また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1061389 全員に公開 雪山ハイキング比良山系

雪多くて武奈ヶ岳は諦めて潔く撤退。金糞峠〜北比良峠

日程 2017年02月08日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々雪
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間28分
休憩
52分
合計
6時間20分
S比良駅08:1308:48桜のコバ08:4908:54イン谷口08:5609:18大山口09:2009:54青ガレ10:1010:53金糞峠10:5710:59金糞峠西側下の分岐11:0311:10金糞峠11:1111:55前山12:0512:09北比良峠12:18神璽谷道下降点12:2312:51カモシカ台12:5413:22大山口13:2514:02イン谷口14:05桜のコバ14:0614:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪が多く、踏み抜き多かった。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン ピッケル 昼ご飯 飲料 コンパス ヘッドランプ ガイド地図(ブック) 保険証 携帯 時計 タオル

写真

事前情報より、登山口へ車侵入が無理とのことで電車にて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
事前情報より、登山口へ車侵入が無理とのことで電車にて。
4
比良山地を眺めながら登山口へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比良山地を眺めながら登山口へ向かいます。
4
電車も悪くないね!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電車も悪くないね!
5
湖西道路に雪はなし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖西道路に雪はなし
1
湖西道路より琵琶湖を見る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖西道路より琵琶湖を見る
3
車で来なかって正解
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車で来なかって正解
2
湖西道路が雪の有無の境界のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖西道路が雪の有無の境界のようです。
3
見覚えのある道に出てきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見覚えのある道に出てきた。
1
いやぁ〜、こりゃ大雪だね・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやぁ〜、こりゃ大雪だね・・・
4
こんなに雪があるとは凄いですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなに雪があるとは凄いですね
2
レスキュー小屋前もこの通り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レスキュー小屋前もこの通り
2
こりゃ車無理だわ・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こりゃ車無理だわ・・・
7
いつもこの辺りまで車で入るのに。
こりゃすごい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもこの辺りまで車で入るのに。
こりゃすごい。
1
既にガッツリ雪道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
既にガッツリ雪道です。
2
木が低いと思ったら、積雪量が多いんだな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木が低いと思ったら、積雪量が多いんだな
7
さすがに歩きづらいです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすがに歩きづらいです
6
グサグサと雪を踏みしめて歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グサグサと雪を踏みしめて歩く
1
青ガレがこんな景色に!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青ガレがこんな景色に!
13
歩きやすいのか、歩きにくいのか・・・
斜面は滑る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすいのか、歩きにくいのか・・・
斜面は滑る
5
お決まりの景色も雪多し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お決まりの景色も雪多し
6
雪が深くさすがにピッチ上がらず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が深くさすがにピッチ上がらず
5
ワカン着けてたらバランス崩して転倒してしもた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワカン着けてたらバランス崩して転倒してしもた
3
なかなか先行者に追い付けないな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか先行者に追い付けないな
3
ワカン着けたらスピード上ったよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワカン着けたらスピード上ったよ
4
金糞峠。
時間かかったな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金糞峠。
時間かかったな。
4
下りて進んでみる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りて進んでみる。
2
アカン・・・無理や。
ここまで何度も踏み抜き、かなり深みに身体取られた。
ここからトレースもないし、安全のため、撤退します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカン・・・無理や。
ここまで何度も踏み抜き、かなり深みに身体取られた。
ここからトレースもないし、安全のため、撤退します。
14
先行のオジさんと、シャクナゲ尾根を通り、北比良峠へ抜けて帰ることにした。
前山の標識もしっかり埋まってる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行のオジさんと、シャクナゲ尾根を通り、北比良峠へ抜けて帰ることにした。
前山の標識もしっかり埋まってる。
5
前山の小屋の中もガッツリ雪だらけでした。
ここでランチは無理ですね。寒すぎる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前山の小屋の中もガッツリ雪だらけでした。
ここでランチは無理ですね。寒すぎる。
4
北比良峠を前山から見下ろす。
比良の中でも大好きな場所です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良峠を前山から見下ろす。
比良の中でも大好きな場所です。
7
琵琶湖は見えてる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖は見えてる
3
北比良峠も雪が多い。
いつも風で雪吹っ飛んでそうなのにね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良峠も雪が多い。
いつも風で雪吹っ飛んでそうなのにね。
6
武奈ヶ岳はガスの中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳はガスの中
3
武奈ヶ岳、かなり吹雪いてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳、かなり吹雪いてました。
6
北比良峠より琵琶湖を望む。
安定の景色。ここの景色好きです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良峠より琵琶湖を望む。
安定の景色。ここの景色好きです。
10
人は一人だけいらっしゃいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人は一人だけいらっしゃいました。
3
武奈ヶ岳は相変わらず雲の中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳は相変わらず雲の中
3
地面、凍ってるよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面、凍ってるよ
3
では、ダケ道を下っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では、ダケ道を下っていきます。
1
いやぁ〜、ダケ道も雪深い!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやぁ〜、ダケ道も雪深い!
3
まあまあ快適に歩けましたよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあまあ快適に歩けましたよ
2
雪がないダケ道より歩きやすいな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がないダケ道より歩きやすいな
3
下りてきました〜!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りてきました〜!
2
雪はまったく融けてませんね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はまったく融けてませんね
1
雪は少し緩んでます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪は少し緩んでます
2
ここ、雪がない時期は石がゴロゴロで歩きにくいから雪大歓迎
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ、雪がない時期は石がゴロゴロで歩きにくいから雪大歓迎
3
それにしても大雪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても大雪
1
レスキュー小屋まで戻ってきた。
ここで帰宅前にランチです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レスキュー小屋まで戻ってきた。
ここで帰宅前にランチです。
3
さあ、駅に向かって歩きますか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、駅に向かって歩きますか
2
記念に撮っておこう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念に撮っておこう
2
雪がなくなったら懐かしくなるんだよな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がなくなったら懐かしくなるんだよな。
2
グイグイ下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グイグイ下ります
2
この辺りは雪がグズグズで歩きにくい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは雪がグズグズで歩きにくい
2
分岐までもどってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐までもどってきた
2
おお、もうちょっと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお、もうちょっと
2
いやぁ、のどかです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやぁ、のどかです
2
比良の天気は荒れ模様
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比良の天気は荒れ模様
4
今になって琵琶湖の反対側は晴れてるぞ。
あれは霊仙山か
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今になって琵琶湖の反対側は晴れてるぞ。
あれは霊仙山か
1
先週、先々週登った伊吹山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週、先々週登った伊吹山
2
比良駅のホームで堂満岳に登ってきたとおっしゃる女性2人と遭遇。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比良駅のホームで堂満岳に登ってきたとおっしゃる女性2人と遭遇。
1
いやぁ、今日の比良はなかなか厳しかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやぁ、今日の比良はなかなか厳しかった。
1
まあ、これはこれで楽しかった。
何より安全な山行で良かった!
ありがとう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあ、これはこれで楽しかった。
何より安全な山行で良かった!
ありがとう!
5

感想/記録

先週、先々週と伊吹山へ行ったので、本日は天気予報により武奈ヶ岳へ。
正直不安定な予報ではあったが、まだマシそうでしたので来てみた。

事前情報で登山口に車は無理そうだったので京都からJR湖西線で。
駅から登山口はもっと遠いと思ったが、まあ、気分よく歩ける距離でした。
ま、雪があるからだと思うけどね。

湖西道路をくぐるとそこは雪国。
この時点で電車で来て正解と悟るが、時間は確実にロスしてますね。
う〜ん、仕方ないか。
しかし・・・なんじゃこの雪の多さ!
確かに登山口へ車の進入は無理だな。
イン谷口から大山口へ向かうも、この時点での雪の多さに感動と驚き。
思わず写真撮って家族に送ったわ(笑)

大山口から先は、更に雪深い。
今にして思えば、ここの選択が明暗を分けたのかも知れないですね。
雪の武奈ヶ岳に登るには、時短考えると青ガレルートが最短。
毎回それで来ました。
が、この日の正面谷は、雪の多さが別格だった。
確実にいつもより時間がかかってる。
歩きながらわかってたが、スタート時間のチョイスも含めて、余裕ないスケジュールだったけど、行けると踏んでた。

青ガレに到着。
先行のオジさんと少し会話。
先に行ってもらう。
青ガレも大雪で岩が見えない。
凄いなこりゃ。
そしてやはり予想通り登りにくかった。

正面谷からここまで、3回くらい大きく踏み抜いて転倒した。
いやぁ、危ないですね。
もう少し慎重に行かないと。

スピードも上がらないし、ここでワカン装着。
すると最後の坂までグイグイ行けた。

金糞峠でオジさんと会話。
オジさん「どうすんの?」
私「行けるとこまで」
オジさん「今日は無理や思うで。雪深いわ。」

金糞峠より進んでみたが、渡渉するところが見当たらない。
何と雪で埋まってるやないか。
そしてそこを踏み抜いた跡もある。
通ってみたが、やはりグズグズですね。
その先の八雲ヶ原への分岐の橋のところも雪で埋まってるが、やはりわたる際に雪が大きく崩れる。
こりゃすごい雪だな。

渡渉する川まではトレースなし。
しかもかなりの積雪量。
その先もモフモフの雪。
どうしよう・・・
手前の橋を戻る際に落ちそうになり、今日はこういうパターン多いし、やっぱりやめるか。
単独だし、人も通ってないし、何かあったらどうする?
やっぱり潔く今日はやめとこう。
山頂の天気も悪そうだしな。

金糞峠に戻るとオジさんがまだいた。
ではシャクナゲの尾根を一緒に渡って北比良峠に向かうことに。
先行させてもらい、プチラッセル。

でもこのシャクナゲ尾根をオジさんと行ったことが今日一番の収穫でした。
正直、こんな深い雪は初めてで、慣れてませんでした。
だから足場の安定しない雪の斜面に手こずりながらだったのですが、このオジさんの助言と指導で上手く歩いたり登ったりできるようになった。
常に単独の自分にとっては、貴重な時間となりました。
オジさん、ありがとう!

自分もオジさんなんやけど(笑)

で、またまた雪深い前山に到着。
この間は必死だったので写真はなし。
でも右手に琵琶湖を見ながらの尾根歩きで綺麗でしたよ。
際を歩くときは怖かったけど(笑)

40分程で前山に到着。
ここでオジさんと別れました。
ほんとにありがとうございました!

さあ、大好きな北比良峠。
人は自分以外に一人だけおられました。
ランチしようかと思ったが、寒いし風もあるし、諦めました。

武奈ヶ岳を見ると雲に隠れてました。
吹雪いてますね。
まあ、今日はこれでいい。
何回も吹雪やホワイトアウトの武奈ヶ岳山頂を経験してるが、今日はそんなことより慣れない大雪に手こずったしな。
でもオジさんのおかげで気分は爽やかです。

さあ、ダケ道で下山だ。
神爾谷の分岐のところ、積雪期のここは少し危険ですね。
気を付けてゆっくり通過し、あとはホイホイ下りました。
途中でオジさんに追いついてしもた。
抜かせて頂き、順調に下山。
大山口まで雪が途切れることなく、橋を渡り、イン谷口まで一気に。

レスキュー小屋で初休憩。
せっかくなのでランチタイムに。
カップ麺とパンと紅茶で休憩です。
するとオジさん通過。
今日はありがとうございました。

ゆっくりしたところで、駅までさっさと戻りました。
湖西道路をくぐり、湖西線の高架が見えたところで琵琶湖の反対側が晴れてキラキラしてる。
伊吹山、霊仙山、御池岳が冠雪して輝いているではないか。
美しく神々しい。

振り返って比良を見ると、どうも荒れ模様(笑)
ま、こういう日もあるわ。


今にして思えば、ダケ道の容易さから判断して、往路がダケ道なら武奈ヶ岳に登ったかも知れない。
こっちは八雲ヶ原からはスキー場跡だし、雪は多くても危険は少ない。
去年、猛吹雪の中、こっちから登ったことあるんだけど、その時も踏み抜きながらも登りきったもんな。
ま、これは結果論。
出発時間に余裕がなかったことも要因だ。
そして何より経験と技量不足です。
ま、遊びなんだし、安全にこしたことはない。


駅のホームに着くと、いかにも登山してきました、という女性2人と遭遇。
堂満岳を途中まで登り、雪遊び堪能してきたとのこと。
とても楽しそうでしたね(笑)

武奈ヶ岳ではこの2年間で15回登りましたが(内、雪6回)、初めて途中で下りました。
でも今日は前半に踏む抜いて危ない転倒もあったし、鍛え直す機会にもなったし、やはり比良に来て良かった。
この冬、まだチャンスはある。

今日も無事安全な山行が出来て感謝です。
今日はつまらない話にお付き合い頂きありがとうございました。
訪問者数:920人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ