また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1056833 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥武蔵

【大平山】奥武蔵の秘境で雪遊び♪(丸山尾根〜峠ノ尾根)

日程 2017年01月31日(火) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
Yahoo!の乗り換え案内で検索をかけると
浦山口駅16時30分発→影森16時33分着(乗り換え)17時12分発→御花畑17:16着
となっていていますが、実際には影森16時34分発羽生行きの電車があるので、40分影森で電車を待つ必要はありません。
私はこの案内に騙されて影森駅まで歩いてしまいました(笑)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間44分
休憩
1時間51分
合計
10時間35分
S西武秩父駅05:5706:35浦山口駅07:49丸山尾根とりつき08:0008:44栗山09:04山ノ神(休憩、偵察)09:2010:16大ドッケ10:1810:25独標10:33ブナの巨木がある広場11:3412:28大平山12:3513:22独標13:26大ドッケ14:17新秩父線61号鉄塔14:24地蔵峠14:35天目山林道入口14:4915:50浦山ダム資料館うららぴあ16:32影森駅16:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルート図は手書きですが、ロード以外の場所はログをとっていたのでそれを元にルートを書きました。
コース状況/
危険箇所等
※往路、復路共に地図に記載のないバリエーションルートです。
地形図、コンパス、GPS等は必携です。

【丸山尾根】
尾根の末端は巡視路になっているので簡単に尾根に乗れます。
二つ目の鉄塔を過ぎると踏み跡が薄くなりますが、基本は尾根筋を辿れば道迷いの心配はありません。
栗山の先、山の神(岩稜)は尾根上を行ったほうが楽です。岩も安定してるので慎重に通過すれば問題ありません。一応、巻道もありますが、足場が悪そうに見えたのでおすすめできません。岩稜を超えると尾根が二手に分かれます。ここは左の尾根を進むのが正解です。
【大ドッケ〜大平山】
この区間は奥武蔵でも特に雪深い場所なので注意が必要です。この日の積雪量は大体膝くらいまででした。これでもかなり雪が少ないほうだと思われます。
【峠ノ尾根】
大平山のメジャールート?なのでテープ、踏み跡はしっかりとしています。
伐採地の先で尾根が分かれるところ、地蔵峠の先が若干わかりにくいです。コンパスでしっかりと方角を確認するようにしてください。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

始発の電車で西武秩父へ。
そこから御花畑で秩父鉄道に乗り換えて浦山口へ・・の予定でしたが、御花畑駅発三峰口行きの電車の待ち時間が30分以上あったので浦山口まで歩いちゃいました(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
始発の電車で西武秩父へ。
そこから御花畑で秩父鉄道に乗り換えて浦山口へ・・の予定でしたが、御花畑駅発三峰口行きの電車の待ち時間が30分以上あったので浦山口まで歩いちゃいました(笑)
5
お猿さん居ませんね・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お猿さん居ませんね・・
1
若御子山登山口。
写真には写ってませんが、この右奥の斜面にお猿さんが4頭いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若御子山登山口。
写真には写ってませんが、この右奥の斜面にお猿さんが4頭いました。
2
ダム湖の左岸を進むと天然のスケートリンクがありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダム湖の左岸を進むと天然のスケートリンクがありました。
5
尾根のとりつきに到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根のとりつきに到着!
2
ここまで西武秩父駅から約2時間かかりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで西武秩父駅から約2時間かかりました。
7
二つ目の鉄塔までは巡視路になってるので踏み跡は明瞭です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つ目の鉄塔までは巡視路になってるので踏み跡は明瞭です。
2
二つ目の鉄塔。
雪が残ってました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つ目の鉄塔。
雪が残ってました。
4
鉄塔から先も踏み跡はうっすらとですが、あります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔から先も踏み跡はうっすらとですが、あります。
1
途中の伐採地から小持山と高ワラビ尾根を望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の伐採地から小持山と高ワラビ尾根を望む
9
栗山に到着。
展望なし。三角点のみ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗山に到着。
展望なし。三角点のみ
4
右下に巻道がありますが、雪が付いてるので通過は危険と判断。
尾根上を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右下に巻道がありますが、雪が付いてるので通過は危険と判断。
尾根上を進みます。
3
尾根上を少し進むと、フェンスに囲まれた山の神があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上を少し進むと、フェンスに囲まれた山の神があります。
3
右側は絶壁なので慎重に・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側は絶壁なので慎重に・・
4
ここで尾根が二手に分かれます(左の尾根が正解)
岩稜帯より、ここの下りの方が緊張しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで尾根が二手に分かれます(左の尾根が正解)
岩稜帯より、ここの下りの方が緊張しました。
5
岩稜を過ぎると遊歩道のような道になる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩稜を過ぎると遊歩道のような道になる
2
バラモ尾根の分岐が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バラモ尾根の分岐が見えてきました。
2
バラモ尾根分岐手前の展望地から都県境尾根を望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バラモ尾根分岐手前の展望地から都県境尾根を望む
5
これから向かう大平山。
大久保谷側にも歩けそうな尾根がありますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう大平山。
大久保谷側にも歩けそうな尾根がありますね。
5
この上でバラモ尾根と合流します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この上でバラモ尾根と合流します。
大ドッケを過ぎると雪の量が増えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ドッケを過ぎると雪の量が増えます。
6
巨大なブナがある広場に出ました。
ここで昼食休憩をとることに・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大なブナがある広場に出ました。
ここで昼食休憩をとることに・・
3
ブナの巨木を眺めながら・・
昼食は定番のカップスープと袋麺。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの巨木を眺めながら・・
昼食は定番のカップスープと袋麺。
8
青空に映えますね〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に映えますね〜
7
でかすぎてカメラに収まらないw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でかすぎてカメラに収まらないw
5
三脚を持ってきたのでパシャリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三脚を持ってきたのでパシャリ。
10
山頂に向かいます。
ここも好きな場所です。雪残ってて良かった〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に向かいます。
ここも好きな場所です。雪残ってて良かった〜
6
山頂付近は雪が深いです。
膝まで埋まります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近は雪が深いです。
膝まで埋まります。
1
大平山到着〜!!
雪道はやっぱり疲れますね(^_^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平山到着〜!!
雪道はやっぱり疲れますね(^_^;)
6
樹木の間からシャクナン尾根を望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹木の間からシャクナン尾根を望む
4
大平山の山頂から富士山見えるんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平山の山頂から富士山見えるんですね。
3
来た道を戻ります。
ここまで付けてきたトレースを辿って・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を戻ります。
ここまで付けてきたトレースを辿って・・
5
大ドッケ
ここを右折して「峠ノ尾根」で下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ドッケ
ここを右折して「峠ノ尾根」で下山します。
3
歩きやすい尾根道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい尾根道です。
2
途中の伐採地から蕎麦粒山方面の展望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の伐採地から蕎麦粒山方面の展望。
6
大ネド尾根の平坦地は目立ちますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ネド尾根の平坦地は目立ちますね。
5
尾根の分岐にはテープがあるのでそれに従います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の分岐にはテープがあるのでそれに従います。
2
鉄塔に出ました。
ここからは東電の巡視路を辿ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔に出ました。
ここからは東電の巡視路を辿ります。
ここからは作業道が錯綜していて分かりにくいです。
とりあえずこの案内に従います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは作業道が錯綜していて分かりにくいです。
とりあえずこの案内に従います。
1
地蔵峠から数えて二つ目の黄色ポールの場所を右折する。
左はテープで通せんぼされてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵峠から数えて二つ目の黄色ポールの場所を右折する。
左はテープで通せんぼされてました。
2
時刻は14時30分。
バス逃しました・・
帰りも駅まで歩きます(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時刻は14時30分。
バス逃しました・・
帰りも駅まで歩きます(笑)
5
復路は湖の右岸を歩きました。
ここから見る大平山は私のお気に入りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
復路は湖の右岸を歩きました。
ここから見る大平山は私のお気に入りです。
2
帰りはズルしましたw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはズルしましたw
7
エレベーターでラクラク下山〜
写真はここまで。
お疲れ様でした〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エレベーターでラクラク下山〜
写真はここまで。
お疲れ様でした〜
6

感想/記録
by arelu

雪の大平山、やっと行けました。
今年に入ってからまだ大平山の記録がアップされていなかったので、積雪状況が分からず、不安でしたが、山行前日に埼玉の気温が20度近くになったので、その影響?からか大平山の雪は想像していたよりも少なく、快適な雪山登山を満喫することができました。
就活で最近山に入れてなかったので、メンタルがだいぶやられていましたが、大平山の穢れ無き自然の美に心洗われました。
今度は新緑の時期に訪れたいですね。
訪問者数:639人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ