ヤマレコ

記録ID: 1048498 全員に公開 雪山ハイキング北陸

大展望 野坂岳

日程 2017年01月18日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
野坂いこいの森駐車場へは積雪のため4WD車が望ましい。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間32分
休憩
34分
合計
4時間6分
S野坂岳登山口08:5309:34水場09:4210:30一の岳(道標)10:3110:59二の岳(道標)11:0011:14三の岳(道標)11:21避難小屋11:2211:24野坂岳11:4711:49避難小屋12:05二の岳(道標)12:22一の岳(道標)12:41水場12:58野坂岳登山口12:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
積雪100cm以上。雪は締まっている。ワカンは不要。滑り止め必要。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

登山口の駐車場は積雪10僉カメラを忘れたのでスマホ撮影。
2017年01月18日 08:35撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の駐車場は積雪10僉カメラを忘れたのでスマホ撮影。
中継アンテナの所から冬道へ入る。
2017年01月18日 09:47撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中継アンテナの所から冬道へ入る。
尾根道はキツイ。汗だくになる。
2017年01月18日 10:04撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道はキツイ。汗だくになる。
一の岳。慣れない冬道で手こずる。ここまで1時間半。
2017年01月18日 10:27撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の岳。慣れない冬道で手こずる。ここまで1時間半。
一の岳から岩籠山方面
2017年01月18日 10:27撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の岳から岩籠山方面
二の岳へ
2017年01月18日 10:55撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の岳へ
二の岳
2017年01月18日 11:00撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の岳
三ノ岳へ
2017年01月18日 11:14撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ岳へ
三ノ岳
2017年01月18日 11:15撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ岳
山頂避難小屋
2017年01月18日 11:21撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂避難小屋
1
山頂広場。誰もいない。
2017年01月18日 11:22撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場。誰もいない。
3
琵琶湖が白く輝いてる!
2017年01月18日 11:22撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖が白く輝いてる!
1
左から、白い山並みは上谷山等の県境稜線の山々、中央は横山岳と金糞岳、右には伊吹山。
2017年01月18日 11:22撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から、白い山並みは上谷山等の県境稜線の山々、中央は横山岳と金糞岳、右には伊吹山。
3
中央に白山、上部は高層雲で見えない。その右には荒島岳、部子山、能郷白山。
2017年01月18日 11:22撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央に白山、上部は高層雲で見えない。その右には荒島岳、部子山、能郷白山。
2
西の青葉山方面。右奥には丹後半島。
2017年01月18日 11:23撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の青葉山方面。右奥には丹後半島。
1
西方ヶ岳、敦賀湾、白山
2017年01月18日 11:26撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西方ヶ岳、敦賀湾、白山
2
白山方面をズーム。スマホなのでこれが限界。
2017年01月18日 11:26撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山方面をズーム。スマホなのでこれが限界。
5
上谷山方面をズーム
2017年01月18日 11:26撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上谷山方面をズーム
伊吹山をズーム
2017年01月18日 11:26撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊吹山をズーム
2
足跡
2017年01月18日 11:33撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足跡
3
エビのシッポの名残
2017年01月18日 11:37撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エビのシッポの名残
1
下山、二の岳付近
2017年01月18日 11:58撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山、二の岳付近
雪の花と大野の山々
2017年01月18日 12:16撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の花と大野の山々
一の岳の上、ここからの眺めがお気に入り。
2017年01月18日 12:18撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の岳の上、ここからの眺めがお気に入り。
1
お隣の岩籠山、背後には横山岳、金糞、伊吹
2017年01月18日 12:19撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お隣の岩籠山、背後には横山岳、金糞、伊吹
1

感想/記録

天気良さそう。しかし新雪が多いのでヘタレにはきつい、慣れた山にしよう。ということで野坂山へ向かう。

野坂いこいの森への道は途中から除雪されていない。四駆車で強引に登って駐車場に停める。既に1台の車が停められている。下の駐車場には数台停められていたので登山者のものかもしれない。

水場でアイゼンを装着してアンテナの所から冬道に入る。ここまで1時間。いつもの倍を要している。今日は足が重く酷く汗をかく。
ここから冬道に入るのは初めて。尾根の急登で更に汗が滴り落ちる。
もたもたして2人の後続者に道を譲る。雪は締まっているので、踏み跡をたどれば踏み抜くことはない。ワカンと練習用のピッケルは荷物になっただけ。

尾根に乗ると朝日が差してくる。一の岳まで1時間半、ここからは調子が出てきた。気持ち良いブナの雪道を二の岳、三ノ岳と登って行く。この間3人の登山者とすれ違う。積雪が1m以上あるせいで、高い目線がいつもとは違う道を登っているような錯覚を起こす。

山頂にたどり着くと2人の先行者は小屋の中で談笑中。しばらく360度の絶景を独り占めして山並みを楽しむ。雪が付いているので稜線がクッキリと綺麗に見えて気持ちが良い。
白山の2千m以上の部分は塵みたいなもので見えないのが残念。しかし荒島岳、部子山、能郷白山、県境稜線の上谷山、左千方などが一際白く見える。
横山岳、金糞岳、伊吹山等もすっきり見える。西に目を移すと青葉山、丹後半島も見てとれる。

写真を撮っていたら踏み抜いて股までズッポリ。這い上がるのに一苦労する。30分の絶景展望タイムの後に下山の途に就く。11時の山頂の気温は−2℃、無風。出会った登山者は10人でした。

訪問者数:589人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ