また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1048601 全員に公開 雪山ハイキング大峰山脈

快晴の稲村ヶ岳、新雪に阻まれタイムアウト撤退

日程 2017年01月18日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
309号線は天川川合へのい最後のトンネルを抜けたところから
路面が白くなり凍結。交番の信号を左に曲がると真っ白
ノーマルタイヤなのでチェーン取り付けました
ちなみに観音峰登山口手前の道路温度表示は驚きのマイナス11度
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間0分
休憩
1時間10分
合計
8時間10分
S母公堂08:4009:45法力峠09:5010:40パオーン杉12:25山上辻12:30稲村小屋13:3014:30山上辻15:40白倉山16:00法力峠16:0516:50母公堂16:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
母公堂⇒法力峠
危険個所ありません、森の中を歩いていきます

法力峠⇒稲村小屋
高崎横手のトラバース路を進みます
先行者のトレースがあったのでツボ足で進みましたが
小屋手前の橋の崩落個所の手前ぐらいが一番危険でした
(アイゼンつけていれば大丈夫)

稲村小屋⇒大日ヶ岳
ノートレースです、小屋でアイゼンつけましたが
ワカンの方がよかったと反省
ひざ、腰までのラッセルです

復路は稜線に出て白倉山経由で法力峠に
稲村小屋からしばらく登りを進みます
初めてでしたが最初は狭い尾根でしゃくなげの間を進みます
法力峠手前で正規のルートに合流しますが、最後の合流手前は
激下りです
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

洞川温泉に向う道路
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞川温泉に向う道路
1
母公堂に8時30分ごろに到着
5台目でした
準備をしてスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
母公堂に8時30分ごろに到着
5台目でした
準備をしてスタート
2
1時間弱で法力峠に
この時点ではやるき満々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間弱で法力峠に
この時点ではやるき満々
歩きやすい道が続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい道が続きます
前を行く相棒
帰りはレンゲ辻から行くか?
ついでに山上までと軽口を交わす二人
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前を行く相棒
帰りはレンゲ辻から行くか?
ついでに山上までと軽口を交わす二人
2
だんだんと枝についている雪が
増えてきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだんと枝についている雪が
増えてきます
木の間から弥山が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間から弥山が
1
振り返って
来た道を
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って
来た道を
どんどん進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん進みます
1
マンモスを過ぎて
左の斜面を見上げると
霧氷の大群が見えました
ちょっと登ってみようか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マンモスを過ぎて
左の斜面を見上げると
霧氷の大群が見えました
ちょっと登ってみようか
急斜面を直登、ラッセル、ラッセル!
そこには天国が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を直登、ラッセル、ラッセル!
そこには天国が
2
疲れをいやしてくれる空間が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れをいやしてくれる空間が
6
相棒も登ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相棒も登ってきました
1
登山道に戻ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に戻ってきました
えびのしっぽも巨大に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えびのしっぽも巨大に
崩落しているところはロープがあるので大丈夫
この手前の方が危なかったです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落しているところはロープがあるので大丈夫
この手前の方が危なかったです
マイナス4度
風もありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイナス4度
風もありません
1
ラーメンとビールにご満悦
本人の了解得てないので目線入りで
(スミマセン〇〇さん)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラーメンとビールにご満悦
本人の了解得てないので目線入りで
(スミマセン〇〇さん)
3
山の上で食べるラーメン最高
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の上で食べるラーメン最高
1
時間ありませんが
いけるところまで進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間ありませんが
いけるところまで進みます
1
大日はすぐそこ
しかし近くて遠い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日はすぐそこ
しかし近くて遠い
4
時間きれで
ここで引き返し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間きれで
ここで引き返し
2
帰りは白倉山経由で
山上が岳が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは白倉山経由で
山上が岳が見えました
頂上みたいですが
眺望はありません
ここから激下りがスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上みたいですが
眺望はありません
ここから激下りがスタート
3

感想/記録

週末の大寒波が明けて、天気はいい模様
比良方面も撤退レコが続いていたので楽しそうかtぽ思いましたが
今日は会社の同僚と稲村ヶ岳に向いました

母公堂からスタート
法力峠までは順調、予定通りに進んでいます
先行者のトレースをたどりながらトラバース路を
順調に進んでいきます
「帰りはレンゲ辻から?山上まで行くか?」と
軽い口調で、、、、この通りにはなりませんでしたが

パオーン杉を過ぎて左の斜面上を見上げると
真っ青な空に真っ白な霧氷の大群が!
「ちょっと登ってみようか?」悪魔のささやき
ラッセル!ラッセル!直登でガンガン登ります
50メートルほど登ると、、、、、
そこには素晴らしい景色が、たまりませんわこれ
言葉にならない美しさ、「すげえ、なんやこれ」連発です
このまま登れば白倉山の稜線に出ますが歩いたことがないので
もとのルートに戻ります

下ってきた方に話を聞くと、山上辻から先はノートレースとのこと
だんだんとトラバースも危険を感じるようになりました
ポールからピッケルに変えましたが、足場が広いところがなく
足元はつぼ足のまま(これが反省、もっと早く付けるべきでした)

山上辻手前、橋の崩落個所はロープがあるので危険はありませんが
この手前が一番危ないところですかね(皆様、お気を付けて)

稲村小屋で昼食、気温はマイナス4度(あたたかい)
昼食はラーメンと残り汁にご飯を加えて卵とじ(めちゃうま)
のんびりしていたらもう13時30分!
日没までに下山するには14時リミットか?
とりあえずいけるところまで進みますが
ここから先はノートレース、吹き溜まりは腰まではまります
稲村小屋でアイゼン付けましたが、ワカンにしたらよかっと少し後悔
結局、大日山が拝めることろでタイムアウトでした
近くて遠い大日、稲村が見えます

下りは山上辻から稜線上にでて白倉山経由で下山ですが
おいおい、なんで上るんやと、しばらくは上りが続きます(だいぶん)
稜線に出ると狭い尾根を進みます。
白倉山の小さい標識を超えると一気に下り、法力峠の手前で合流
あとは母公堂まで、なんとか日没前にゴール

稲村までたどり着けなかったことは残念ですが
素晴らしい天気と景色に囲まれ満足しています
次回、ぜひリベンジしたいと思います

訪問者数:501人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/6/23
投稿数: 14
2017/1/19 8:57
 お疲れ様でした
次回は大日トラバースリベンジで。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ