また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1064620 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

竜源橋から蓼科山目指すも・・ラッセル祭りで2250Mまで

日程 2017年02月12日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候風のない晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
竜源橋の駐車場は積雪で入れないので、少し下った水場の駐車スペ−スに停めました
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間48分
休憩
10分
合計
7時間58分
S竜源橋登山口07:4010:05天祥寺平10:1512:302,250M地点13:25天祥寺平12:3514:48竜源橋登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
人が入っていません
大河原から竜源橋へ向かう方々に会いました
その他周辺情報望岳の湯(市民¥400 市外¥600)
麺屋『蔵人』で、失われたカロリ−と塩分を補給
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

女神茶屋駐車場が満車のため竜源橋から
人が入っていないので、ラッセルが予想されます、、、
−14℃
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女神茶屋駐車場が満車のため竜源橋から
人が入っていないので、ラッセルが予想されます、、、
−14℃
1
鹿の踏み跡しかなく、登山道から外れて歩いていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿の踏み跡しかなく、登山道から外れて歩いていました
1
もうちょっと左方向じゃない?という事で軌道修正
登山道に出られました ホッ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょっと左方向じゃない?という事で軌道修正
登山道に出られました ホッ
赤テ−プを頼りに進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤テ−プを頼りに進みます
兎の足跡たくさん地帯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎の足跡たくさん地帯
蓼科山方向、まっさらです・・・どうしよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山方向、まっさらです・・・どうしよう
進んでみよう!ハイハイ登山だ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進んでみよう!ハイハイ登山だ!
1
上白糖の中を歩いているみたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上白糖の中を歩いているみたい
あそこを目指しているのに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこを目指しているのに
とてもとても遠いです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とてもとても遠いです
綺麗だけど手強いし、ひょっとして危険地帯?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗だけど手強いし、ひょっとして危険地帯?
登山道に樹が覆いかぶさっています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に樹が覆いかぶさっています
そろそろ引き返しましょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ引き返しましょう
帰りも時間がかかるかと思いましたが、グングン下れそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りも時間がかかるかと思いましたが、グングン下れそうです
ここまで戻ればひと安心
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで戻ればひと安心
登り口と違う所に出ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り口と違う所に出ました
登り口は、少し下がった所
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り口は、少し下がった所
ここから入らないで、車道を歩いて女神茶屋登山口に行けば頂上を踏めたのにね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから入らないで、車道を歩いて女神茶屋登山口に行けば頂上を踏めたのにね
こんなになっちゃったし、途中までしか行けなかったけどなんだか満足♪
−6℃
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなになっちゃったし、途中までしか行けなかったけどなんだか満足♪
−6℃
1
お風呂で温まってラ−メン食べて、とっても満足♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お風呂で温まってラ−メン食べて、とっても満足♪
1

感想/記録

女神茶屋駐車場が7時時点で満車に、、、昼には下山できるからと、朝ゆっくりしちゃていました ガ〜ン! ならば、竜源橋から入って女神茶屋に下りようと、安易に考えてGO! ところがふかふか雪に阻まれ、将軍平にさえなかなかたどり着けません。登っていくほど身体が埋まっていきます。単独登山で埋まったら怖い事なんだと感じました。コース変更を想定していなかったので装備不足の中、無理をしてはいけないと思い12:30を目途に下山開始。
今回の経験は、貴重なものとなりました。手軽と思える登山でも、下調べと装備は抜かりなくですね。
訪問者数:233人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ