また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1051712 全員に公開 ハイキング東海

金華山(百曲がり〜鼻高〜大参道〜東坂〜馬の背)

日程 2017年01月23日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
自転車

過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

感想/記録

今年は毎週登山を目指していたが、先週の雪で早くも目標達成できず。
今週はいつにしようか迷っていたが、天気予報の雪マークが消えていたので、
朝になって登山を決意。雪がまだ残っているか心配だったため、
安全そうな金華山を選択。とりあえず予定では、百曲がり登山道を登り
山頂から鼻高ルートをたどって大参道を抜けて一度下山、妙見峠を経て
東坂コースでもう一度登り返し、帰りは適当な下山道で下りることにした。

岐阜公園に自転車を停め、9:14に百曲がり登山道の登山口からスタート。
ここを選んだのは、これまで何度も金華山に登ったが、ここからは登った
ことがなかったため。登り始めると、いきなりアスファルトやコンクリートの
道があったりしてやや興ざめだが、岩場が多くてけっこう楽しい。
岩が好きな私としては、また登ってみようかなと思えるルートだった。

山頂には9:50に到着。寒いせいか平日のせいか、今日は山頂の人は少なめ。
ベンチでおにぎりを食べて一休みし、10:04に下山開始。

瞑想の小道を下りていくと、すぐに鼻高コースへの分岐がある。
金華山から東へ尾根伝いに行くルートだが、金華山のルートの中では
ここがいちばんのお気に入りコース。だいたいは平坦で歩きやすく、
ところどころに岩場もあり、百々ヶ峰方面の景色も楽しめる。

10:29に鼻高ルートの終点に到着。ここからは達目洞へ下りるコースと
妙見峠へ下りるコースがある。どちらもまだ歩いたことがないが、
達目洞方面は次回にとっておくことにし、今回は妙見峠へ向かう
大参道コースを選択。このコースは実になだらかな下りで、
散策気分で下まで降りられる。

やがて達目洞から登るコースと合流し、10:48に妙見峠に到着。
このあたりで疲れがあれば、予定を変更してどこかへ下りるつもりだったが
まだ行けそうだったので、ここから東坂コースで二度目の金華山登山を開始。
今日は体の調子がすこぶるいい。ふだんのスクワットがきいたのか、
足の筋肉は意外と平気で、岩場でもがんがん進んでいける。
だが体力が続かず、息が切れることもしばしば。

11:13に山頂に二度目の到着。またベンチでおにぎりを食べる。
この時間になると、山頂にはけっこう人がいて、あまり落ち着けない。
二度目の下山をどのルートにしようか迷ったが、妻と外食の約束があるので
速く下りられそうな馬の背ルートを選択。下り口の階段に雪が残っていて
少々不安だったが、それ以外に雪はなく、いつもと同じ感じ。
ロープをつかんだり岩場に手をついたりして慎重に下りていく。下山は12:02。

いきなり決めた登山だったが、とても充実した登山だった。
体の調子がよかったせいか、関節や筋肉の痛みもほとんどなく
楽しく山中を歩きまわることができた。
訪問者数:85人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

馬の背 クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ