ヤマレコ

記録ID: 1053345 全員に公開 雪山ハイキング北陸

宝達山

日程 2017年01月28日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場は除雪も完璧。
足元は凍結で滑りますので注意。
傍にトイレあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間1分
休憩
17分
合計
3時間18分
Sこぶしの路駐車場08:3010:01山の竜宮城10:0710:27宝達山10:3710:51山の竜宮城11:45こぶしの路駐車場11:4611:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
2キロ地点まではツボ足でも問題なし。
それ以降は急登もありますし、何かしらの滑り止めはあったほうが安心。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

駐車場横から登山口へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場横から登山口へ
50メートルほど歩けば登山口。
川にかかった橋わたります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
50メートルほど歩けば登山口。
川にかかった橋わたります。
なにげにぐっと上がる急登があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なにげにぐっと上がる急登があります。
半分くらい進むと鉄塔。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半分くらい進むと鉄塔。
ここでワカン装着。
宝達山はよほどの新雪じゃない限りスノーシューより
ワカンが楽。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでワカン装着。
宝達山はよほどの新雪じゃない限りスノーシューより
ワカンが楽。
いくつかの急登をクリアしていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いくつかの急登をクリアしていきます。
基本夏道で上がりますが、保安林道からも上がれますよと教えられ上がっていくと、なるほど龍宮城の裏手に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
基本夏道で上がりますが、保安林道からも上がれますよと教えられ上がっていくと、なるほど龍宮城の裏手に出ました。
自称30%の激坂を上がります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自称30%の激坂を上がります。
20分ほど歩くと山頂。
取り忘れましたが、鳥居が新しくなっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20分ほど歩くと山頂。
取り忘れましたが、鳥居が新しくなっていました。
ちょっと霞んでいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと霞んでいます。
1
楽しみに持ってきたコーヒーが、砂糖と間違えて塩を入れてしまっていたようで、がっかりでした・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しみに持ってきたコーヒーが、砂糖と間違えて塩を入れてしまっていたようで、がっかりでした・・
雪と海が一度に眺められる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪と海が一度に眺められる。
数年前から比べると雪は少なめ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数年前から比べると雪は少なめ。
先ほどまでいた山頂の鉄塔が遠くに見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどまでいた山頂の鉄塔が遠くに見えます。
淡々と下っていく中で時々、ふと飛び込む景色。
いつもならそれなりに樹氷が見れますが今日はなかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淡々と下っていく中で時々、ふと飛び込む景色。
いつもならそれなりに樹氷が見れますが今日はなかったです。
下山。一本橋。水がきれい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山。一本橋。水がきれい。
すぐそばの湧水でのどを潤す。
おいしいですよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐそばの湧水でのどを潤す。
おいしいですよ。

感想/記録

医王山にしようかなと思いましたが今日は人出が多そうなので宝達山へ。
低山侮るべからず、それなりのアップダウンがあり楽しめます。
麓は全く雪がなくても、時折山頂付近はかなりの積雪になっていることがあるのでワカン、スノーシューなどの装備は持っていた方が楽です。数年前、麓は5センチくらいでも山頂付近は腰ラッセルっていうときがありました。
本日も麓はツボ足OKですが、中腹からはそこそこ積雪もあり、ツボ足だと疲労度が上がる状況でした。私はワカン。ここではスノーシューは急登で少し不便かな。
途中からご一緒させていただいた方が、宝達山に詳しい方で、積雪時でも通常は夏道を上がるのですが、保安林道経由もありますよと教えて頂きそこを歩きました。
なるほど、歩きやすかったです。無理に夏道トレースする必要はないですね。
山頂付近ではいつもなら、小規模ですが樹氷が見ることできますが今朝は見れませんでした。山頂からの景色も少し霞。
それでも、雪山を楽しむには十分。
何より静かでいい。
訪問者数:225人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 スノーシュー クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ