また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1055357 全員に公開 雪山ハイキング比良山系

雪の比良山(イン谷口→青ガレ→金糞峠→北比良峠→イン谷口)

日程 2017年01月29日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
湖西道路をおりたところで殆どの車は駐車していました。イン谷口までの道は除雪がされておらず轍深く、ジムニーやランドクルーザーでもなければ行かないほうが無難です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間16分
休憩
1時間5分
合計
5時間21分
Sイン谷口08:0708:35大山口08:3609:07青ガレ09:0809:44金糞峠09:5410:50前山11:2411:37北比良峠11:4111:46神璽谷道下降点11:4712:24カモシカ台12:3813:01大山口13:17イン谷口13:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今回はイン谷口から武奈ヶ岳を目指して登りました。
ただ、昼過ぎから天候が崩れる見込みであることから金糞峠で行き先を変更、北比良峠経由で下山することとしました。

北比良峠をでてからどんどん雲が多くなり、下山時に雨が降り出しました。
結果的に判断は大正解だったことになります。
コース状況/
危険箇所等
現状積雪が深いのでワカンやスノーシューがあると便利。
その他周辺情報いつものことながら「比良とぴあ」が便利。大人610円です。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック 輪カンジキ アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ
備考 ■服装について
「ハードシェル+ベースレイヤー」のみで歩き出し。歩き出し10分で暑くなって「ソフトシェル+ベースレイヤー」に変更。登り30分で暑くなって「ベースレイヤー」のみに変更。腕まくりも。金糞峠到着以後は「ソフトシェル+ベースレイヤー」で下山まで。ズボンは終始「ハードシェル+ベースレイヤー」でした。

なお、ソフトシェルは「モンベル・サイクライムジャケット」ベースレイヤーは「ミズノ・ブレスサーモ極厚手」でした。下界の予想最高気温が10℃以上の今日、極厚手は暑すぎでした。

写真

積雪はおおよそ60〜70cmといったところでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪はおおよそ60〜70cmといったところでしょうか。
もやがかかって幻想的な雰囲気です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もやがかかって幻想的な雰囲気です。
堂満岳の雪化粧。美しいの一言。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂満岳の雪化粧。美しいの一言。
金糞峠→北比良峠の稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金糞峠→北比良峠の稜線。
今回ワカンデビューしました。ラチェット式ワカンです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回ワカンデビューしました。ラチェット式ワカンです。
北比良峠近くの展望台より。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良峠近くの展望台より。
北比良峠近くの展望台より。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良峠近くの展望台より。
北比良峠近くの展望台より。琵琶湖が綺麗です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良峠近くの展望台より。琵琶湖が綺麗です。
北比良峠の様子。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良峠の様子。
北比良峠より。本当に綺麗です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良峠より。本当に綺麗です。
1

感想/記録

人生二度目の雪山登山。今回は武奈ヶ岳を目指しました。
気温が高く、登りはベースレイヤー一枚でも汗だくになるほど暑かったです。

別途記載の通り、途中で行き先を変更して下山しましたが、結果的には大正解。
晴天下で雪山ハイキングを楽しむ最高の1日になりました。

ちなみに、GPSログを見ると、金糞峠〜北比良峠間で一部ルートミスしています。
これは私がワカン、同行者がスノーシューに履き替え、あまりの楽さにテンションアゲアゲで突き進んだ結果、道を踏み外したものです。

途中で気づいたから良かったものの、皆様はくれぐれもお気をつけを・・・
訪問者数:642人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

GPS スノーシュー テン ガレ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ