また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1055513 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走大峰山脈

弥山・八経ヶ岳

日程 2017年01月28日(土) 〜 2017年01月29日(日)
メンバー
 nagopyon(携帯調査)
, その他メンバー5人
天候初日/晴 2日目/曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間20分
休憩
0分
合計
7時間20分
S大川口07:4015:00弥山
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
大川口7:40〜聖宝谷〜理源大師像12:30〜弥山15:00〜八経ヶ岳〜弥山16:30(泊)
弥山8:30〜聖宝谷〜大川口11;00
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 予備靴ひも ザック アイゼン ピッケル スコップ 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ ポール テントマット シェラフ

感想/記録

2年ぶりに聖宝谷より弥山へ。大川口までの車道は四駆+スタッドレスでたまに4輪空転しながらいっぱい一杯の走行。積雪かなり多く、6人で交代しながらのラッセルで15:00に国見八方覗に到着。実に幻想的な風景が広がる。我々以外に登山者は無く、弥山・八経ヶ岳を独占で楽しんだ(^^)
翌日は往路を戻る。自分たちのトレースを快適に下り、登りに2時間ちょっとかけたところを30分で理源大師像。聖宝谷ではお決まりの尻セードで大川口まで僅か2時間半で到着。

SoftBank電波状況
弥山と八経ヶ岳の鞍部より八経ヶ岳頂上までは微弱ながらSoftBank3Gが入る。
弥山小屋前の鳥居の上でSoftBank4Gをキャッチ!(今回初めて)
訪問者数:608人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

鞍部
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ