ヤマレコ

記録ID: 1052795 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

赤岳 風穏やかで全天に一片の雲なし!

日程 2017年01月26日(木) [日帰り]
メンバー
天候快晴 全天に一片の雲なし 山頂気温日なた-15℃日陰-20℃ 無風か弱風
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間21分
休憩
2時間7分
合計
7時間28分
S赤岳山荘07:1109:05行者小屋09:3511:13赤岳12:2912:44赤岳天望荘12:48地蔵の頭13:11行者小屋13:29赤岳鉱泉13:5014:39赤岳山荘14:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
赤岳山頂で昼食・無線運用。のんびりして1時間以上いた。
コース状況/
危険箇所等
この時季ですから相応の注意が必要ですが、文三郎尾根・地蔵尾根とも急登箇所にはステップが切ってあり歩きやすかった。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック サブザック 輪カンジキ アイゼン スノーシュー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ 無線機2台

写真

赤岳山荘駐車場。平日ですからガラガラです。
「4WD+スタッドレス+チェーン」です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山荘駐車場。平日ですからガラガラです。
「4WD+スタッドレス+チェーン」です。
1
定点観測。北沢・南沢分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定点観測。北沢・南沢分岐。
1
木々の雪は落ちている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の雪は落ちている。
雪が増えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が増えてきた。
冬道は歩きやすい。横岳を捉えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬道は歩きやすい。横岳を捉えました。
2
行者小屋には誰もいない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋には誰もいない。
2
アイゼン+ピッケルへトランスフォーム。
ハードシェルを着こむ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼン+ピッケルへトランスフォーム。
ハードシェルを着こむ。
誤差はあるのでしょうが-20℃超え!寒いはずだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誤差はあるのでしょうが-20℃超え!寒いはずだ。
1
中岳道分岐。トレースはしっかりしていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳道分岐。トレースはしっかりしていました。
3
文三郎尾根下部。マムート階段は埋まってますが、まだ鎖が出ている箇所が多い。降雪直後だとこの辺りはボコボコで脚を使わされるが、今日は踏み固まっていて歩きやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎尾根下部。マムート階段は埋まってますが、まだ鎖が出ている箇所が多い。降雪直後だとこの辺りはボコボコで脚を使わされるが、今日は踏み固まっていて歩きやすい。
1
まだ陽が出てこない。前方に先行者2名を現認。全路雪の状態は極めて良好です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ陽が出てこない。前方に先行者2名を現認。全路雪の状態は極めて良好です。
中岳・阿弥陀岳は行きたいけど行けない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳・阿弥陀岳は行きたいけど行けない。
5
陽が出てきた!今日は赤岳主稜へ取り付いているパーティはいなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が出てきた!今日は赤岳主稜へ取り付いているパーティはいなかった。
3
横岳・硫黄岳も対照的で好き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳・硫黄岳も対照的で好き。
5
ようやく中岳分岐。ここに来ると、初めての厳冬期赤岳アタックで遭難しそうになったことを思い出す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく中岳分岐。ここに来ると、初めての厳冬期赤岳アタックで遭難しそうになったことを思い出す。
1
中岳分岐から上部。雪が付いていない箇所も少々あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳分岐から上部。雪が付いていない箇所も少々あり。
1
キレット分岐。少し細いところがあるので注意。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット分岐。少し細いところがあるので注意。
赤岳山頂直下。ステップが切ってあり歩きやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山頂直下。ステップが切ってあり歩きやすい。
3
快晴は久しぶりです。風がほとんどなくて幸せ。他の登山者と歓喜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴は久しぶりです。風がほとんどなくて幸せ。他の登山者と歓喜!
13
真教寺尾根・県界尾根。この時季は日帰りはできないんだろうな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真教寺尾根・県界尾根。この時季は日帰りはできないんだろうな。
3
権現岳の先に南アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳の先に南アルプス
3
北峰へ移動中に振り返り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰へ移動中に振り返り。
4
北峰からの横岳・硫黄岳。
ここでのんびり昼食・無線運用。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰からの横岳・硫黄岳。
ここでのんびり昼食・無線運用。
5
下山中振り返り。ちゃんとアンザイレンしています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中振り返り。ちゃんとアンザイレンしています。
3
展望荘のエビの尻尾
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望荘のエビの尻尾
4
横岳への縦走路。2月か3月に来るね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳への縦走路。2月か3月に来るね。
5
お地蔵さんも寒そうです。地蔵尾根で下山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵さんも寒そうです。地蔵尾根で下山。
6
未練がましく赤岳振り返り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
未練がましく赤岳振り返り。
8
地蔵尾根も急な箇所にはステップが切ってあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根も急な箇所にはステップが切ってあります。
2
ナイフリッジはまだあまり雪がついていないようで、左側を普通にスルー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイフリッジはまだあまり雪がついていないようで、左側を普通にスルー。
1
シリセード道がいっぱいできるところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シリセード道がいっぱいできるところ。
1
行者小屋の裏手。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋の裏手。
1
赤岳鉱泉へ向かいます。中山展望台・中山尾根ともトレースがありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉へ向かいます。中山展望台・中山尾根ともトレースがありました。
1
赤岳鉱泉アイスキャンディーは、週末のイベント向け準備中。まだ大きくなるのかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉アイスキャンディーは、週末のイベント向け準備中。まだ大きくなるのかな。
1
北沢振り返りの定点観測。山がまたおいでと言っているようです。写真を撮ろうとトレースを外れたら、腰まで落ちて戻れなくなって焦った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢振り返りの定点観測。山がまたおいでと言っているようです。写真を撮ろうとトレースを外れたら、腰まで落ちて戻れなくなって焦った。
1
山頂で撮って頂きました。ありがとうございました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で撮って頂きました。ありがとうございました。
17

感想/記録
by km117

美濃戸までは4WD+スタッドレス+チェーンの方がほとんどでした。
南沢・北沢はアイゼンなしで歩きましたが、軽アイゼンかチェーンアイゼンはあってもよかった。
文三郎尾根の下部がふかふかだと脚を使わされると思っていたが、よく締め固まっていた。文三郎尾根・地蔵尾根とも急な箇所にはステップが切ってあり、歩きやすかった。
終日快晴、雲一つなかった。午前中はほぼ無風に近かったが、午後は少し吹き出した。それでもこの時季にしては珍しく穏やかな一日で、山頂でのんびりしてきました。
訪問者数:764人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2017/1/27 23:03
 こんばんは
山頂のお写真、ちゃんと撮れていたようで良かったです。またどこかでお会いできる日を楽しみにしております♪
登録日: 2014/5/4
投稿数: 28
2017/1/27 23:21
 文字通り通りすがりの・・・
私、ヤマレコはやってないんですけど…
行者小屋から反対周りで歩いてました。

山頂に男性た2人いらして…無線をどうのこうのと話してた方ですね。
(どちらかに写真を撮ってもらったのですが、装備でちょっと判別がつかず
すみません)

地蔵の頭あたりから「暑い!」と思ってたので、山頂で
そんな気温低かったとはビックリです。
でも、朝の、下のほうの日陰はモーレツに寒く、手がかじかんで
帰りたくなりました。(寒さに弱い)

一片の雲ナシ!…ってラオウみたいですね。…って古いか。
ホント、無風でいい天気でしたね。
赤岳はいつも風がツラいんですけど。
ではまた〜♪。
登録日: 2012/3/8
投稿数: 100
2017/1/27 23:46
 Re: こんばんは
写真ありがとうございました。ヤマレコはチェックされているとのことだったので、アップしておけば気がついてくれるかな^^・・・と思っておりました。
昨日はシーズンをとおしても、そうそうない好条件でしたね。これだから冬山はやめられません。またどこかでお会いしましょう。
登録日: 2012/3/8
投稿数: 100
2017/1/28 0:05
 Re: 文字通り通りすがりの・・・
 女性ソロで地蔵尾根から周られた方ですよね。朝方行者小屋でもお会いしたと思いますが、凄いなと思っておりました。山頂で写真を撮ったのは私じゃないんで、コメントを頂いたmasayuhaさんだと思います。
 この時季の赤岳には毎年行ってるのですが、快晴はともかくここまで風が弱かったのは初めてだと思います。シーズンベストかも知れませんね。気温計は手持ちのものですが、頂上小屋の脇の日陰は強烈でした。いかに日差しに助けられていたかよくわかりました。
 ラオウ・・・反応・食いつきありがとうございます。山ガールとお見受けしておりましたが、ご存知ということはまさかの同世代^^?
ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2017/1/28 5:05
 お写真
make_kuhさんのお写真を撮ったのはkm117さんですよー♪

帰りたくない〜とか言ってたのが私です笑
登録日: 2014/5/4
投稿数: 28
2017/1/28 16:02
 (^_^;)
>masayuhaさん
>117さん
あれ。どちらも私を「撮ってない」とおっしゃる…。
もう1人いたかな・・・・・。山の怪談!?。

しつこくコメント、すみません。
いつもひとりで登ってて、特につながりもないのでこうやって
たまにピンポイント的にでもつながれるとうれしくて(^_^;)。

※私は山ガールではなく、世代としては山姥です。
km117さん。実は、HPまで拝見しました。
いかにも若そう!ホントに北斗の拳世代かな・・・。

真冬のうちに、西穂高に挑戦してみたいのですが、一気に死亡確率高まりそうで
想像しただけで手に汗をかいていまーす。
登録日: 2012/3/8
投稿数: 100
2017/1/28 20:59
 Re: お写真
masayuha様
 あっ!スイマセン私でした。思いだしました。あまりの絶景眺望に記憶がぶっ飛んでました。帰りたくないのは私も同じで、泣きそうでした。今日も好天だったようですが、仕事で終日缶詰で泣いてました。あ〜また山行きたい〜。
登録日: 2012/3/8
投稿数: 100
2017/1/28 21:21
 Re: (^_^;)
maka_kuh様
 失礼しました。撮影したのは私でした。あまりの眺望に記憶がおかしくなってました。私も基本ソロですが、時々友人に連れていってもらっています。山で写真を撮っている方を見ると、ついついヤマレコやってますか?とお声がけしてしまいますね。
 HPも見て頂いたようで恐縮です。今回の赤岳も頑張ってようやくカキカキしました。春夏秋冬、隣町の山から北アルプスまで歩いています。
 今回はシーズンベストともいえる状況で幸運でした。最初に赤岳へ厳冬期アタックした時は真面目に遭難しそうになったので、それから冬山は「楽しかっただけの一日」で終わるよう安全第一の臆病山行です。
 私はもう若くはないです。北斗の拳現役世代で優しいトキが好きでした(どうでもいいか)。日々身体経年劣化と戦いつつ精進しております。厳冬期の西穂高!入念な準備で存分にチャレンジしてください!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ