また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1050148 全員に公開 雪山ハイキング比良山系

シャクシコバの頭 武奈ヶ岳バリ

日程 2017年01月22日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車
湖西線最終電車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間46分
休憩
1時間24分
合計
11時間10分
S比良駅01:3602:12桜のコバ02:1302:17イン谷口02:1902:58大山口03:0003:35青ガレ04:20金糞峠04:2104:25金糞峠西側下の分岐06:06シャクシコバの頭06:0706:17中峠06:1806:35ワサビ平06:3806:55ワサビ峠06:5807:11西南稜1120m地点07:1507:44武奈ヶ岳07:5208:02コヤマノ分岐08:0308:11パノラマコース分岐08:1308:19コヤマノ岳08:3408:40パノラマコース分岐08:57RP八雲309:1609:34八雲ヶ原09:3510:47前山10:5410:57北比良峠11:28カモシカ台11:2911:54大山口12:0612:17イン谷口12:46比良駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ヨキトウゲ谷入口の分岐
↓かんじき
神璽谷道下降点
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

シャクシコバの頭バリエーションルートの1m等高線。4年前、中峠を目指した時からずっと気になっていた部分です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクシコバの頭バリエーションルートの1m等高線。4年前、中峠を目指した時からずっと気になっていた部分です。
傾きがひどいので修正しました。駅前は再凍結した硬雪が残っています。それでは今日も行ってきます。
2017年01月22日 01:45撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾きがひどいので修正しました。駅前は再凍結した硬雪が残っています。それでは今日も行ってきます。
土曜日にたくさんの方、スキーの方もおられたようで大山口のトレースは高速道路になってます。
2017年01月22日 03:07撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土曜日にたくさんの方、スキーの方もおられたようで大山口のトレースは高速道路になってます。
青ガレは雪で埋没。こうなると急に歩きやすくなります。
2017年01月22日 03:48撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青ガレは雪で埋没。こうなると急に歩きやすくなります。
1
金糞峠を越えて少し下った渡渉点はスノーブリッジになっており川も埋没。雪豊富な証です。
2017年01月22日 04:34撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金糞峠を越えて少し下った渡渉点はスノーブリッジになっており川も埋没。雪豊富な証です。
トレースはどこまでも続きますがヨキトウゲ谷入口の分岐(大橋牛コバ分岐)後、最初の橋を渡ってかんじきを装着します。
2017年01月22日 04:59撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースはどこまでも続きますがヨキトウゲ谷入口の分岐(大橋牛コバ分岐)後、最初の橋を渡ってかんじきを装着します。
ここからシャクシコバの頭を目指してこの目の前の斜面を直登してみます。
2017年01月22日 05:03撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからシャクシコバの頭を目指してこの目の前の斜面を直登してみます。
920mの尾根に乗るまでシャクナゲさんの壁が立ちはだかりますが、それを越えれば快適です。このバリは赤テープもあります。
2017年01月22日 06:01撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
920mの尾根に乗るまでシャクナゲさんの壁が立ちはだかりますが、それを越えれば快適です。このバリは赤テープもあります。
小川新道を経由してシャクシコバの頭に突き上げました。
2017年01月22日 06:16撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川新道を経由してシャクシコバの頭に突き上げました。
ワサビ平、ワサビ峠の看板はまだ地上に出ています。もう少し積もって欲しいです。
2017年01月22日 06:38撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワサビ平、ワサビ峠の看板はまだ地上に出ています。もう少し積もって欲しいです。
西南稜1120m地点。樹氷はほとんどありません。
2017年01月22日 07:21撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西南稜1120m地点。樹氷はほとんどありません。
1
武奈ヶ岳に到着。山頂気温はマイナス2℃で風は強い。お地蔵さんも雪の下です。
2017年01月22日 07:55撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳に到着。山頂気温はマイナス2℃で風は強い。お地蔵さんも雪の下です。
2
太陽の光が差し込みそう。大逆転のパターン??
2017年01月22日 07:58撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽の光が差し込みそう。大逆転のパターン??
3秒もないくらい、ふわっと明るく照らしてくれました。
2017年01月22日 07:57撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3秒もないくらい、ふわっと明るく照らしてくれました。
1
コヤマノ岳の看板はドカ雪で一気に積もりました。
2017年01月22日 08:31撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コヤマノ岳の看板はドカ雪で一気に積もりました。
パノラマコースのトップで朝食とします。このあと右に折れてゲレンデのバージンスノーに突撃です。
2017年01月22日 08:59撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマコースのトップで朝食とします。このあと右に折れてゲレンデのバージンスノーに突撃です。
1
八雲ヶ原で足跡いっぱいは大変なのです。
2017年01月22日 09:43撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八雲ヶ原で足跡いっぱいは大変なのです。
こういうことなのですが、八雲池が直接見えるところにこの看板を設置すると良いかもしれませんね。
2017年01月22日 09:46撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういうことなのですが、八雲池が直接見えるところにこの看板を設置すると良いかもしれませんね。
最後はこの橋を渡ってから観音様ロードとシャクナゲ尾根をつなげてみます。
2017年01月22日 10:00撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はこの橋を渡ってから観音様ロードとシャクナゲ尾根をつなげてみます。
ここも入口は楽勝ですが、シャクナゲさんの本陣なのでまっすぐには直登できません。
2017年01月22日 10:02撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも入口は楽勝ですが、シャクナゲさんの本陣なのでまっすぐには直登できません。
必要性、面白味のあるバリエーションではないですが、地形図を眺めていて特徴ある尾根の踏破は楽しいです。
2017年01月22日 11:05撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
必要性、面白味のあるバリエーションではないですが、地形図を眺めていて特徴ある尾根の踏破は楽しいです。
1
締まった雪と言ってもラッセルは大変です。今日もお疲れちゃんでした!
2017年01月22日 12:56撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
締まった雪と言ってもラッセルは大変です。今日もお疲れちゃんでした!
1
訪問者数:983人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ