また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1053978 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

蓬莱峡・座頭谷から樫ヶ峰へ

日程 2017年01月28日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.5〜1.6(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間12分
休憩
14分
合計
4時間26分
Sスタート地点11:4111:59屏風岩12:0113:09鎧堰堤13:1313:16座頭谷東滝13:2413:35谷脱出口15:14小笠峰15:34樫ケ峰(馬の背)15:38樫ケ峰16:07宝塚西高校前バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

有馬温泉からバスに乗ります。雪はすっかり融けていました。
2017年01月28日 11:12撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有馬温泉からバスに乗ります。雪はすっかり融けていました。
しるべ岩のバス停で下車しました。座頭谷を進むならここでいいんですが、蓬莱峡は座頭谷バス停のほうが近いです。まちがえました。
2017年01月28日 11:43撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しるべ岩のバス停で下車しました。座頭谷を進むならここでいいんですが、蓬莱峡は座頭谷バス停のほうが近いです。まちがえました。
1
少し歩くと、座頭谷へ進む、万里の長城のような道があります。ここは進まず、バス道をさらに戻ります。
2017年01月28日 11:48撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し歩くと、座頭谷へ進む、万里の長城のような道があります。ここは進まず、バス道をさらに戻ります。
カーブすぐ上が、座頭谷バス停です。カーブの所に、奥へ進める道があります。
2017年01月28日 11:50撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カーブすぐ上が、座頭谷バス停です。カーブの所に、奥へ進める道があります。
何だか不思議なモアイ像。ここは昔、テーマパークでもあったのか。千と千尋の神隠しの最初に出てきた、古いテーマパークの雰囲気。
2017年01月28日 11:52撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何だか不思議なモアイ像。ここは昔、テーマパークでもあったのか。千と千尋の神隠しの最初に出てきた、古いテーマパークの雰囲気。
3
なぜか、ブルートレインがある。不思議な場所。
2017年01月28日 11:53撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜか、ブルートレインがある。不思議な場所。
2
ここは、左の道に進み、谷へ下ります。
2017年01月28日 11:53撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは、左の道に進み、谷へ下ります。
沢を渡渉します。以外に水量多い。
2017年01月28日 11:55撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡渉します。以外に水量多い。
1
沢は右側ですが、左の道を進みます。
2017年01月28日 11:57撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢は右側ですが、左の道を進みます。
蓬莱峡です。この逆光、何とかならないか。うまく写真が撮れない。
2017年01月28日 11:58撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬莱峡です。この逆光、何とかならないか。うまく写真が撮れない。
1
西方向に道があったので、少し進んでみると、ロッククライミングできる大きな岩がありました。岩からロープが垂れているので、誰か登ってるんでしょう。
2017年01月28日 12:02撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西方向に道があったので、少し進んでみると、ロッククライミングできる大きな岩がありました。岩からロープが垂れているので、誰か登ってるんでしょう。
2
いったん戻り、露岩帯を探索。ここは比較的ゆるやかで登れそう。斜面にはアイゼンの跡がいっぱい。ここでアイゼンの練習されるんでしょう。
2017年01月28日 12:07撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん戻り、露岩帯を探索。ここは比較的ゆるやかで登れそう。斜面にはアイゼンの跡がいっぱい。ここでアイゼンの練習されるんでしょう。
たしか、東側から座頭谷に抜ける道があるはず。ここ登ろうとしましたが、もろすぎて断念。
2017年01月28日 12:09撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たしか、東側から座頭谷に抜ける道があるはず。ここ登ろうとしましたが、もろすぎて断念。
もうちょっと下に行くと、抜ける道がありました。
2017年01月28日 12:12撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょっと下に行くと、抜ける道がありました。
不思議な小屋が。このエリアは謎だらけ。
2017年01月28日 12:16撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不思議な小屋が。このエリアは謎だらけ。
3
ここは何とか登れそう。左側から登りますが、結構大変でした。
2017年01月28日 12:17撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは何とか登れそう。左側から登りますが、結構大変でした。
1
写真では分かりにくいですが、一番の難所。右は崖なので、この岩の隙間を通るしかない。ぎりぎり通れる幅で、大変でした。
2017年01月28日 12:18撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では分かりにくいですが、一番の難所。右は崖なので、この岩の隙間を通るしかない。ぎりぎり通れる幅で、大変でした。
1
いったん頂上に上がり、下れる部分にケルンがあります。
2017年01月28日 12:23撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん頂上に上がり、下れる部分にケルンがあります。
1
迷いながらも、座頭谷に抜けました。
2017年01月28日 12:32撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迷いながらも、座頭谷に抜けました。
2
古い堰堤は、周りの風景と調和しています。左から巻きます。
2017年01月28日 12:33撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い堰堤は、周りの風景と調和しています。左から巻きます。
1
トイレ跡がありました。
2017年01月28日 12:40撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレ跡がありました。
1
堰堤越えると、広い河原です。
2017年01月28日 12:42撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤越えると、広い河原です。
1
すぐ奥に、次の堰堤が見えます。
2017年01月28日 12:45撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ奥に、次の堰堤が見えます。
滝のようできれいです。どっちから巻いたっけ?
2017年01月28日 12:51撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝のようできれいです。どっちから巻いたっけ?
今度は三段の堰堤。左に巻き道ありそうだったけど見つけられず。左側から強引に巻きました。
2017年01月28日 12:55撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は三段の堰堤。左に巻き道ありそうだったけど見つけられず。左側から強引に巻きました。
堰堤越えた後、左側に明瞭な道を見つけました。前半は基本、左に道があるようです。
2017年01月28日 12:58撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤越えた後、左側に明瞭な道を見つけました。前半は基本、左に道があるようです。
今度は三段の古い堰堤+新しい堰堤です。左側から巻きます。
2017年01月28日 12:59撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は三段の古い堰堤+新しい堰堤です。左側から巻きます。
1
新しい堰堤には、ちゃんと階段があります。
2017年01月28日 13:01撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しい堰堤には、ちゃんと階段があります。
2
河原に出ると、うっすら雪が残ってます。
2017年01月28日 13:02撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原に出ると、うっすら雪が残ってます。
すごい高さの崖が見えます。ひたすら沢沿いを進む道ですが、奇岩が多く、景色は壮観です。
2017年01月28日 13:03撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すごい高さの崖が見えます。ひたすら沢沿いを進む道ですが、奇岩が多く、景色は壮観です。
1
広い河原を進みます。
2017年01月28日 13:05撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い河原を進みます。
堰堤は石であふれそう。巻かずにそのまま歩いて登れます。
2017年01月28日 13:09撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤は石であふれそう。巻かずにそのまま歩いて登れます。
ここはたしか、岩の裏側から巻いたような・・・
2017年01月28日 13:11撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはたしか、岩の裏側から巻いたような・・・
う〜ん、記憶があいまい。
2017年01月28日 13:12撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う〜ん、記憶があいまい。
1
次の堰堤も、右に大きな岩があります。岩の隙間から巻けそうだったけど、左から越えました。
2017年01月28日 13:17撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の堰堤も、右に大きな岩があります。岩の隙間から巻けそうだったけど、左から越えました。
2
この隙間を登ります。
2017年01月28日 13:20撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この隙間を登ります。
また雪が残っている。足跡があると、間違ってないとほっとする。
2017年01月28日 13:21撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また雪が残っている。足跡があると、間違ってないとほっとする。
奇岩って最初だけかと思ってましたが、結構上流まで壮大な景色が広がっており、見応え十分。
2017年01月28日 13:22撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奇岩って最初だけかと思ってましたが、結構上流まで壮大な景色が広がっており、見応え十分。
1
ふと、東側の奇岩を見ると、写真では分かりにくいが滝が見えた。行ってみよう。
2017年01月28日 13:22撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふと、東側の奇岩を見ると、写真では分かりにくいが滝が見えた。行ってみよう。
2
座頭谷東滝か。露岩帯の滝は珍しい。
2017年01月28日 13:25撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
座頭谷東滝か。露岩帯の滝は珍しい。
3
だんだん河原が狭くなってきた。
2017年01月28日 13:31撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん河原が狭くなってきた。
ここを渡渉し、沢を離れます。
2017年01月28日 13:35撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを渡渉し、沢を離れます。
進んでる道が合ってるか不安な時、「山火事予防」のポスター見ると、ほっとする。
2017年01月28日 13:36撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進んでる道が合ってるか不安な時、「山火事予防」のポスター見ると、ほっとする。
こんな所も通ります。傾いた木だけで道を支えている状態。
2017年01月28日 13:43撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所も通ります。傾いた木だけで道を支えている状態。
きつい登りを越えると、林道に出ました。
2017年01月28日 13:46撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きつい登りを越えると、林道に出ました。
ハニー牧場跡です。
2017年01月28日 13:47撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハニー牧場跡です。
1
道路に出ました。道の続きは、奥へ20mほど進みます。
2017年01月28日 13:49撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路に出ました。道の続きは、奥へ20mほど進みます。
この赤テープ巻かれた鉄パイプの間を進みます。
2017年01月28日 13:49撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この赤テープ巻かれた鉄パイプの間を進みます。
特に標識のない道ですが、道は比較的明瞭です。枝道もありますが、枝道にはこのように枝が置かれていて、迷わないようにしてくれてます。
2017年01月28日 13:53撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特に標識のない道ですが、道は比較的明瞭です。枝道もありますが、枝道にはこのように枝が置かれていて、迷わないようにしてくれてます。
1
途中で杉林に代わります。
2017年01月28日 14:10撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で杉林に代わります。
ここの左右の分岐は一番迷いましたが、右は方向が北なので違うだろうと、左の道を進みます。
2017年01月28日 14:14撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの左右の分岐は一番迷いましたが、右は方向が北なので違うだろうと、左の道を進みます。
1
このあたりより、笹と雪が増えてきます。
2017年01月28日 14:17撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりより、笹と雪が増えてきます。
東六甲縦走路に合流。
2017年01月28日 14:22撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東六甲縦走路に合流。
1
縦走路側からみた様子。
2017年01月28日 14:23撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路側からみた様子。
道は、踏まれた雪が凍ってましたが、滑るほとではありません。
2017年01月28日 14:24撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は、踏まれた雪が凍ってましたが、滑るほとではありません。
ここを登ると小ピーク。
2017年01月28日 14:27撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登ると小ピーク。
この小ピークの右に、小笠峠に進む道があります。
2017年01月28日 14:27撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この小ピークの右に、小笠峠に進む道があります。
縦走路から外れ10mほど南に、こんな赤〇と張り紙のようなものが目印です。
2017年01月28日 14:28撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路から外れ10mほど南に、こんな赤〇と張り紙のようなものが目印です。
道は明瞭な尾根道で、迷うことはなさそう。
2017年01月28日 14:33撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は明瞭な尾根道で、迷うことはなさそう。
展望が開けると、なかなかの景色です。
2017年01月28日 14:38撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望が開けると、なかなかの景色です。
小笠峠の標識がありました。
2017年01月28日 14:47撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小笠峠の標識がありました。
途中からは相当険しい下りになります。
2017年01月28日 14:48撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中からは相当険しい下りになります。
2
下りきり、堰堤をいくつか越え、
2017年01月28日 14:58撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りきり、堰堤をいくつか越え、
やっと道路に出ました。
2017年01月28日 15:05撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと道路に出ました。
50mくらい道路を北に進むと、樫ヶ峰への登山道があります。
2017年01月28日 15:06撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
50mくらい道路を北に進むと、樫ヶ峰への登山道があります。
最初はきつい登り。
2017年01月28日 15:08撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はきつい登り。
小笹峰の看板以降は、なだらかになります。
2017年01月28日 15:15撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小笹峰の看板以降は、なだらかになります。
2
樫ヶ峰の標識が、残念なことに・・・
2017年01月28日 15:22撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樫ヶ峰の標識が、残念なことに・・・
1
山頂ではありませんが、展望の良い場所です。
2017年01月28日 15:34撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂ではありませんが、展望の良い場所です。
市街地方面もよく見えます。
2017年01月28日 15:34撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市街地方面もよく見えます。
馬の背はいまいちでした。須磨アルプスくらいを期待していたのですが、期待しすぎ?
2017年01月28日 15:34撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背はいまいちでした。須磨アルプスくらいを期待していたのですが、期待しすぎ?
樫ヶ峰の山頂です。やや広めですが展望はありません。
2017年01月28日 15:38撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樫ヶ峰の山頂です。やや広めですが展望はありません。
下りですが、馬の背よりこちらのほうが壮観です。
2017年01月28日 15:41撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りですが、馬の背よりこちらのほうが壮観です。
1
下りには、この黒いプラスチック階段がよく出てきます。
2017年01月28日 15:55撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りには、この黒いプラスチック階段がよく出てきます。
道路に到着。
2017年01月28日 16:00撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路に到着。
宝塚西高校前バス停に到着。
2017年01月28日 16:05撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝塚西高校前バス停に到着。
1

感想/記録

座頭谷から樫ヶ峰まで縦走しました。座頭谷は、思った以上に上流まで奇岩があり、見応え十分でした。河原が広く、のんびりしたい場所でした。
訪問者数:553人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/1/31
投稿数: 241
2017/1/29 13:14
 モアイにブルートレイン?
hanamaru123さん、はじめまして
変化があって面白そうなコースですね。
小笠峠や樫ヶ峰にも行ったことないし、
ぜひ一度訪れてみたいと思います。
素敵な情報ありがとうございました
登録日: 2015/3/12
投稿数: 11
2017/1/29 18:12
 Re: モアイにブルートレイン?
コメントありがとうございます。
座頭谷は、奇岩に加え、古い石積み堰堤が多く、独特の雰囲気です。
個人的には、座頭谷東滝が合った周辺の景観がすごく良かったです。
あまり通らない東六甲エリアですが、思った以上に楽しめました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

巻き道 温泉 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ