また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1064313 全員に公開 キャンプ等、その他御在所・鎌ヶ岳

水晶岳 ( 根の平峠 経由のピストン、目的は雪中での宴会)

日程 2017年02月11日(土) 〜 2017年02月12日(日)
メンバー , その他メンバー5人
天候雪、曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道306号線から朝明渓谷へ。
朝明渓谷キャンプ場駐車場を利用しました。
トイレ、ポストあります。駐車場は雪のため台数がかなり制限されます。
駐車スペース確保用、帰りの脱出用にスコップが便利でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
千種街道は特に危険もない路ですが、多めの雪量に伴う注意は必要でした。
つらつら夏道を思い出すに、明らかに「スノーブリッジ状」と思われるところにトレースがついていました。雪が緩んできたら、踏み込み、転落に注意が必要そうです。
根の平〜水晶岳間は、県境稜線ながら当日はトレースなし。結構な量の雪でした。

気分的にはゆるゆるすぎて、所要時間などは全く当てになりませんので記載しておりません。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

夕食のメインは食当、自家栽培で自慢の(なんせ稼業ですから!)白菜、豚肉、どういうわけか予定外のソーセージも入った鍋をポン酢で。ちょいと「アルデンテ」に炊けた炊き込みご飯、味噌汁、それから「シュラフ忘れてもこいつは忘れん!」と気合の入ったワイン、ウイスキー、焼酎、自家製梅酒、おつまみも多数登場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食のメインは食当、自家栽培で自慢の(なんせ稼業ですから!)白菜、豚肉、どういうわけか予定外のソーセージも入った鍋をポン酢で。ちょいと「アルデンテ」に炊けた炊き込みご飯、味噌汁、それから「シュラフ忘れてもこいつは忘れん!」と気合の入ったワイン、ウイスキー、焼酎、自家製梅酒、おつまみも多数登場。
2
積雪の圧迫でテント内空間が徐々に狭くなっていく。最下級生の自分としては、スペース確保にスコップもって、率先してテント外へ(寒すぎる!)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪の圧迫でテント内空間が徐々に狭くなっていく。最下級生の自分としては、スペース確保にスコップもって、率先してテント外へ(寒すぎる!)。
3
おはようございます。明け方雪が一旦やみました。思ったより天候がいい。遥かに名古屋を望みます。その後、餅入りうどんの朝食です。太って帰りそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます。明け方雪が一旦やみました。思ったより天候がいい。遥かに名古屋を望みます。その後、餅入りうどんの朝食です。太って帰りそうです。
5
このまま下山も寂しいので、「行けるとこまで行きましょう」ということで、空荷で(平均年齢の上昇に伴って、「持ちたがる」荷物の量は下降傾向)、まずは根の平まで。前日までのトレースは消えかかってますが解ります。使わせていただきながら、トップに頑張っていただきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このまま下山も寂しいので、「行けるとこまで行きましょう」ということで、空荷で(平均年齢の上昇に伴って、「持ちたがる」荷物の量は下降傾向)、まずは根の平まで。前日までのトレースは消えかかってますが解ります。使わせていただきながら、トップに頑張っていただきます。
2
根の平峠に到着。「なんだ、行けそうじゃん」ということで、とにかく水晶岳まで。
ラッセル係の意見は無視!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根の平峠に到着。「なんだ、行けそうじゃん」ということで、とにかく水晶岳まで。
ラッセル係の意見は無視!
3
根の平峠から国見方面の県境稜線方向を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根の平峠から国見方面の県境稜線方向を望む。
1
根の平からはトレースが全くなく、トップ、二番手が大車輪状態。私は後ろから楽々です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根の平からはトレースが全くなく、トップ、二番手が大車輪状態。私は後ろから楽々です。
3
雪が多いわ。
ちょうど水晶岳分岐で元気なソロお兄さんが追いついてくる。「ここからは僕がラッセルします」はうれしいんですが、僕らココから分岐するんですわ。もうチョット早く追いついてくれればもっと楽できたのに(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が多いわ。
ちょうど水晶岳分岐で元気なソロお兄さんが追いついてくる。「ここからは僕がラッセルします」はうれしいんですが、僕らココから分岐するんですわ。もうチョット早く追いついてくれればもっと楽できたのに(笑)。
2
水晶岳に到着!
天候はかろうじてもっていますが、風も強く、寒い。
十分満足したから、帰りましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶岳に到着!
天候はかろうじてもっていますが、風も強く、寒い。
十分満足したから、帰りましょう。
4
帰りは楽々。テンションも高く、何が楽しいのか、皆、笑いっぱなし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは楽々。テンションも高く、何が楽しいのか、皆、笑いっぱなし。
2
根の平峠経由で天場へ帰ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根の平峠経由で天場へ帰ります。
1
この後、寒いからテントの中で昼食。ソーセージのスープとフランスパンでハム、チーズ、大量のマーガリンを挟んだサンドウィッチ。急速に天候悪化し、吹雪く中での撤収になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後、寒いからテントの中で昼食。ソーセージのスープとフランスパンでハム、チーズ、大量のマーガリンを挟んだサンドウィッチ。急速に天候悪化し、吹雪く中での撤収になりました。
下では、天候が回復していました。レンズがくもってしまいましたが、駐車場の雪量です。除雪した雪を溜めています。その分だけ駐車場が狭くなっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下では、天候が回復していました。レンズがくもってしまいましたが、駐車場の雪量です。除雪した雪を溜めています。その分だけ駐車場が狭くなっています。
1

感想/記録
by patho

「雪中、テン泊、鍋、宴会」で立案。
最初は「上水晶谷出合でテン泊」の計画でしたが、雪の情報が入るにつれて「タケ谷・上水晶分岐」→「根の平峠」→「途中の堰堤上」→「朝明キャンプ場」と、大雪注意のなかで話が縮小し続け、「山がだめなら俺んちの畑ん中でもいいよ」に至っては、雪中でないとして却下。
「当日、駐車場で場所決定」ということになりました。「13時朝明駐車場集合」なのに、10時台には大阪組から「遅いねえ。もう皆集まってるよ」の電話は無いでしょう・・・。いくら朝早く目が覚めるようになったとはいえ・・・・。
メンバーの一人が前週、雨中のハライド山頂直下、プチ滑落でのひざ負傷があったのですが、無情にも「堰堤ぐらいまでは頑張りましょ!」で決定。「行けなきゃ、キャンプ場へ戻りましょう」でスタート。
結果、かなりの人数が入っていて土曜日午後はトレースばっちりで、誰にも迷惑をかけない程度の山中(上の二重堰堤直上)で宴会、テン泊となりました。
酔うほどに話は徐々に山から離れ、平均年齢の高さ相応に、飲めば促される生理現象の話題。「外は寒いし、皆を起こすと申し訳ない」ということで秘密兵器(固まる携行トイレ)まで登場。結局、6天に6名の「シュラフに入ったオイルサーディン」状態では「出るもんも出ん!」ということで、やっぱり「頻回、不規則な起床号令」となりました。  若いうちはワカランでも、そのうち解ります。
翌日は比較的良い天候からスタートし、徐々に悪くなるという展開に。
根の平までは前日のうっすらトレースを辿れましたが、峠から水晶岳までは全くなくなっておりました。先頭から2名(還暦も近いのに若手扱い)には頑張っていただきました。
土曜日に登りで数名の下山パーティーの方、日曜日はスノーシューのソロ男性、根の平泊りの下山ペア、泳ぐようなラッセルの頑丈なソロ兄さん(イアーウォーマー拾っていただいてありがとうございました)、うらやましいぐらい仲よさそうなペア登山の方にお会いしました。天候にもそれなりに恵まれ、全体には静かな、楽しい山行になりました。
ペアの男性の方の「たくさんお仲間がいてうらやましい」に対して、真顔で「ワシ、そっちのお仲間の方がイイ」って返すのは、今時オジ(イ)サンでも許されませんから。お心当たりの方がいらっしゃいましたら、すいませんでした。
訪問者数:220人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/12/28
投稿数: 2390
2017/2/13 23:33
 間違ったらごめんなさい。
pathoさん 今晩は。

土曜日に堰堤上の徒渉点でお逢いしたグループに方ですか?
最後尾に居られた方に見覚えがある様な気がしておりましたが・・・。

人間違いならお許し下さい。
登録日: 2014/3/6
投稿数: 93
2017/2/14 7:46
 Re: 間違ったらごめんなさい。
onetotaniさん、おはようございます。
はい、その通りです。
自分も気が付きませんでした。申し訳ございません。
雪中での鍋宴会をやりにいってました。
山登りが目的ではなかったんです(笑)。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ