ヤマレコ

記録ID: 1051074 全員に公開 ハイキング東海

家族で山登り(2)花沢の里から鞍掛峠〜満観峰往復

日程 2017年01月22日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山
 slothbear(CL)
, その他メンバー2人
天候花沢の里観光駐車場に駐車
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上の臨時駐車場は満車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間38分
休憩
34分
合計
4時間12分
S花沢駐車場10:0211:16鞍掛峠12:14満観峰12:4713:21鞍掛峠13:2214:14花沢駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

今回は下の駐車場からスタート。
2017年01月22日 10:05撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は下の駐車場からスタート。
こんな季節に虫がいるんですね
2017年01月22日 10:59撮影 by KCP01K, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな季節に虫がいるんですね
鞍掛峠通過。
この先で娘、猛烈にふてくされます。
2017年01月22日 11:15撮影 by KCP01K, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍掛峠通過。
この先で娘、猛烈にふてくされます。
残り300mの看板を過ぎた辺りでようやく機嫌が直り始め、お兄ちゃんと一緒に登っていきます。
2017年01月22日 12:04撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残り300mの看板を過ぎた辺りでようやく機嫌が直り始め、お兄ちゃんと一緒に登っていきます。
1
いつもは妹に厳しい兄ですが、今日は終始優しい感じ
2017年01月22日 12:09撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもは妹に厳しい兄ですが、今日は終始優しい感じ
3
山頂とうちゃーく。
ほっとする父と母。
2017年01月22日 12:15撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂とうちゃーく。
ほっとする父と母。
7
先週は雲に隠れていたのですが、今日ははっきりと見えました。
しかし寒い…。
2017年01月22日 12:38撮影 by KCP01K, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週は雲に隠れていたのですが、今日ははっきりと見えました。
しかし寒い…。
3
ちょっとびっくりするような勢いで駆け下りていきます。
恐れを知らないというのはすごいことです。
2017年01月22日 13:26撮影 by KCP01K, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとびっくりするような勢いで駆け下りていきます。
恐れを知らないというのはすごいことです。
1

感想/記録

年が明けてから2回連続で上の子と2人で山に行っているので、下の娘(4歳)が拗ね気味。今週は家族全員で行くことにしました。
で、やっぱり近いのが楽なので先週に引き続き満観峰へ。
登り始めて早々「パパとママが話をちゃんと聞いてくれない」という、山登りとは全く関係ない理由で駄々をこね始める娘。
ちょっと歩いては止まり、ごねてはとぼとぼ歩きを繰り返し、全くペースが上がりません。
宥めすかしつつ、行き交う人に笑われながら、前回上の子と登った時の倍くらいの時間をかけてなんとか山頂へ。山頂に着いたとたん、冷たい強風が吹きすさぶのも関係なく、ご機嫌でお兄ちゃんと駆け回ります。一体何がお気に召さなかったのか、全くわかりません…。
親の方はとにかく寒くてやってられないので、お湯をわかしお弁当を食べ、ご機嫌が変わらないうちに早々に下り始めます。
登り初める前は「下りは日本坂峠でもいいかも」などと思っていましたが、これでまたぐずぐずしだしたらかなわないのと、出かける前に家の洗濯機が突然ぶっ壊れ、帰り次第電機屋さんに行かねばならない&コインランドリーに洗濯に行かねばならないと言う状況だったので、素直に来た道を引き返します。
親の心配もどこ吹く風、帰りは「先頭を行くお兄ちゃんを追っかける」というミッションに目覚め、自分も小走りで追いかけなければならない位のハイスピードで降りていき、あっという間に下山してしまいました。
前回家族で登った時は、下りで疲れてしまい、鞍掛峠から先は抱っこだったのですが、大分歩けるようになっていて驚きました。あとは気分次第といったところでしょうか。
お兄ちゃんの方は今日は終始妹のペースに合わせていて全く疲れもしないような感じだったので、次回は二人で行こうかと思います。
訪問者数:186人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ