また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1056346 全員に公開 アルパインクライミング槍・穂高・乗鞍

錫杖岳 北沢大滝

日程 2017年01月28日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

コースタイム [注]

7:00駐車場出発 10:30岩舎 11:00−13:00北沢大滝基部取付き地点
       16:00下山
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

最高にいい天気
2017年01月28日 10:15撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高にいい天気
3
1ルンゼもくっきり
2017年01月28日 10:15撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1ルンゼもくっきり
3
穂高方面がきれい
2017年01月28日 12:54撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高方面がきれい
5
大滝取付き地点
2017年01月28日 13:08撮影 by COOLPIX P330, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝取付き地点
4
撮影機材:

感想/記録
by baru55

今週は八ヶ岳の中山尾根へ行く計画だった。天候が不安定のため土日の天気がはっきりしなかったが最終的に土曜日が晴れ予報となる。行先は八ヶ岳から急きょ錫杖へと変更になる。夏に登った「見張り塔からずっと」の冬versionが気になり行けるとことまで登って様子を見に行くことにする。3時に川島SAに集合出発。新穂高中尾温泉Pに6時頃到着。途中高速道路に雪あり。下道も終始雪道だったため時間を要する。準備を済ませ7時に出発。天気は予報通り晴れ。快晴の予感。登山道取付きに入るとトレースがないかもと思っていたけど何とトレースあり。10分ほど登ったところでワカンを装着。思いのほか雪が深い。夏道とはかなり印象が違い途中ピンクリボンの目印があるもののトレースがなかったら進むことが難しかったと考えさせられた。とりあえず岩舎を目標に進む。3時間近く登ってようやく前衛壁が見えた。あいかわらずの迫力。雪がついてかっこいい姿だった。3ルンゼ、1ルンゼ確認。1ルンゼはしっかり氷がついている様子。川が雪で覆われていてイマイチ現在地がつかめない状況。少し先に進むと大岩の下にテントが1張りあった。行き過ぎと気づき少し戻ったところだと判断してここから登り始めることに。気温が高いため雪の状態がかなり悪い。ひざ下まで埋まる地獄のラッセルがここから始まる。ワカンにできる雪ダンゴがデカすぎて一歩一歩が辛すぎる。そしてトップはとても辛くセカンドは楽チンというギャップがすごすぎる。代わる代わるラッセルを繰り返して延々と大滝を詰めていく。デブリもかなり発生していて気温の上昇が気になる。昨日は雪が降っており表面はパウダー。上に行くにつれかなり急登になり汗も噴き出す。振り返ると西穂〜奥穂、焼岳が真白くきれいだった。1700Mくらいから斜度があがりワカンからアイゼンとピッケルに切り替える。間もなく北沢大滝基部に到着。もう少し上を目指して登っていると前方で「ドーン」と轟音がして雪が雪崩落ちてきた。身動きがとれずデカい雪塊は避けようと雪崩落ちてくる方向を見ながらピッケルを突き刺して思わず耐風姿勢をとった。状況確認すると雪崩ではなく右壁上部の雪塊が崩れ落ちてきたものだった。更に落ちてきそうな雪塊がいくつもありこれ以上は危険と判断してここで撤退となる。気温上昇と雪の状態が悪かったので気になってはいたが危ないところだった。とりあえず本日の最大目標地点の取付きまで来られたので大満足。帰りは緊張感が切れ脚の疲れも頂点を通り越しふらふらになっての下山となった。今回の初冬錫杖、想像以上に夏の状況と違っていて厳しくも新鮮でおもしろいと思える山行だった。いろいろと勉強になった一日だった。
訪問者数:872人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/6/16
投稿数: 15
2017/1/30 23:26
 衝撃的でしたね
どもども、土曜日はお疲れ様でした。

あの雪崩はほんとに衝撃的でしたねf(^_^;。
まじで、やばかった。
ああやって雪崩は起こるんだなと、改めて勉強になりました。
状況のいい時を狙って、再度チャレンジしましょう。

しかし、ほんとに天気が良くて全てが綺麗でしたね✨。
写真もいい感じですね😆。

PS 次の日は、何故か普通に目が覚めてしまったので、そのままボルダーに行きました(*^^*)。
全然できないかなぁーって思いましたけど、意外とできましたよー。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ