また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1050039 全員に公開 山滑走東北

会津駒ヶ岳

日程 2017年01月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

[6:25]登山口 発
[9:35]co.1800 着
[10:15]co.1800 発
[10:45]下山

GPSつけ忘れのため、ログは途中からです。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

いつもの登山口から入山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの登山口から入山
1
林道が小川になっていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道が小川になっていた。
林道ショートカット
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道ショートカット
登山口手前の林道屈曲から、夏道尾根の隣の尾根(いわゆる冬尾根?)に乗る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口手前の林道屈曲から、夏道尾根の隣の尾根(いわゆる冬尾根?)に乗る。
尾根に乗った。小さい雪庇。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に乗った。小さい雪庇。
水場からの凸凹した尾根をまいていこうとして、結局尾根に乗ってしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場からの凸凹した尾根をまいていこうとして、結局尾根に乗ってしまった。
尾根側面の滑走もおもしろそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根側面の滑走もおもしろそう。
百年目を迎えた檜枝岐村。
ことしもよろしくお願いします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百年目を迎えた檜枝岐村。
ことしもよろしくお願いします。
4

感想/記録

 これまでの寒波の影響で檜枝岐も雪が降り積もっていた。今回も冬型の気圧配置で上部は荒れるかなと思い、どこで引き返すか考えつつ出発した。はじめて林道ショートカットと冬道を使ってみたが、ブッシュも気にならずトレースも残っていたので楽に尾根に取り付くことができた。夏道尾根との合流点からはトレースが消えかかっていて、適当に尾根筋を登っていく。入山時に晴れていたものの、次第に雪が降ってきたので、頃合いを見て引き返すことにした。

 co.1800でスキーの準備をしていた時にシールの保護袋を忘れていたことに気づき、どうしようかと悩んだ結果、応急処置としてポリ袋を張り付けることにした。よろしくない。準備後、下り始めようとしたときに1パーティー、途中で単独者とすれ違いながら、快適な下山スキーに勤しんだ。あっというまの30分間だった。

 下山後の温泉でも、山中ですれ違った方々と会った。やはり考えることは同じようだ。この日はあっちとそっちのスノーシェッド出入口付近に車が停まっていたので、南会津の山々は盛況。
 会津駒には何度か来ているが、同じ山でも来るタイミングによって積雪状況、天気、自分の装備、ルート取り等状況は違っていて、変化が楽しめる。
訪問者数:445人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 雪庇 水場 山スキー
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ