また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1054649 全員に公開 雪山ハイキング道南

設計山(もっけやま)

日程 2017年01月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間8分
休憩
45分
合計
3時間53分
Sスタート地点08:3708:40林道ゲート08:4709:41尾根取り付き地点09:4710:36北尾根との合流地点10:43設計山11:1511:20北尾根との合流地点12:27林道ゲート12:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありません。
中山トンネル手前(函館側)の駐車スペースから林道のゲートまで車道を歩きますが、車に轢かれそうでここが一番怖かった。
その他周辺情報せせらぎ温泉:http://www.city.hokuto.hokkaido.jp/modules/health/content0057.html
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック スノーシュー 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) ヘッドランプ 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 サングラス タオル ストック カメラ

写真

スタート地点となる、中山トンネル手前の駐車スペース。ここから函館側に200mほど戻ったところにある林道ゲートを目指します。
2017年01月29日 08:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート地点となる、中山トンネル手前の駐車スペース。ここから函館側に200mほど戻ったところにある林道ゲートを目指します。
2
雪壁を乗り越える覚悟でいましたが、これはラッキー!
ゲート手前でスノーシューを履いてスタート ٩( 'ω' )و
2017年01月29日 08:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪壁を乗り越える覚悟でいましたが、これはラッキー!
ゲート手前でスノーシューを履いてスタート ٩( 'ω' )و
2
うさぎちゃんの足跡がいっぱいあります
2017年01月29日 08:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うさぎちゃんの足跡がいっぱいあります
4
晴れると思っていなかったので嬉しい
2017年01月29日 09:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れると思っていなかったので嬉しい
4
しばらく林道を進み、いよいよ尾根に取り付きます
2017年01月29日 09:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく林道を進み、いよいよ尾根に取り付きます
その尾根取り付き地点は乙部岳のビューポイントでした
2017年01月29日 09:43撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その尾根取り付き地点は乙部岳のビューポイントでした
8
とても気になった木
2017年01月29日 09:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても気になった木
3
遥かなる雷電山
2017年01月29日 09:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遥かなる雷電山
1
ん?これはもしかして秘密基地か!
2017年01月29日 09:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ん?これはもしかして秘密基地か!
1
ほっこりします
2017年01月29日 10:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほっこりします
8
慎重に慎重に進みます
2017年01月29日 10:31撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に慎重に進みます
1
雪庇が凄い頂上
2017年01月29日 10:45撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇が凄い頂上
4
祝初登頂!
2017年01月29日 10:54撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祝初登頂!
10
二股岳とその奥に駒ケ岳。この方向から見る駒ケ岳が新鮮
2017年01月29日 10:56撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二股岳とその奥に駒ケ岳。この方向から見る駒ケ岳が新鮮
10
木地挽山(左)と横津岳(右)
2017年01月29日 11:02撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木地挽山(左)と横津岳(右)
今日の山頂ラーメンは「とんがらし麺」。辛すぎてスープを飲み干すのが辛かった...
2017年01月29日 11:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の山頂ラーメンは「とんがらし麺」。辛すぎてスープを飲み干すのが辛かった...
4
下山は北尾根から。途中に見える焼木尻岳や元山、笹山、八幡岳が素晴らしい。
2017年01月29日 11:28撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は北尾根から。途中に見える焼木尻岳や元山、笹山、八幡岳が素晴らしい。
1
乙部岳も。眺望はこちらの尾根の方が個人的には好きかも。
2017年01月29日 11:33撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乙部岳も。眺望はこちらの尾根の方が個人的には好きかも。
1
雪庇こわい
2017年01月29日 11:44撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇こわい
1
設計山を振り返る。今度は北尾根から登ってみよう。
2017年01月29日 11:49撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
設計山を振り返る。今度は北尾根から登ってみよう。
1
ビビリーなので必要以上に雪庇を避けて歩きました
2017年01月29日 11:51撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビビリーなので必要以上に雪庇を避けて歩きました
1
朝に歩いた林道に合流。今日は自分ひとりだけのようですね。
2017年01月29日 12:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝に歩いた林道に合流。今日は自分ひとりだけのようですね。
1
最後は怖い200mの車道歩き。ザックを背負ってスノーシューを抱きかかえて駐車スペースまでダッシュ!お疲れさまでした。
2017年01月29日 12:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は怖い200mの車道歩き。ザックを背負ってスノーシューを抱きかかえて駐車スペースまでダッシュ!お疲れさまでした。
3

感想/記録
by makko-

雪山始めたら一度は行きたっかた一等三角点の山、設計山(もっけやま)へ!
まずはトンネル手前の駐車スペースから林道入り口のゲートへ。除雪によって出来た雪壁を越える覚悟でしたが意外と少なくラッキー!
ゲート前でスノーシューを履き、いざスタート。雪の深さは足首より少し上な程度ですが、ザクザクして硬くて歩きにくい。先週、先々週と雪は深くてもサラサラだったので、その違いに戸惑いながらも尾根取り付き地点を目指します。
尾根取り付き地点からは乙部岳が綺麗に見えて思わず声が。尾根に取り付いてからは緩やかな登りが続き、時折ある急登にひーひー言いながらも北尾根との合流地点へ到着。
その合流地点からは雪庇を避けるように頂上を目指しましたが、気付いたときには山頂を5,60mほど通り越していました。
独り占めの山頂は風も無く、ゆっくり景色を楽しむことが出来ました。
下山時はせっかくなので北尾根から下ります。左側には焼木尻岳や乙部岳が、右を向くと二股岳、その背後に駒ケ岳の眺望が素敵すぎて、なかなか前に進みません。少したいへんかも知れませんが、景色を楽しむなら北尾根から登った方が良いかも知れません。その後も雪庇に気を付けながら順調に歩き、林道に合流。
天候にも恵まれ、大満足の山行でした (^^)
訪問者数:283人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/12/5
投稿数: 400
2017/1/29 19:37
 なんとまあ
makko-さんこんばんは
設計山お疲れ様でした。
私が去年、最も辛かった山行ベスト5に入る山をいとも簡単に・・・。
体力有り余ってますね!
その勢いで遊楽部岳に行ってきてくださいな!
秘密基地には入りましたか?

ps そろそろmakko-さんかwaji-bbさんが設計山狙っていそうだったので
   先を越してやろうと明日晴れたら行く予定でしたが雪予報の上に
   先を越されてしまいましたがっでむ。
登録日: 2014/3/21
投稿数: 570
2017/1/29 19:47
 すごーい!
設計山、お疲れ様でした!
本格冬山3回目はここですか、渋い山選びましたね〜。そして北尾根循環とはさすがです。
こんなに眺望良い山だったのですね、素晴らしい。
私は山登り始めて間もない頃ココに登ったのですが、周囲の山々はほとんど知らなくて眺望もあまり楽しめず、やたら雪庇が巨大で怖いなーという印象ばかりが残っています。makko-さんのレコ見てもう一回登りたくなりました。
それと、写真の腕上げましたね。二股岳越しの駒ヶ岳の写真が特に素晴らしいです!
登録日: 2016/3/28
投稿数: 258
2017/1/29 23:15
 Re: なんとまあ
JYUN-さん、こんばんは。ありがとうございます!

もう年齢的にもそんなに体力は有り余ってはいませんが、初めての冬山、スノーシューが楽しくて楽しくて仕方ないです!来週はどこにしようかな?とか考えているだけで仕事も手に付きません(笑)
秘密基地、絶対に見つけたかったので嬉しかったな〜。でも基地に来た時に、その手前で手袋を落としていたことに気付き、取りに戻ったので入れませんでした。残念!
全般的に雪もあまり多くなく、歩きやすかったですよ。多少の雪予報でもJYUNさんなら大丈夫!(^^)
登録日: 2016/3/28
投稿数: 258
2017/1/29 23:26
 Re: すごーい!
waji-bbさん、こんばんは。ありがとうございます!

私は未だに周囲の山々はあまり良く知らないのですが、先週のwajiさんの焼木尻岳レコのお陰で特定出来たお山がいくつかありました。ありがとうございます。
天候にも恵まれ、眺望は本当に最高でした!雪庇も怖いですが、見方によっては綺麗で感動しました。次回登られる時は、下山時にでも北尾根をお勧めいたします!
写真の腕は上がっていません!あの、例の自分には勿体なさすぎるカメラの性能が良いだけです。でもwajiさんに褒められると素直に嬉しいな〜 (^^)
myu
登録日: 2008/6/4
投稿数: 202
2017/1/30 0:19
 レベルアップ早すぎ(゚д゚)!
makko-さんこんなげは
設計山お疲れ様でした。

設計山、しばらく行ってなかったので行きたくなりました!
それにしても冬山デビュー年にして、このレベルアップの速さは一体どれだけ変態様
なのでしょうか?

次はきっと大千軒岳でしょうね!!
登録日: 2016/3/28
投稿数: 258
2017/1/30 12:25
 Re: レベルアップ早すぎ(゚д゚)!
myuさん、こんちくわ。ありがとうございます!

決して自分が変態レベルアップしている訳ではありません。myuさん始め、皆さんのレコのお陰で安全に色々な山に登れています。
今回の設計山もmyuさんが5年前に登られたときのトラックログを使わせていただきました。もう、一週間前から携帯にログを取り込んで、ワクワクしながら楽しみにしていました。ありがとうございます!あの枝尾根間違いのポイントだけ注意しました (^^)

冬の大千軒岳はいつかmyuさんが誘ってくれるのを首を長〜くして待ってますっ (^з^)-☆

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ