また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1064276 全員に公開 山滑走蔵王・面白山・船形山

笹雁新道(写真ほぼ無)

日程 2017年02月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
笹雁新道入口に駐車スペース一台分除雪あり
ポストもここに設置
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間47分
休憩
1分
合計
7時間48分
Sスタート地点07:0612:42象ヶ沢噴水12:4314:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
入口〜尾根取り付き
林道歩きです

尾根取り付き〜鉄塔
急登です。今回積雪はある程度締まっていたので問題はありませんでた。スキーでジグを切って登りました。

鉄塔〜夏道合流点
鉄塔を過ぎた辺りから勾配が緩くなります。鉄塔のすぐソバに雪庇が出来ています。また鉄塔周囲は雪が解けて落とし穴になっているところが多数あります。
夏道合流まで所々に雪庇があります。

夏道合流点〜滑降開始地点
樹林を抜け、風が一気に強くなります。地面が見えているところもあります。広範囲に地面が露出しているところもあるので、滑降時注意。
滑降開始点は小ピークまで行きたかったのですが。ブッシュと風で締まった雪面でスキーに適さず手前で降りました。

滑降開始点〜林道
沢の源頭以外はどこまで雪があるか判らなかったので、基本的には夏道側の左岸斜面を滑りました。おそらく雪庇の崩壊によると思われるデブリ跡が数箇所ありました。通過時注意。

林道〜国道
林道は河川敷の数十メートル上を通っています。沢を降りすぎると林道に乗るのが大変です。標高690〜700mあたりで林道上に土砂が堆積したと思われる箇所があり滑落すると数十メートル落ちていきます。通過時注意。
その後は問題箇所無。
その他周辺情報山形側も宮城側も付近に店舗無。
宮城側インターそばに日帰り温泉「一の湯」「るぽぽ川崎」
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スキー板

写真

上り始め、高速の脇
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上り始め、高速の脇
4
目指す雁戸手前のピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す雁戸手前のピーク
8
笹谷峠とハマグリ山方向
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹谷峠とハマグリ山方向
8
目指すピーク(手前)と後はおそらく1,385mピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指すピーク(手前)と後はおそらく1,385mピーク
9
ピーク直下のブッシュ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク直下のブッシュ
5

感想/記録

カメラを忘れたのであまり写真ありません。

ルートは笹雁新道の北側尾根を登って沢沿いを下るコース。
 駐車した林道入口は、丁度一台分の除雪したスペースがありました。入口には笹雁新道入口の看板。
 林道を進み高速道路の下を通ったところで北側の杉林に突入。すぐに急登になります。スキーでは真っ直ぐ登れないのでジグを切りながら高度を稼ぎます。たいした距離は無いのに朝から息が上がります。
 鉄塔が現れると急登は終わりです。下の段の鉄塔周辺は温度が高いのか地熱で溶けた雪が落とし穴を作っています。また南側へ雪庇が張り出しているので視界が悪いときは気をつけて通過します。
 ここを過ぎるとその後は問題になるところはほとんどありません。二次林なのか細い雑木で藪気味のところもありますが雪のおかげで通過に手間はかかりません。夏道と合流する手前あたりで尾根が少し細くなり、小さな雪庇も出てきますがよけて通過できるので手間取りません。
 夏道と合流するあたりで一気に風が強くなります。煽られてよろける事多数。風で雪が飛ばされて岩場が露出しています。その先の風が当たっている雪面はシュカブラとエビの尻尾になりかけたブッシュで滑るのにはあまり好ましくありません。目の前のピークまで上がろうか考えましたが、そのような状況とガスに包まれて周囲が何も見えないので小ピーク直下の風当たりが少し弱いところでシールを外します。
 滑り始めると大きな斜面で気持ちよく降っていけますが、登りはじめた時に見た沢の水流がかなりあったので、嵌らないうちに左岸側の斜面に移ります。あまり下り過ぎないようにトラバースしていきます。途中上のほうに出来た雪庇が崩壊したときに出来たと思われるデブリが何箇所かあったので、なるべく周囲に目を配ったほうがいいでしょう。
 林道が見えたらトラバースも終わりです。何も無ければシールを付けずに滑れそうですが、途中に一箇所林道が土砂崩れで寸断されているところがありました。距離は数メートルですが通過のとき 滑落すると上り返せない崖のようなところがありました。ここだけはピッケルが欲しくなります。以後は危険箇所無。
 全体としてはそれほど難しいところはありませんでした。ただ勾配が緩いところもあるのでスノーボードなどでは登って来た尾根を滑ったほうが楽しいかも知れません。
訪問者数:232人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/8/23
投稿数: 274
2017/2/13 4:49
 天気
晴れ間もあったようですがそうとう厳しかったのでは?
低気圧から離れたこちらでも風が強かったですから。
登録日: 2013/12/9
投稿数: 430
2017/2/13 20:00
 あの天候の中…
予報で見た限り宮城側も軒並み強風と雪で、どこにも行けそうにないので諦めていましたが。それでも登られるchickenさん、流石です
風も強かったんじゃありませんか?
登録日: 2014/1/14
投稿数: 221
2017/2/13 21:16
 Re: 天気
それが思ったほど風が当たらない場所みたいです。
もちろん樹林帯抜けたら結構良い感じに吹いて体が持っていかれそうでしたが、それ以外は風が邪魔することは無かったです。
風向きも風下側にコースが取れたからでしょうか
良い感じで楽しんでこれました
登録日: 2014/1/14
投稿数: 221
2017/2/13 21:21
 Re: あの天候の中…
風は上のほう以外はほとんど気にならなかったです。
視界が悪くなったのも上の方だけでかなり良い状態で登って降りてこれました。
じつは穴場のコースなのかもしれません。
スノーシューでも楽しめそうな尾根でした。
登録日: 2015/3/24
投稿数: 765
2017/2/13 21:25
 3枚目の写真 雪庇が怖い〜(◎_◎;)
こんばんは。
夏には気軽に行ける笹雁新道、冬の全く違う顔を見せて頂きました。
3枚目の雪庇 迫力ですね。
まるで2匹の大蛇がこちらを睨んでいるかのようで、すごくビビりました。
知らずに乗っかったら、ヘビの餌食です〜〜💦
勉強になります。ありがとうございました。 (;^ω^) 
登録日: 2014/1/14
投稿数: 221
2017/2/13 21:53
 Re: 3枚目の写真 雪庇が怖い〜(◎_◎;)
夏と冬では本当に見せてくれる顔が違いますよね。
笹雁新道は下りに使ったので、3枚目の雪庇は夏道のない尾根を登った笹雁新道との合流の近くまで登ったところでしょうか。
たまたま写真写りが良かっただけで、そんなに大きくないので迂回も難しくない雪庇でした。
参考にして頂いたようで何よりです

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 デブリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ