ヤマレコ

記録ID: 1051846 全員に公開 雪山ハイキング東海

梅ヶ島温泉 雪の大谷嶺

日程 2017年01月23日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間49分
休憩
1時間41分
合計
7時間30分
S大谷嶺登山道入口06:5007:15扇の要07:1809:10新窪乗越09:3010:50大谷嶺12:0013:00新窪乗越13:0514:00扇の要14:0314:15大谷嶺登山道入口14:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
帰り、駐車場手前の雪が固まって凍結しているところで、足をひねってしまいました。ゴール直前。最後まで気を緩めない、と肝に命じました。
コース状況/
危険箇所等
梅ヶ島温泉に向かう道より、登山道へ。別荘地を越えたあたりから雪が路面にあり、日陰のカーブ、急坂にも雪が残っており一部凍結していた。早朝に通った際も、帰路に通った際もあったので、スタッドレスあるいはチェーンが必要かもしれない。
その他周辺情報梅ヶ島温泉 登山道に近い黄金の湯は、施設改修工事中でH29年1月16日〜30日までおやすみです。そこで、梅ヶ島温泉地にまで行って、日帰り温泉の虹乃湯に行きました。700円。時間が11時から16時までなので注意。本物の梅ヶ島温泉の湯を堪能できます。わさびみそ530円購入。https://onsen.nifty.com/shizuoka-onsen/onsen006433/
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

大谷嶺駐車場より。駐車場は雪が結構積もっています。
2017年01月23日 06:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷嶺駐車場より。駐車場は雪が結構積もっています。
1
夏は木々の中を行くのですが、葉がみんな落葉し、明るい樹林帯を行きます。新窪乗越に朝日が当たり始めました。
2017年01月23日 07:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏は木々の中を行くのですが、葉がみんな落葉し、明るい樹林帯を行きます。新窪乗越に朝日が当たり始めました。
3
大谷嶺の急登にさしかかってきました。空は紺碧の青空。
2017年01月23日 07:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷嶺の急登にさしかかってきました。空は紺碧の青空。
1
ご来光です。
2017年01月23日 07:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご来光です。
1
いよいよ両側崩れ落ちているところへ。あたり一面雪。ただ岩も露出しています。
2017年01月23日 08:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ両側崩れ落ちているところへ。あたり一面雪。ただ岩も露出しています。
2
大谷嶺方面
2017年01月23日 08:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷嶺方面
1
朝日はだんだん登ってゆきます。
2017年01月23日 08:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日はだんだん登ってゆきます。
1
最後はかなりの傾斜。急登。土日にトレースをつけていただいてあったので助かりました。やっとのことで、新窪乗越へ。
大谷嶺方面は後が続いています。さすがに山伏方面はトレースがありませんでした。
2017年01月23日 09:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後はかなりの傾斜。急登。土日にトレースをつけていただいてあったので助かりました。やっとのことで、新窪乗越へ。
大谷嶺方面は後が続いています。さすがに山伏方面はトレースがありませんでした。
乗越から登ってきた方面。
2017年01月23日 09:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗越から登ってきた方面。
1
大谷崩れの岩。名前はないのでしょうか。
2017年01月23日 09:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷崩れの岩。名前はないのでしょうか。
乗越から大谷嶺を目指します。何度もピークの裏側をトラバースして向かいます。片側が本当に崩れていますから、。
途中、これから登って行くピークの崩れた側。登山道は北側の樹林帯の急登を登ります。
陽が当たらず、冷え切った風が時折樹林帯を駆け抜け、マスクをしていないと顔が痛いほどでした。
2017年01月23日 09:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗越から大谷嶺を目指します。何度もピークの裏側をトラバースして向かいます。片側が本当に崩れていますから、。
途中、これから登って行くピークの崩れた側。登山道は北側の樹林帯の急登を登ります。
陽が当たらず、冷え切った風が時折樹林帯を駆け抜け、マスクをしていないと顔が痛いほどでした。
3
やっとのことで大谷嶺へ。崩れた南側は展望最高。
富士山側は木々があり、富士山はその間からなんとか望めました。
2017年01月23日 11:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとのことで大谷嶺へ。崩れた南側は展望最高。
富士山側は木々があり、富士山はその間からなんとか望めました。
山伏方面。
2017年01月23日 11:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山伏方面。
2
静岡市街、焼津の高草山方面、そして遠く御前崎まで見渡せました。素晴らしい眺望です。
2017年01月23日 11:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静岡市街、焼津の高草山方面、そして遠く御前崎まで見渡せました。素晴らしい眺望です。
4
山伏方面。
2017年01月23日 11:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山伏方面。
南アルプス方面と、山頂看板。
せっかく綺麗な風景があるのにほんと残念です。
お互いの市がしっかり話し合い、山頂のそれぞれの場所に
それぞれ看板つけるとか。
いろいろな歴史もあるのだから名前が違うこともあるかもしれませんが、それも認めあったらどうでしょうか、、、。
と、悲しくなります。

でも、木々で見えずらい部分もありますが、南アルプスから、富士山、そして駿河湾方面、素晴らしい景色です。
2017年01月23日 11:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス方面と、山頂看板。
せっかく綺麗な風景があるのにほんと残念です。
お互いの市がしっかり話し合い、山頂のそれぞれの場所に
それぞれ看板つけるとか。
いろいろな歴史もあるのだから名前が違うこともあるかもしれませんが、それも認めあったらどうでしょうか、、、。
と、悲しくなります。

でも、木々で見えずらい部分もありますが、南アルプスから、富士山、そして駿河湾方面、素晴らしい景色です。
6
撮影機材:

感想/記録

昨年夏の同じ大谷嶺駐車場から、山伏まで行きましたが、雨で大変でした。
秋には、梅ヶ島温泉から八紘嶺まで行きましたが、山頂は木々の中。眺望は望めませんでした。ただ、途中の富士見台からの富士山の眺めは雲海の中で、とても綺麗。
そして、冬、やっと大谷嶺に来れました。
雪は、見た目よりも、結構深く。しかも直登の急登で、雪山の良い練習になりました。
訪問者数:368人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雲海 乗越 急登 ご来光 直登
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ