ヤマレコ

記録ID: 1049687 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

氷ノ回廊【雲竜渓谷】

日程 2017年01月20日(金) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
日光宇都宮道路-日光ICより林道ゲート登山口、路肩に数台。
群馬側からは金精峠は冬季閉鎖、122号経由-林道ゲート登山口
路。
工事車両通行の為、林道ゲート手前は駐車は路肩に数台分スペースあるのみ。林道、中程に駐車場あり。
路肩がいっぱいの時は林道ゲート手前の駐車場に停める。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間5分
休憩
44分
合計
5時間49分
S雲竜渓谷登山口駐車場11:0211:53稲荷川展望台11:5612:22洞門岩12:2313:08雲竜渓谷入口13:0913:18友不知13:3714:19雲竜滝14:3915:01友不知15:14雲竜渓谷入口16:07洞門岩16:35稲荷川展望台16:51雲竜渓谷登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
Tomoの奥利根山歩きさんHP http://gotensakura.web.fc2.com/

ログが飛びました。CTは撮影時間から取っており、TotalのCT以外の到着時間はだいたいの時間です。
冬道の為、登山道や雪の状況は日々変化、また、その年の天候に左右されます。
具体的なことはガイドブックなどを参照いただければと思います。
写真撮影に時間をかけている為、CTはあまり参考になりません。
コース状況/
危険箇所等
洞門岩からの川沿いルートは1/20現在踏み跡少ない。深雪60〜80cm。
ワカン・アイゼンがあった方がいい。
岩の露出した渡渉を繰り返すので、今回はワカン+アイゼンを装着。
雲竜渓谷入口からの林道は長いけどしっかり踏み跡があり歩きやすい。
雲竜瀑へは崖沿いを歩くので、アイゼンのみ装着。
その他周辺情報やしおの湯
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

悪天候で今週もまた冬山中止。
するとTomoさんから雲竜渓谷へ行くと連絡。
冬山準備済みなので急いで日光へ車を飛ばす。
2017年01月20日 11:02撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪天候で今週もまた冬山中止。
するとTomoさんから雲竜渓谷へ行くと連絡。
冬山準備済みなので急いで日光へ車を飛ばす。
2
林道は除雪済みで林道ゲートの路肩駐車できた。
2017年01月20日 11:10撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道は除雪済みで林道ゲートの路肩駐車できた。
除雪後で歩きやすい林道。
2017年01月20日 11:16撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
除雪後で歩きやすい林道。
稲荷川展望台。
砂防ダムは総工費43億円!
2017年01月20日 11:53撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲荷川展望台。
砂防ダムは総工費43億円!
1
林道分岐の右折ルートは工事現場なので行かずそのまま直進する。
除雪は終了しているが、洞門岩まではトレースがバッチリ。
2017年01月20日 12:22撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道分岐の右折ルートは工事現場なので行かずそのまま直進する。
除雪は終了しているが、洞門岩まではトレースがバッチリ。
1
川沿いルートは新しいコンクリートブロック。
トレースは1筋あるが、ここでワカン+アイゼンで向かう。
2017年01月20日 12:39撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川沿いルートは新しいコンクリートブロック。
トレースは1筋あるが、ここでワカン+アイゼンで向かう。
1
山じゃないのでスノーシューもピッケルも車に置いてきたが、岩が露出したルートでは丁度良かった。
2017年01月20日 12:40撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山じゃないのでスノーシューもピッケルも車に置いてきたが、岩が露出したルートでは丁度良かった。
流れ撮影は今日はなし。
2017年01月20日 12:41撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流れ撮影は今日はなし。
渡渉を繰り返すので、落ちないよう注意が必要。
2017年01月20日 12:51撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉を繰り返すので、落ちないよう注意が必要。
1
冬ノ流れ。
2017年01月20日 12:52撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬ノ流れ。
ミニスノーブリッジを進む。
2017年01月20日 12:52撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミニスノーブリッジを進む。
1
雲竜渓谷入口。
2017年01月20日 13:08撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲竜渓谷入口。
ここの下りは雪に覆われた階段。
結構急だ。
2017年01月20日 13:10撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの下りは雪に覆われた階段。
結構急だ。
3
雪で岩が隠れてもふもふ。
2017年01月20日 13:12撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪で岩が隠れてもふもふ。
1
氷ノ峡谷。
2017年01月20日 13:17撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷ノ峡谷。
2
友知らずノ回廊。
2017年01月20日 13:18撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
友知らずノ回廊。
7
見上げる。
2017年01月20日 13:19撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げる。
11
氷柱ノ回廊。
2017年01月20日 13:24撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷柱ノ回廊。
4
峡谷から。
2017年01月20日 13:27撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峡谷から。
2
氷瀑と松を見上げる。
2017年01月20日 13:30撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷瀑と松を見上げる。
2
氷ノ海月。
2017年01月20日 13:32撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷ノ海月。
9
氷の回廊の終わりに。
2017年01月20日 13:32撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷の回廊の終わりに。
4
氷の回廊を撮影されるTomoさん。
2017年01月20日 13:33撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷の回廊を撮影されるTomoさん。
8
氷柱へ向かう。
雪が降りすぎて、レンズに雪が付着した写真を量産中。
2017年01月20日 13:39撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷柱へ向かう。
雪が降りすぎて、レンズに雪が付着した写真を量産中。
7
降リシキル雪ノ中氷柱ヲ見アゲル。
2017年01月20日 13:40撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降リシキル雪ノ中氷柱ヲ見アゲル。
2
裏見ノ氷柱。
崩壊している氷もあるので速やかに退散。
2017年01月20日 13:41撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏見ノ氷柱。
崩壊している氷もあるので速やかに退散。
10
降雪が激しい。
2017年01月20日 14:07撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降雪が激しい。
1
ザックをデポし、雲竜瀑へ。
2017年01月20日 14:08撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザックをデポし、雲竜瀑へ。
5
氷柱群を見下ろす。
崖沿いのルート、氷瀑までのトレースは不明瞭。
2017年01月20日 14:12撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷柱群を見下ろす。
崖沿いのルート、氷瀑までのトレースは不明瞭。
1
姿を現した雲竜瀑。
一昨年同様、まずまずの氷瀑に。
2017年01月20日 14:17撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姿を現した雲竜瀑。
一昨年同様、まずまずの氷瀑に。
7
雲竜瀑ト右側に粉雪ノ滝。
2017年01月20日 14:17撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲竜瀑ト右側に粉雪ノ滝。
5
冬季しか訪問したことない大雲竜瀑。
2017年01月20日 14:20撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬季しか訪問したことない大雲竜瀑。
9
対岸のプチ雪山をラッセルで登り撮影。
夏の激しい流れが想像できる。
2017年01月20日 14:27撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸のプチ雪山をラッセルで登り撮影。
夏の激しい流れが想像できる。
3
左側のトレース。その先は崖。登る際は注意を。
撮影されるTomoさんと比べると迫力の大氷瀑だった。
2017年01月20日 14:33撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側のトレース。その先は崖。登る際は注意を。
撮影されるTomoさんと比べると迫力の大氷瀑だった。
8
雪が激しすぎるので撤収。
崖沿いのルートはまだ踏み固められてないので注意。
2017年01月20日 14:37撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が激しすぎるので撤収。
崖沿いのルートはまだ踏み固められてないので注意。
安全地帯まで下り再度雲竜瀑を見上げる。
2017年01月20日 14:51撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安全地帯まで下り再度雲竜瀑を見上げる。
1
蒼ノ氷柱群。
右から2番目の大きな氷柱は崩れ落ちているのが分かる。
2017年01月20日 14:53撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒼ノ氷柱群。
右から2番目の大きな氷柱は崩れ落ちているのが分かる。
5
来た道を戻り。
2017年01月20日 14:59撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を戻り。
5
峡谷を通る。
2017年01月20日 15:02撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峡谷を通る。
1
見返リノ氷柱ノ峡谷。
2017年01月20日 15:05撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見返リノ氷柱ノ峡谷。
7
粉雪の滝は岩のそこかしこに。
2017年01月20日 15:12撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
粉雪の滝は岩のそこかしこに。
帰りは林道ルート。地味に長い。
今日は山に入るのは難しい日。中止にして良かった。
谷でこの雪ですから。
2017年01月20日 15:29撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは林道ルート。地味に長い。
今日は山に入るのは難しい日。中止にして良かった。
谷でこの雪ですから。
洞門岩分岐。
2017年01月20日 15:51撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洞門岩分岐。
行きは道路が見えていたが、
雪ですっかり覆われていた。
2017年01月20日 16:07撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きは道路が見えていたが、
雪ですっかり覆われていた。
無事ゲートを越える。
2017年01月20日 16:49撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事ゲートを越える。
Jimnyも雪に覆われていた。
2017年01月20日 16:51撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Jimnyも雪に覆われていた。
8

感想/記録

荒天で上越どころか赤城山の天気も良くないので登山中止。
家でコーヒーを飲んでいると、Tomoさんから雲竜渓谷に行くと連絡を受ける。よし私も。冬装備は既に準備できていたので、ザックを車に投げ込み高速を飛ばし日光へ。
11時スタートの超遅刻ハイカー。まぁ暗くなっても林道だからあまり心配がない。
林道は工事現場まで除雪されているが、分岐から先は雪道。
洞門岩で林道と川沿いの道のうち、川沿いを選びワカン+アイゼンでプチラッセルで向かう。
川沿いルートはほとんど人が入っていなかったので、林道経由にすれば良かったと後の祭り。
雲竜渓谷入口から渡渉を繰り返し、友知らずの回廊へ。
氷の出来はまずまず。
しかし降りしきる雪でレンズに雪が着いてしまった写真を量産。
当然レンズ交換も出来ず、広角のみの撮影となった。
雲竜瀑へは急坂を登り、崖沿いのルートを取る。
道は雪が積もっていて不明瞭。
雲竜瀑の滝壺から撮影、対岸の崖をラッセルで登り振り返り撮影する。
雪がどんどん降ってくるので早々に撤収。
帰りの林道も相変わらず長かった。

2月初旬にはもっと氷が発達しそうだ。

撮影機材
カメラ
:PENTAX K-3.
レンズ
:SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC
訪問者数:829人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/8
投稿数: 225
2017/1/22 20:42
 雲竜渓谷
雲竜渓谷へのご案内ありがとうございました。
凍結した大きな滝を見たのは、初めてなので感動しました。

装備の事ですが、山では無かったので完全なめてかかっていました。
ピッケル12本爪アイゼンが必要でした。
登録日: 2014/7/10
投稿数: 1185
2017/1/22 22:26
 Re: 雲竜渓谷
Tomoさん、こんばんは
雲竜渓谷の氷はいい感じでしたね。
雲竜瀑まで行けましたが、予想以上に雪が積もっていました。
装備はいつもの冬山仕様にすべきでした。
次回は余裕を持って、晴れの日に再訪しましょう(^^)/

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ