また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1063376 全員に公開 雪山ハイキング比良山系

雪の比叡山:坂本から登っただけ(帰りはケーブル)

日程 2017年02月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れたり雪
アクセス
利用交通機関
電車ケーブルカー等
京阪坂本駅出発
帰りはケーブル比叡駅から坂本までケーブルカー(片道850円)
ケーブルカー坂本駅から京阪坂本駅までは徒歩(路線バスもあり)
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間2分
休憩
14分
合計
2時間16分
S京阪坂本駅08:4409:00ケーブル坂本駅通過09:02間違えたゲート09:1110:33根本中堂10:3811:00ケーブル坂本駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
西日本の日本海側に大雪が降った翌日だったので、積雪がありました。
深さはくるぶしより上〜ひざ下
前日の雪が少なかったのか、登山道は踏み固められていて凍結していました。
私はアイゼンもチェーンスパイクもなかったのですが、他の人たちは装着していました。
アイゼンなしでも登ることはできましたが、下りは危ないと思いもともと想定していたケーブルカーでの下山を選びました。
その他周辺情報トイレ:京阪坂本駅(和式のみ)、根本中堂の公衆トイレ(様式あり・温水)
    ケーブルカー叡山駅・坂本駅
売店:根本中堂に売店と食堂があります
下山したら、鶴喜そばというお蕎麦屋さんが美味しいと後で知人からききました
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ゲイター ストック

写真

京阪坂本駅から登山口へ向かって歩きます
2017年02月12日 08:51撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京阪坂本駅から登山口へ向かって歩きます
ケーブル坂本駅に行く手前左側の川沿いの道を歩きます
2017年02月12日 09:00撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケーブル坂本駅に行く手前左側の川沿いの道を歩きます
ここのゲートは進んでも登山道ではないです
右の舗装道路を進むのが正解ふみ跡があったので行けるのかと思ったら、河原にでました。10分弱のロス
2017年02月12日 09:11撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのゲートは進んでも登山道ではないです
右の舗装道路を進むのが正解ふみ跡があったので行けるのかと思ったら、河原にでました。10分弱のロス
ところどころ倒木もあります。
2017年02月12日 10:06撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ倒木もあります。
登ってきて初めての道標
安心しました
2017年02月12日 10:12撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきて初めての道標
安心しました
途中にあるお堂。
中で休憩をさせてもらいました
2017年02月12日 10:20撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にあるお堂。
中で休憩をさせてもらいました
お堂
目的の根本中堂は改装中
2017年02月12日 10:38撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お堂
目的の根本中堂は改装中
時々びわ湖も見えました
2017年02月12日 11:00撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々びわ湖も見えました

感想/記録

雪の根本中堂を見たいと思っていました。
大雪のニュースがあるなか、比叡山のある大津はそれほどでもなさそうだったので、雪山経験&装備のない自分でもいけるかと思い、計画しました。
登るより下る方が危ないと思っていたので、いざとなったらケーブルカーがあるのも安心でした。

登る時から、タクシーの運転手さんなどに「大丈夫?」と声をかけてもらいました。
道は、ケーブル坂本駅わきの道からあるいてほどなくゲートがあります。ふみ跡があったのと、舗装道を歩きたくなかったのでゲート脇から歩いてみましたが、河原にでました。おそらくふみ跡の主も間違えたのだと思います(行った足跡と戻った足跡が同じでした)

その後はひたすらまっすぐ。
実は初めてのルートなので、夏道がどのような感じかわからないのですが、ふみ跡に従って歩きました。
前夜の冷え込みのせいで、凍結しているところが多く、また木々で日光がさえぎられていることもあり下りの方が滑って危ないな、と思いました。
とはいえ、雪道は静かで、自然に包まれているという実感がありました。

登っているひともアイゼンを付けている人が多かったです。登りで抜かされたトレラン風の人も登りはアイゼンなしですが、下りはアイゼンを付けていました。

そんな思いでたどり着いた根本中堂は、まさかの改装中。そういえばそんなニュースを以前みたような・・・下調べは大事です。
根本中堂では職員さんに「歩いて来たの?」と驚かれました。坂が急なので職員さんも歩くと怖いようです。

比叡山山頂に行ってみたかったけれど、そちらの方に行く人はほとんどいなくて、道もわかりにくかったので、断念。雪もちらちら舞っていたこともあり、ケーブルカーで下山しました。
雪の根本中堂は見られなかったけれど、初めての雪山体験はいい経験になりました。
訪問者数:338人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

アイゼン 倒木 ケーブルカー 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ