また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1059397 全員に公開 ハイキング丹沢

檜洞丸(西丹沢自然教室から犬越路経由周回)

日程 2017年02月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西丹沢自然教室の道路反対側スペースに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間11分
休憩
1時間33分
合計
6時間44分
S神奈川県立西丹沢自然教室07:1707:24ツツジ新道入口07:3008:01ゴーラ沢出合08:0308:36展望台08:4109:30ツツジ新道・石棚山稜分岐09:45檜洞丸10:0310:36熊笹ノ峰10:3910:45大笄10:5311:24小笄11:2911:38東沢ノ丸11:4012:15犬越路12:5513:37用木沢出合13:51ツツジ新道入口13:5213:57神奈川県立西丹沢自然教室14:0014:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ロガーデータ CANMORE GP-102 での取得データそのものです。
コース状況/
危険箇所等
【ツツジ新道】
展望園地から少しの間雪あり。滑り止めあった方が楽。がすぐに消える。
その後も雪がついていたり無くなったり。
自分は結局山頂までは付けずに歩きました。

【檜洞丸〜犬越路】
北西斜面は雪が残っていました。雪がなくても土の面も凍結しているところが多かったです。

【犬越路〜用木沢出合】
雪はありません。犬越路出てからしばらくの谷は雪解けあとのためか落石が多く、実際歩いている最中も何度も自然落石が発生していました。

- - - - - - -
上り方面向かうにはアイゼンなしでそれほど苦労せずに行けますが、下り行程ではやはり必要。雪があったり残っていたりの場面が今回は多く外す、外さないの判断が非常に困難でした。今回の様な状況ではチェーンスパイクの方が楽なのだろうと思いました。もっていないので欲しくなりました。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 レインウェア ヘッドランプ(1) ゲイター(1) 折畳傘(1) エマージェンシーシート(1) ホイッスル(1) 虫除け(1) 靴ヒモ予備(1) ステンレスミラー(1) 着替(靴下) 着替(Tシャツ)(1) 絆創膏 虫刺され薬(1) 正露丸(1) 簡易包帯(1) 携帯電話(1) 携帯電話予備バッテリ(1) 地図(1) 腕時計(高度計付)(1) タオル(1) 帽子(1) ストーブ(1) クッカー(1) レジャーシート(1) 防水マッチ(1) ライター(1) 予備コンタクトレンズ 手袋(1) トイレットペーパー(1) アームカバー(1) 膝サポーター(2) ストーブガス(1) 食糧(1) 長袖シャツ(薄手)(1) サングラス(1) 山と高原地図 地形図 ツェルト 軽アイゼン(モンベル10)

写真

ひさしぶりの西丹沢自然教室です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひさしぶりの西丹沢自然教室です。
1
ツツジ新道入り口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジ新道入り口
1
ツツジ新道入り口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジ新道入り口
1
ゴーラ沢出合
渡ってから振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーラ沢出合
渡ってから振り返る
1
展望園地からの富士山です。
今日は期待通り見事によく見えます♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望園地からの富士山です。
今日は期待通り見事によく見えます♪
2
展望園地からは雪が残っているのですが少し行くとこんな感じでした。結局山頂までアイゼン付けずでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望園地からは雪が残っているのですが少し行くとこんな感じでした。結局山頂までアイゼン付けずでした。
2
石棚尾根方面との分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石棚尾根方面との分岐
1
石棚尾根方面との分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石棚尾根方面との分岐
1
ここに来る度に思う「これが檜洞?」調べていないので未だ分からず。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに来る度に思う「これが檜洞?」調べていないので未だ分からず。。。
3
山頂直下から振り返ると富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下から振り返ると富士山
4
そして南アルプスも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして南アルプスも
3
この前に行った蛭ケ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この前に行った蛭ケ岳
2
山頂からの富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの富士山
3
山頂からの南アルプス 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの南アルプス 
1
犬越路方面の山頂直下からもよく見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
犬越路方面の山頂直下からもよく見えます
2
檜洞丸は山頂以外の方が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸は山頂以外の方が
3
これは何か動物の足跡?調べてみたらアナグマ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは何か動物の足跡?調べてみたらアナグマ?
3
用木沢出合に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
用木沢出合に到着
1
入山したツツジ新道口に戻ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入山したツツジ新道口に戻ってきました
1

感想/記録

登山初年度、檜洞丸にはじめて行ったときのルートを辿ってきました。
ただ今回は雪山ハイク。
上りは檜洞丸山頂まではアイゼン等滑り止め付けずに歩きましたが、下山時、犬越路までは北西側斜面が雪が残っていてそれ以外は雪が消えていて、結局は装着したまま雪の付いていない岩場通過ということもあり、自分にとっては良い経験になりました。
一度下り岩場前でアイゼンを引っかけヤバかった。猛省です。絶対焦ってはいけない状況で自分自身で勝手に焦ってしまっていてペースを乱してしまっていたのが原因です。転倒せずにすみましたが転倒したら今思うと頭から鎖場下に落ちてしまう様な本当に危険な場所だった。
そんなこんなで犬越路に到着し、食事休憩してゆっくり休憩。

犬越路からの谷間の道は至る所で自然落石発生。雪解け後なので登山道上にも落石だらけでガレていて歩きにくかったですね。

久しぶりのルートは山登りをはじめた当初の事を色々思い出しながら感慨深く歩けました。
とにかく結果的に怪我無く、且つ特に安全面で初心に返る事が出来てよかったです。
どうもありがとうございました。
訪問者数:139人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ