ヤマレコ

記録ID: 1047983 全員に公開 雪山ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山(ツツジオ谷〜千早本道)

日程 2017年01月17日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
千早駐車場を利用(600円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち44%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間57分
休憩
1時間44分
合計
4時間41分
S金剛登山口バス停08:5309:10腰折滝09:1509:26一ノ滝09:3709:39二ノ滝09:5510:07八合目(千早本道)10:1010:24九合目(千早本道)10:2510:41山頂広場11:0811:21金剛山11:2611:31一の鳥居11:36湧出岳11:3811:46大阪府最高地点11:4711:51ちはや園地展望台11:5812:00ちはや園地ピクニック広場12:0312:05香楠荘12:0612:31岩屋文殊12:40山頂広場13:0113:03九合目(千早本道)13:07八合目(千早本道)13:0813:12二ノ滝13:17五合目(千早本道)13:31黒栂谷道分岐13:34金剛登山口バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

3日ぶりに訪れた金剛登山口バス停。山肌が白く染まり、前回よりも明らかに雪の量が多そうです。
2017年01月17日 08:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日ぶりに訪れた金剛登山口バス停。山肌が白く染まり、前回よりも明らかに雪の量が多そうです。
前回辿った黒栂谷道を離れて、右手の沢沿いに進みます。
2017年01月17日 09:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回辿った黒栂谷道を離れて、右手の沢沿いに進みます。
やがて右下に見えてくる腰越滝を横目に、高巻き道を通過して、
2017年01月17日 09:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて右下に見えてくる腰越滝を横目に、高巻き道を通過して、
タカハタ道と別れてツツジオ谷に入ります。砂防堰堤を何度か通過しながら先に進みます。
2017年01月17日 09:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカハタ道と別れてツツジオ谷に入ります。砂防堰堤を何度か通過しながら先に進みます。
おむすび形の岩は、笑ってるのでしょうか?
2017年01月17日 09:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おむすび形の岩は、笑ってるのでしょうか?
1
やがて一の滝に達しますが、気温が高いせいか、凍り付き具合は今ひとつといった感じ。申し訳程度にぶら下がるつららに目を凝らし、
2017年01月17日 09:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて一の滝に達しますが、気温が高いせいか、凍り付き具合は今ひとつといった感じ。申し訳程度にぶら下がるつららに目を凝らし、
氷の造形と奔流の競演を鑑賞します。
2017年01月17日 09:35撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷の造形と奔流の競演を鑑賞します。
2
続いて二ノ滝へ。こちらも遠目には迫力が今ひとつ。
2017年01月17日 09:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて二ノ滝へ。こちらも遠目には迫力が今ひとつ。
3
それでも近づいてみて、岩壁から幾重にも折り重なりながら垂れ下がるつららを仰ぎ見ると、
2017年01月17日 09:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも近づいてみて、岩壁から幾重にも折り重なりながら垂れ下がるつららを仰ぎ見ると、
2
幾らか見栄えがするというものです。
2017年01月17日 09:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幾らか見栄えがするというものです。
6
二ノ滝を高巻いて急斜面を登ると、沢を遡ります。
2017年01月17日 10:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二ノ滝を高巻いて急斜面を登ると、沢を遡ります。
しだいに雪の量が多くなり、先行者の足跡もいつの間にか消えてしまいます。雪を被った石を伝い、倒木を潜ったりしながら先に進み、
2017年01月17日 10:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しだいに雪の量が多くなり、先行者の足跡もいつの間にか消えてしまいます。雪を被った石を伝い、倒木を潜ったりしながら先に進み、
1
沢を登り詰めたところで左手の急斜面に取り付きます。すると、周囲の木々はびっしりと霧氷をまとい、何とも壮観。新雪を踏みしめながら斜面を登り、
2017年01月17日 10:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を登り詰めたところで左手の急斜面に取り付きます。すると、周囲の木々はびっしりと霧氷をまとい、何とも壮観。新雪を踏みしめながら斜面を登り、
1
六地蔵に出迎えられて、タカハタ道と再会します。
2017年01月17日 10:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六地蔵に出迎えられて、タカハタ道と再会します。
1
ほどなく、国見城跡の山頂広場に到着します。純白の霧氷が青空に映えて、何とも美しいこと。
2017年01月17日 10:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく、国見城跡の山頂広場に到着します。純白の霧氷が青空に映えて、何とも美しいこと。
5
眺めも申し分なし。霧氷に覆い尽くされた山肌の彼方には大阪平野が広がり、見事です。
2017年01月17日 10:45撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺めも申し分なし。霧氷に覆い尽くされた山肌の彼方には大阪平野が広がり、見事です。
3
振り返ると、金剛桜も霧氷の華を咲かせます。
2017年01月17日 10:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、金剛桜も霧氷の華を咲かせます。
1
山頂広場を後にして散策を開始。3日前はまだ小ぶりだったかまくらが急速に成長しています。
2017年01月17日 11:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場を後にして散策を開始。3日前はまだ小ぶりだったかまくらが急速に成長しています。
2
転法輪寺に進むと、雪を被った牛王さんはようやく顔を出すばかり。
2017年01月17日 11:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
転法輪寺に進むと、雪を被った牛王さんはようやく顔を出すばかり。
葛木神社で参拝を済ませ、清々しい気分となって、
2017年01月17日 11:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木神社で参拝を済ませ、清々しい気分となって、
1
霧氷をまとったブナ林の中を進みます。
2017年01月17日 11:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷をまとったブナ林の中を進みます。
一等三角点が置かれた湧出岳の頂上へ。
2017年01月17日 11:37撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一等三角点が置かれた湧出岳の頂上へ。
2
ダイヤモンドトレールを辿って、ちはや園地の展望台に上がると、霧氷に彩られる木々の彼方にあるはずの台高や大峰の稜線には雲がまとわりつきます。
2017年01月17日 11:50撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイヤモンドトレールを辿って、ちはや園地の展望台に上がると、霧氷に彩られる木々の彼方にあるはずの台高や大峰の稜線には雲がまとわりつきます。
霧氷に覆われる頂上一帯の山肌。
2017年01月17日 11:51撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷に覆われる頂上一帯の山肌。
その先は、繊細な霧氷を鑑賞しながら、らくらくの道を進みます。
2017年01月17日 11:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先は、繊細な霧氷を鑑賞しながら、らくらくの道を進みます。
星と自然のミュージアムの前からも遠望は叶わず。ここで踵を返し、
2017年01月17日 12:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
星と自然のミュージアムの前からも遠望は叶わず。ここで踵を返し、
ロープウェイ乗り場を経て、遊歩道を経由して国見岳へ引き返します。雲が吹き飛ばされて青空が広がると、霧氷が生き生きとした表情に。
2017年01月17日 12:27撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ乗り場を経て、遊歩道を経由して国見岳へ引き返します。雲が吹き飛ばされて青空が広がると、霧氷が生き生きとした表情に。
1
梢という梢にびっしりと霧氷を張り巡らせたブナの大木を仰ぎ見ながら歩くと、
2017年01月17日 12:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梢という梢にびっしりと霧氷を張り巡らせたブナの大木を仰ぎ見ながら歩くと、
木々の合間から挿し込む日差しを浴びて、霧氷がきらきらと輝きます。
2017年01月17日 12:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の合間から挿し込む日差しを浴びて、霧氷がきらきらと輝きます。
山頂広場でお昼を済ませて、大阪都心の高層ビル群を望見。風もなく穏やかなお天気なのは何よりです。
2017年01月17日 12:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場でお昼を済ませて、大阪都心の高層ビル群を望見。風もなく穏やかなお天気なのは何よりです。
2
13時のライブカメラを待って山頂広場を後にすると、千早本道を下って帰路に就きます。
2017年01月17日 13:10撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13時のライブカメラを待って山頂広場を後にすると、千早本道を下って帰路に就きます。

感想/記録

3日ぶりに訪れた金剛山でしたが、新たな降雪があったのか、登山口からも、前回よりも雪の量が増えた様子が窺えます。往路はツツジオ谷に進みますが、期待していた氷瀑のでき具合は今ひとつといったところ。それでも、新雪を踏み締めながら頂上に達すると、そこに待っていたのは青空と白い霧氷が織り成す風景。風もなく穏やかな天候の下、霧氷見物を楽しむことができました。
訪問者数:399人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ