ヤマレコ

記録ID: 1050704 全員に公開 雪山ハイキング北陸

激ラッセルで敗退の医王山(南砺市)

日程 2017年01月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候雪〜ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
 富山県側からは、南砺市のイオックスアローザスキー場からゴンドラに乗ると、ゲレンデトップからスタートできます。ゴンドラは920円、帰りも利用できます。始発は8時、最終便は16時半です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間53分
休憩
2分
合計
2時間55分
Sスタート地点12:1314:11夕霧峠14:1315:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 特に危険なところは無いと思います。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

ゲレンデから林道を進みますが、トレースは無し。
2017年01月21日 12:20撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデから林道を進みますが、トレースは無し。
右側はゲレンデ方面。
2017年01月21日 12:20撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側はゲレンデ方面。
スノーシューを履いていても新雪のため、ガッツリと沈み込みます。
2017年01月21日 12:24撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スノーシューを履いていても新雪のため、ガッツリと沈み込みます。
1
中央に見える線はこれから進む林道。いったん左へ向かいヘアピンカーブの後は右へ向かいます。
2017年01月21日 12:24撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央に見える線はこれから進む林道。いったん左へ向かいヘアピンカーブの後は右へ向かいます。
林道は途中で雪崩れていたので、戻って藪に覆われた急斜面を登ります。
2017年01月21日 12:46撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道は途中で雪崩れていたので、戻って藪に覆われた急斜面を登ります。
1
途中は撮影しませんでしたが、ようやく林道に出て登ってきた斜面を振り返りました。
2017年01月21日 13:00撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中は撮影しませんでしたが、ようやく林道に出て登ってきた斜面を振り返りました。
1
林道を夕霧峠に向かって進みます。
2017年01月21日 13:01撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を夕霧峠に向かって進みます。
どこも真っ白です。
2017年01月21日 13:09撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこも真っ白です。
1
眼下のスキー場方面。
2017年01月21日 13:24撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下のスキー場方面。
2
夕霧峠に到着すると展望台が見えます。
2017年01月21日 13:25撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕霧峠に到着すると展望台が見えます。
1
逆方向に向かい、奥医王山方向の尾根に取り付きました。
2017年01月21日 13:25撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆方向に向かい、奥医王山方向の尾根に取り付きました。
1
ここも藪が行く手を阻み、急斜面に積もった柔らかい雪のため、膝上ラッセルとなりました。
2017年01月21日 13:42撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも藪が行く手を阻み、急斜面に積もった柔らかい雪のため、膝上ラッセルとなりました。
1
2時を過ぎてもラッセル地獄のため、標高は900m弱にまで迫っていましたが、時間切れとなりそうなので下山を決意。
2017年01月21日 13:55撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時を過ぎてもラッセル地獄のため、標高は900m弱にまで迫っていましたが、時間切れとなりそうなので下山を決意。
1
今日の最高点から夕霧峠を見下ろします。
2017年01月21日 13:56撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の最高点から夕霧峠を見下ろします。
2
エピの尻尾的なやつ。
2017年01月21日 13:57撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エピの尻尾的なやつ。
1
尾根では風速1m前後、気温は−1℃程度で穏やかでした。
2017年01月21日 13:58撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根では風速1m前後、気温は−1℃程度で穏やかでした。
1
白い石川県方面。
2017年01月21日 14:15撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い石川県方面。
1
下山してきた奥医王山に向かう尾根。白くなりました。
2017年01月21日 14:15撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山してきた奥医王山に向かう尾根。白くなりました。
1
展望台でコーヒータイム。
2017年01月21日 14:18撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台でコーヒータイム。
2
白兀山方面も真っ白で見えなくなりました。
2017年01月21日 14:28撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白兀山方面も真っ白で見えなくなりました。
1
視界が不良なので下山します。
2017年01月21日 14:29撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が不良なので下山します。
1
視界が悪いですが幸いトレースは明瞭です。
2017年01月21日 14:32撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が悪いですが幸いトレースは明瞭です。
1
また藪の中の急斜面を降りていきます。
2017年01月21日 14:46撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また藪の中の急斜面を降りていきます。
急斜面を降りてもガスが取れません。
2017年01月21日 14:47撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面を降りてもガスが取れません。
と思っていたら、ガスが晴れてゲレンデ方面が見えました。
2017年01月21日 14:55撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と思っていたら、ガスが晴れてゲレンデ方面が見えました。
1
空も少し明るくなってきたような。
2017年01月21日 15:02撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空も少し明るくなってきたような。
1
林道のカーブミラーもかなり雪に埋もれています。
2017年01月21日 15:04撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道のカーブミラーもかなり雪に埋もれています。
ゴンドラ駅にまで戻ってきました。
2017年01月21日 15:07撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラ駅にまで戻ってきました。
1
またちょっとガスがやってきたり。
2017年01月21日 15:16撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またちょっとガスがやってきたり。
下山すると少し青空が広がって、さっきまでいた夕霧峠の展望台が見えます。
2017年01月21日 15:21撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山すると少し青空が広がって、さっきまでいた夕霧峠の展望台が見えます。
1
ゴンドラを降りたゲレンデも賑わっていました。お疲れ様でした。
2017年01月21日 15:34撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラを降りたゲレンデも賑わっていました。お疲れ様でした。
1

感想/記録

【感想/記録】
 週末ごとに寒波が来ますね。先週はその寒波で登山には出かけることができず、今週も行けないと体がなまりそう。週末は土曜日の午後はお天気が回復しそうなので、スキー場のゴンドラに乗ってサクッと行ける県内のお山に行こうと思いました。県東部は強風の予報がでており、立山山麓のゴンドラは強風のため動いていませんでした。そこで、県西部のイオックスアローザスキー場から、サクッと行けると思っていた医王山へ。これが間違っていたのですが。

 スキー場に到着したのは11時過ぎ、車内で昼食を食べて、ゴンドラのチケットを買って、登山届けを出して、ゴンドラに乗ってゲレンデトップにまでワープ。到着時にちらついていた雪は、止まないどころかさらに強まる傾向です。結局出発したのはもうお昼の12時を回っていました。スノーシューを履いてゲレンデから降りて林道にでると、トレースはありませんでした(´Д`)。積雪はゲレンデトップで150cm程なので、これは激ラッセルを強いられる覚悟と共に「敗退」の2文字が。

 スノーシューを履いてもガッツリと脚が雪面から沈み、一歩進むごとに雪に足を取られます。最初は車道を進み途中からショートカットの急斜面を登ろうにも、トレースが無いためどこから取り付いたら良いのか分かりません。仕方なくこのまま車道を進みましたが、途中で雪崩れた急斜面をトラバースする場所に出くわしました。積もったばかりの柔らかい新雪は、トラバース中に崩れて崖から滑落するとシャレにならないので、仕方なく引き返し適当なところから急斜面に取り付きました。まだ雪が少ないためか、斜面からは結構藪が出ており、柔らかい雪は登っている途中から崩れて、なかなか標高を上げられません。

 しかも運の悪いことに、一本のストックからスノーバスケットが外れて行方不明に。こんな時こそ欲しいストックの一本が使用不能になり、片肺飛行(登山)を強いられ、さらに標高を上げるのが困難に。藪をかき分けたり、掴まったりしてなんとか急斜面を登って、林道まで登った時には汗だくに。ここから夕霧峠まではほぼ水平な林道を進みますが、深い雪に足を取られペースが上がりません。

 ようやく夕霧峠に到着し、今度は奥医王山を目指して尾根を登ります。最初は比較的斜度が緩やかでなんとか登れた尾根も、徐々に急斜面になってくると、膝上ラッセルを強いられるようになり、藪を掴んでなんとか登るも、足元の雪が崩れて標高を上げるのが困難となりもはやこれまで。2時過ぎには下山を決意し、下るときにはあれだけ苦労して登ったのに、あっという間に夕霧峠に到着。

 展望台でコーヒーを飲んで休憩。お昼から登り始めたのにお天気が悪いせいか、石川県側からも誰も来ないので独り占めでした。ガスってきて辺りの視界が悪くなってきたので、2時半には展望台からゲレンデへ戻り始めました。苦労した急斜面も下りはあっという間に標高を下げられ、幸い途中で無くしたスノーバスケットを回収でき,3時過ぎにはゲレンデまで戻ってこられました。こんなに早く下山できるのなら、もうちょっとラッセルを頑張っても良かったですね。ゲレンデでストックやスノーシューを仕舞っていると、青空もちょっと覗くくらいにお天気は回復。下山するとお天気が回する法則が発動しました。今回はピークは踏めず眺望もありませんでしたが、良いトレーニングにはなりました(笑)。

【注意点や反省点】
 モンベルのストック、コンパクトフォールディングポール(旧製品)はスノーバスケットが固定できず、外れてしまう欠陥品レベルの欠点があります。
 北陸の低山は積雪後だとやっぱりラッセルが大変でした。後でGPSを確認すると標高881mまで登っており、標高的には奥医王山の頂上、標高 939mまでもうちょっとでした。しかし、頂上まで距離はまだありましたので、やはり一人でのラッセルは大変です。
 激ラッセルを強いられ帰りのゴンドラまでの時間が限られていたので、無理せず白兀山 (しらはげやま)へ向かっていれば良かったかも。

【Apple Watch等による計測結果】
ムーブ(安静時を越える推定エネルギー消費量 / kcal)
  543
エクササイズ( 活発に活動した分数 / 分)
 84
スタンド( 1時間のうち1分以上身体を動かした時間 / 時間)
  9
登った階数( 一階=約3mの高度を上昇 / 階)
  5
ウォーキングの距離(km)
 10.5
歩数(1日で歩いた歩数 / 歩)
 13,515
心拍数 (1日で最低、最高の心拍数)
 59〜113
体重
 63.4 -> 62.9
訪問者数:201人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/11
投稿数: 875
2017/1/23 23:24
 金沢方面から
はじめまして、artylaneさん

同じ日、見上峠から白兀山を目指し、シガラクビで撤退してきました。
途中からノートレースでしたし、出発が遅すぎました。
南砺市側は、さらに雪が深かったんですね。お疲れ様でした。
あの日、金沢市側から入ったのは数人で、
ほとんどが西尾平で引き返したみたいです。
あの青空、恨めしいですよね。
私も西尾平まで半分ほど戻った辺りで地団駄踏んでいましたが、
安全登山のためには仕方ないですよね。

少し天候が落ち着いたら、リベンジしてみたいと思います
お山でお会いしたら、気軽に声をおかけください。
登録日: 2014/6/29
投稿数: 33
2017/1/24 21:28
 Re: 金沢方面から
tom32、こんばんは。初めまして。
 石川県側からも山頂に向かわれた方がいらっしゃったのですね。途中撤退、残念でしたね、お疲れ様でした。
 いつもなら富山県側からそして、石川県側からも多数の方が頂上をめざされますので、トレースがあるはずだと思っていたら、ノートレースでした。私も出発が遅く、帰りのゴンドラの時間が気になって途中で撤退しました。
 次回はリベンジしたいと思っていたら、一昨日からの積雪で雪が増えて返り討ちに会うかも(笑)。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ