んでいくと北口駐車場から登ってくる道と出合いました。
1
その先に井戸があります。
この井戸のおかげで山城として機能していたわけですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先に井戸があります。
この井戸のおかげで山城として機能していたわけですね。
4
さらに進むと石段が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに進むと石段が。
1
それを登った所が西の丸跡で、今では高天神社の祠が建っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それを登った所が西の丸跡で、今では高天神社の祠が建っています。
2
神社の裏へ進んでくと敵の侵入を防ぐ堀切があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社の裏へ進んでくと敵の侵入を防ぐ堀切があります。
2
それを過ぎると見晴らしのいい馬場平。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それを過ぎると見晴らしのいい馬場平。
4
南アルプスの表示がありますが木にさえぎられて山は見えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスの表示がありますが木にさえぎられて山は見えません。
4
この先は甚五郎抜け道です。
落城の際、武田軍の城兵で生き残って甲府に逃れた11名の中のひとり、横田甚五郎尹松という武将が本国の武田勝頼に落城を知らせるために通った尾根続きの剣路です。
犬戻り猿戻りの剣とも呼ばれているそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は甚五郎抜け道です。
落城の際、武田軍の城兵で生き残って甲府に逃れた11名の中のひとり、横田甚五郎尹松という武将が本国の武田勝頼に落城を知らせるために通った尾根続きの剣路です。
犬戻り猿戻りの剣とも呼ばれているそうです。
3
ここから先は遊歩道ではなく、登山道と言った感じに変わりますよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから先は遊歩道ではなく、登山道と言った感じに変わりますよ。
1
尾根伝いに進んでいくと池が見えてきました。
林の谷池です。
この池は人工の調整池のようですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根伝いに進んでいくと池が見えてきました。
林の谷池です。
この池は人工の調整池のようですね。
1
右に行けば近道ですが、左回りに大周りのコースを行きます。
ちょっと荒れた竹林の中を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に行けば近道ですが、左回りに大周りのコースを行きます。
ちょっと荒れた竹林の中を歩きます。
1
池が見えなくなった頃に竹林を抜けました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池が見えなくなった頃に竹林を抜けました。
1
茶畑を突っ切って池の下に出ると落城当時の城主岡部元信と徳川方の板倉定重の墓石がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶畑を突っ切って池の下に出ると落城当時の城主岡部元信と徳川方の板倉定重の墓石がありました。
3
ここから本来のルートは車道を歩いて北側駐車場経由で再び高天神城跡に戻るのですが、ショートカットできる道を探しました。でも取り付けるような場所は見つかりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから本来のルートは車道を歩いて北側駐車場経由で再び高天神城跡に戻るのですが、ショートカットできる道を探しました。でも取り付けるような場所は見つかりません。
取り付きを探してうろうろしている時に雪が舞い始めました。
目の前が白くなるほどアラレが激しく降りました。
遠州地方でこれだけの雪が降るのは珍しい事です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り付きを探してうろうろしている時に雪が舞い始めました。
目の前が白くなるほどアラレが激しく降りました。
遠州地方でこれだけの雪が降るのは珍しい事です。
2
いくら探しても取り付きが見つからないので諦めて北口駐車場へ向かいました。
考えてみればそんなに簡単に取り付けるようであれば簡単に落城してしまいますよね
北口駐車場は100台くらいは停められそうです。
でも20年ほど前に来た時とずいぶん整備されて雰囲気が変わってるような気がしますが・・・。
以前来た場所はここじゃなかったのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いくら探しても取り付きが見つからないので諦めて北口駐車場へ向かいました。
考えてみればそんなに簡単に取り付けるようであれば簡単に落城してしまいますよね
北口駐車場は100台くらいは停められそうです。
でも20年ほど前に来た時とずいぶん整備されて雰囲気が変わってるような気がしますが・・・。
以前来た場所はここじゃなかったのかな?
1
城の裏口に当たる搦手門。
今ではこちらが表玄関のような感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城の裏口に当たる搦手門。
今ではこちらが表玄関のような感じです。
1
石段を登っていくとさっき歩いたコースに出合いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石段を登っていくとさっき歩いたコースに出合いました。
もう一度本丸跡に行って見るとうっすら雪が積もっていましたよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一度本丸跡に行って見るとうっすら雪が積もっていましたよ。
1
三の丸から見た東側の様子は雪で煙ってます。
子供達はこんな雪の中テニスやってるのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三の丸から見た東側の様子は雪で煙ってます。
子供達はこんな雪の中テニスやってるのかな?
来た道を通って下っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を通って下っていきます。
1
駐車場についたころにはすっかり青空になっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場についたころにはすっかり青空になっていました。
2

感想/記録

この日はとんでもない遠方のコートで長男の高校のソフトテニスの練習がありました。
練習試合とかならまだしも、普通の練習なのに車で1時間以上もかかる場所なんです。
13時から17時までの練習予定なので送って行った後、家まで戻ってしまうとまたすぐに迎えに行かなければならないですよ〜。
なので時間つぶしにテニスコートから車で15分くらいの所にある高天神城跡を散策してきました。

高天神城は歴史好きの人なら名前を聞いたことがあると思いますが、「高天神を制する者は遠州を制する」と言われ、戦国時代には徳川と武田が攻防を繰り返した場所です。
信玄がどうしても落とせなかった高天神城ですが信玄亡きあと勝頼が手に入れました。
しかしその後、長篠の戦で徳川・織田連合軍に大敗した武田は滅亡の道を歩むことになり、その過程で再び徳川の手に落ちました。
最後の戦いでは堀が討死した武田軍の城兵で埋め尽くされたと言われています。

遊歩道として整備されているとのことですが、そこそこの整備で山城の雰囲気を十分味わえて、歴史のロマンを堪能できる城跡でした。
訪問者数:275人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

近道 出合
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ