ヤマレコ

記録ID: 1048684 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲(シュラインロード→ 丁字ヶ辻→徳川道→トゥエンティクロス)

日程 2017年01月18日(水) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間8分
休憩
20分
合計
6時間28分
Sスタート地点07:4908:42ヨモシロの瀧08:48シュラインロード登山口08:4909:29唐櫃道行者堂09:50六ヶ辻09:5309:54藤原商店09:59丁字ヶ辻10:15三国池手前10:41穂高湖10:4211:34桜谷出合11:3511:45黄連谷11:58森林植物園 東門12:41立岩(三笠岩)12:52天狗道分岐点12:5413:02桜茶屋(市が原)13:0613:27布引貯水池13:2813:36布引の滝(雄滝)13:4213:44布引の滝(雌滝)13:51JR新幹線新神戸駅13:5214:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

神鉄六甲駅で下車。相当な冷え込み、横着して手袋をしたままポケットに手を突っ込み歩き始める。尾根末端の道なりに登って行く。新旧入れ混じった住宅地の様だ。
2017年01月18日 07:48撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神鉄六甲駅で下車。相当な冷え込み、横着して手袋をしたままポケットに手を突っ込み歩き始める。尾根末端の道なりに登って行く。新旧入れ混じった住宅地の様だ。
1
阪神高速道出入口と裏六甲DWの交差点。
2017年01月18日 08:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阪神高速道出入口と裏六甲DWの交差点。
2
直ぐに右手に地道が現れそれに入る。
2017年01月18日 08:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐに右手に地道が現れそれに入る。
1
読みづらい標識でシュラインロードと読めたが・・
2017年01月18日 08:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
読みづらい標識でシュラインロードと読めたが・・
1
緩やかに登って行ったが道は分からなくなる。車の往来が左上から聞こえる。土手を登ると裏六甲DWに出る。
車に注意しながら脇を登って行く。
2017年01月18日 08:22撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかに登って行ったが道は分からなくなる。車の往来が左上から聞こえる。土手を登ると裏六甲DWに出る。
車に注意しながら脇を登って行く。
2
道路脇に祠があった。地道に入らずに車道を歩けばよかった様だ。
2017年01月18日 08:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路脇に祠があった。地道に入らずに車道を歩けばよかった様だ。
1
もう500を越えた。
2017年01月18日 08:37撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう500を越えた。
2
こんな所にも散歩者がいて、シュラインロードを確認。
上の車道でも下の地道でも行けるようだ。
2017年01月18日 08:43撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな所にも散歩者がいて、シュラインロードを確認。
上の車道でも下の地道でも行けるようだ。
1
以前 逢山峡から二回アプローチしているから。神鉄六甲駅から今回は歩いてみたが、余り使われていない様だ。標識も古いままだ。しかし駅からシュラインロード取りつきまでの距離は短くて、一時間で着く。
2017年01月18日 08:46撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前 逢山峡から二回アプローチしているから。神鉄六甲駅から今回は歩いてみたが、余り使われていない様だ。標識も古いままだ。しかし駅からシュラインロード取りつきまでの距離は短くて、一時間で着く。
2
DWを横切り本格的な登りになる。
2017年01月18日 08:50撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
DWを横切り本格的な登りになる。
1
先行者の靴跡が登降共見られた。昨日かも知れない。
もう積雪?僂噺世Δ曚匹睫気凍てついてもいない。
2017年01月18日 09:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者の靴跡が登降共見られた。昨日かも知れない。
もう積雪?僂噺世Δ曚匹睫気凍てついてもいない。
1
始めは勾配がきつい。駅から降りたままの服装で登ってきたので流石に汗ばむ。手が悴んでいて止まる気がせずそのまま登り続ける。
2017年01月18日 09:13撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始めは勾配がきつい。駅から降りたままの服装で登ってきたので流石に汗ばむ。手が悴んでいて止まる気がせずそのまま登り続ける。
1
道の少し上にある△を過ぎ、行者堂に着くと傾斜は緩くなる。
2017年01月18日 09:26撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の少し上にある△を過ぎ、行者堂に着くと傾斜は緩くなる。
2
行者堂からDWまでそれなりの距離がある。渡るとアイスロードの下り口だ。車はスリップ止めもつけていない。
2017年01月18日 09:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者堂からDWまでそれなりの距離がある。渡るとアイスロードの下り口だ。車はスリップ止めもつけていない。
2
丁字ヶ辻
2017年01月18日 09:56撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁字ヶ辻
2
車道からサウスロードを歩く予定だったが、通行止めになっていた。
2017年01月18日 10:09撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道からサウスロードを歩く予定だったが、通行止めになっていた。
1
そのまま車道を歩き、六甲縦走路に入る。
暫くしてサウスロード道と合流。ここからは通行止めになっていなかった。
2017年01月18日 10:15撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま車道を歩き、六甲縦走路に入る。
暫くしてサウスロード道と合流。ここからは通行止めになっていなかった。
2
又車道に出て杣谷峠口を過ぎ、穂高湖への道へ朝は冷え込んでいたが暖かくなってきている。
2017年01月18日 10:45撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
又車道に出て杣谷峠口を過ぎ、穂高湖への道へ朝は冷え込んでいたが暖かくなってきている。
2
直ぐの徳川道分岐でやっと一服、昼食。
2017年01月18日 10:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐの徳川道分岐でやっと一服、昼食。
1
徳川道は北側になり。谷筋を下って行く道だ。未だ日陰になっている。一様滑り止めを持ってきたが必要なかった。高度も下げているので凍てついている所は、始めの所で後は雪も無くなっていた。
遠回りになるシェール道と合流。
2017年01月18日 11:32撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳川道は北側になり。谷筋を下って行く道だ。未だ日陰になっている。一様滑り止めを持ってきたが必要なかった。高度も下げているので凍てついている所は、始めの所で後は雪も無くなっていた。
遠回りになるシェール道と合流。
2
徳川道。気持ち良い。
2017年01月18日 11:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳川道。気持ち良い。
3
トゥエンティクロスに入る。五六年前か?若い時は見向きもしなかった六甲山系、京都から少し遠く敬遠していた。トゥエンティクロスの名に魅かれ初めて歩いた。
しかし堰堤工事と大雨で道は名のみになったようだ。
前回歩いた時はこの堰堤も工事中で迂回路で通った。
2017年01月18日 11:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トゥエンティクロスに入る。五六年前か?若い時は見向きもしなかった六甲山系、京都から少し遠く敬遠していた。トゥエンティクロスの名に魅かれ初めて歩いた。
しかし堰堤工事と大雨で道は名のみになったようだ。
前回歩いた時はこの堰堤も工事中で迂回路で通った。
3
時折歩いている人とすれ違う。地元の人だろう昼を過ぎてもゆっくりと歩いている。こちらは急ぎ足だ。
2017年01月18日 11:53撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折歩いている人とすれ違う。地元の人だろう昼を過ぎてもゆっくりと歩いている。こちらは急ぎ足だ。
1
背景に穂高を見えないが水溜りに枯れ木、そして河童橋。昔は本場までなかなか行けなかった!!
2017年01月18日 12:31撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背景に穂高を見えないが水溜りに枯れ木、そして河童橋。昔は本場までなかなか行けなかった!!
1
流石に疲れてきたが頑張って三ノ宮駅まで歩く。
2017年01月18日 13:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流石に疲れてきたが頑張って三ノ宮駅まで歩く。
3
撮影機材:

感想/記録

寒波の後なので雪がどのくらい残っているか?
道がはっきりしている六甲に落ち着く。六甲にしては少し距離があるコースを歩いた。雪も予想していた所に残っていたが積雪程も無かった。
訪問者数:233人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アプローチ 堰堤
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ