また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1059572 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

南八ケ岳 硫黄岳

日程 2017年02月04日(土) [日帰り]
メンバー
 mt-yari(CL)
, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
京田辺から約5時間
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間24分
休憩
2時間17分
合計
7時間41分
S赤岳山荘04:3604:41美濃戸山荘05:16堰堤広場05:2706:17赤岳鉱泉06:3706:45大同心沢(大同心ルンゼ)分岐06:48ジョウゴ沢07:50赤岩の頭08:2208:55硫黄岳09:3309:59赤岩の頭10:43ジョウゴ沢10:5210:55大同心沢(大同心ルンゼ)分岐11:00赤岳鉱泉11:2611:50堰堤広場12:13美濃戸山荘12:1412:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
降雪、気象状況によるが、今回は特に無し。
その他周辺情報美濃戸口から赤岳山荘の林道は、冬場は4WD+スタッドレスが必要。今回はチェーンは付けず。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え ザック アイゼン ピッケル 行動食 飲料 水筒(保温性) ライター 地図(地形図) ヘッドランプ 保険証 携帯 時計 サングラス カメラ ゴーグル

写真

美濃戸口よりなかなか荒れている林道。X−モード大活躍。
2017年02月04日 01:08撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸口よりなかなか荒れている林道。X−モード大活躍。
やまのこ村通過
2017年02月04日 01:12撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やまのこ村通過
1時過ぎに赤岳山荘に到着。外気温はー9度。
2017年02月04日 01:14撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時過ぎに赤岳山荘に到着。外気温はー9度。
4時30分に出発。
2017年02月04日 04:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時30分に出発。
夜明け前のアイスキャンディ。
2017年02月04日 06:35撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け前のアイスキャンディ。
1
夜が明けてきた。
2017年02月04日 06:35撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜が明けてきた。
赤岳鉱泉。中では宿泊客が登山の準備をしていた。
2017年02月04日 06:49撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉。中では宿泊客が登山の準備をしていた。
では行きましょう!
2017年02月04日 07:01撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では行きましょう!
夜が明けてきた。御岳方面。
2017年02月04日 07:09撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜が明けてきた。御岳方面。
3
阿弥陀岳。
2017年02月04日 07:17撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳。
1
先行するSとH。
2017年02月04日 07:50撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行するSとH。
太陽が登ってきた。
2017年02月04日 07:52撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽が登ってきた。
1
天気は最高に良い。
2017年02月04日 07:52撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気は最高に良い。
カッコイイ阿弥陀岳
2017年02月04日 07:55撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カッコイイ阿弥陀岳
2
赤岩の頭に出た。赤岳、中岳、阿弥陀岳を望む。
2017年02月04日 08:07撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩の頭に出た。赤岳、中岳、阿弥陀岳を望む。
1
峰ノ松目方面。天気が最高!
2017年02月04日 08:09撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰ノ松目方面。天気が最高!
2
天狗岳方面。
2017年02月04日 08:09撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳方面。
1
北アルプスの山々。
2017年02月04日 08:10撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスの山々。
1
稜線上は風が非常にきつい。バラクラバを装着。
2017年02月04日 08:14撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上は風が非常にきつい。バラクラバを装着。
2
硫黄岳に向けて出発。
2017年02月04日 08:40撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳に向けて出発。
神秘的な景色がづづく。
2017年02月04日 08:41撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神秘的な景色がづづく。
1
ピークが見えてきた。上部を巻いて山頂となる。
2017年02月04日 08:53撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークが見えてきた。上部を巻いて山頂となる。
1
爆裂火口。
2017年02月04日 09:03撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爆裂火口。
1
赤岳と阿弥陀岳。硫黄岳の山頂は広い。
2017年02月04日 09:03撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳と阿弥陀岳。硫黄岳の山頂は広い。
2
赤岳、中岳、阿弥陀岳。風は山頂は無風状態。
2017年02月04日 09:04撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳、中岳、阿弥陀岳。風は山頂は無風状態。
4
阿弥陀岳。カッコが良い。
2017年02月04日 09:04撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳。カッコが良い。
3
赤岳は一度登りたい。
2017年02月04日 09:04撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳は一度登りたい。
3
2,760M山頂。ほんとうに無風状態。
2017年02月04日 09:05撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2,760M山頂。ほんとうに無風状態。
3
北アルプスも非常にくっきり見えている。
2017年02月04日 09:09撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスも非常にくっきり見えている。
1
あの山は、いつかチャレンジしましょう。
2017年02月04日 09:16撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの山は、いつかチャレンジしましょう。
1
堪能したので降りましょう。
2017年02月04日 09:50撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堪能したので降りましょう。
寒くはない。
2017年02月04日 09:51撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒くはない。
硫黄岳方面を振り返る。
2017年02月04日 09:52撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳方面を振り返る。
降りるのが名残惜しい。
2017年02月04日 10:00撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りるのが名残惜しい。
では降りましょう。
2017年02月04日 10:12撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では降りましょう。
アイスキャンディはだれも登っていない。
2017年02月04日 11:35撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスキャンディはだれも登っていない。
2
降りてきたら3度でした。
2017年02月04日 12:42撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきたら3度でした。
林道も昼間は走り易い。
2017年02月04日 12:51撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道も昼間は走り易い。
帰り道で昼食。
2017年02月04日 13:08撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道で昼食。
昼食はモツ煮定食。1,000円也。サラダ食べ放題。コーヒー無料。
2017年02月04日 13:22撮影 by DMC-G1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食はモツ煮定食。1,000円也。サラダ食べ放題。コーヒー無料。
4
撮影機材:

感想/記録

硫黄岳(南八ケ岳)

赤岳山荘→堰堤広場→赤岳鉱泉→赤岩の頭→硫黄岳(往復)

1月の大雪で武奈ケ岳を敗退したリベンジを計画。

当初は、伯耆大山を予定したが、天気が非常に良さそうなので、3月に行こうと考えてた硫黄岳とした。

インターネットショップで購入したオーバーグローブとBDのアークを1週間前に購入したが、商品が来ない。前日に電話をすると本日発送の事。
オーバーグローブは来たが、アークが入っていない。
(後に判ったが、ショップが途中でキャンセルしたとの事。もうここでは買わない。)

よって、寒そうなので少々不安であるが、古い手袋+テムレスで行くこととした。

Hが迎えに来てくれて、PM8時30分に京田辺の100円パーキングでSと合流。

Sのレガシーアウトバックに荷物を積載して出発。

PAの途中でガソリンを入れたが、ほぼトイレ休憩のみで順調に進む。

高速で運転を代わり、アイサイトを体験。時代の進歩を感じる。

美濃戸口から林道に入る。道が非常に荒れている。

X−MODEで林道を進み、赤岳山荘の駐車場には1時過ぎに到着した。

少しの仮眠の後に3時30分に起床。PAで購入したサバとめはり握りを食し、ヘッドライトを付けて4時30分に出発した。

堰堤広場を越えて、順調に赤岳鉱泉に到着した。ここでアイゼンを装着。

途中で靴紐を締め直す。スカルパのファントムガイドであるが、靴紐を締めるプラスチックの部分が割れてしまった。手で締めあげる。

順当に進む。8時前に赤岩の頭に到着。

天気が非常に良いが風がきつい。ここでバラクラバとインシュレーションを装着し30分間程に撮影タイム。

手がかじかんできた。前もってショップで購入しておけば良かったと後悔する。

赤岩の頭から30分程で硫黄岳に到着。

ほぼ無風状態で、絶景を堪能する。

後ろ髪を引かれながら、1時間30分程で赤岳鉱泉に到着した。

ここでアイゼンを解除。

これから1時間強で赤岳山荘に到着した。

駐車場の1,000円を払う。山荘に中で、登山客が食事をしていた。

途中のドライブインで昼食。モツ煮込み定食1,000円を食する。Sは肉皿定食、Hはラーメン定食でどれもおいしかったとの事。
ここは、サラダのおかわりが無料で、食後のコーヒーもセルフ付いていた。

途中のPAで土産を購入。野沢菜と駒ヶ根で毎回購入するそばかりんとうを購入。

7時過ぎにHに家まで送ってもらった。

今回は、天気が非常に良く、満足な登山ができた。冬用品が安くなっている時期なので、シューズの修理に持ち込む時に、手に合う手袋があれば購入しようと思う。

3月も天気が安定するので、何処に行こうと考えている。

やはり、伯耆大山かなあ?
訪問者数:514人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/30
投稿数: 19
2017/2/5 14:59
 最高の天気の八ヶ岳
お疲れでした!
ホントに最高の天気でしたね。八ヶ岳ブルー堪能出来ました。この日に備えて雪山道具を少しずつ揃えてきた甲斐がありました。今度はどの雪山に行きましょうー😁
登録日: 2014/2/15
投稿数: 21
2017/2/5 15:06
 お疲れ様
お疲れ様!天気が良かったのでサイコーでした。また計画しましょう!靴は締め上げるパーツの紐が切れたんでは無くて、パーツのプラスチックが割れてた。明日、靴の修理に持っていくわ。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ