また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1065400 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

ヨモギ尾根で奥後山から七ツ石小屋泊降りは小袖集落徘徊道探し鍾乳洞パチリでお勧め出来ない道も在り

日程 2017年02月13日(月) 〜 2017年02月14日(火)
メンバー , その他メンバー1人
天候またまた晴れちゃった
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
JR奥多摩駅〜西東京バス 小菅の湯行 留浦バス停
帰り
西東京バス
留浦バス停〜JR奥多摩駅〜
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間14分
休憩
27分
合計
6時間41分
S留浦バス停08:2508:32鴨沢バス停08:42鴨沢西バス停08:47所畑バス停08:54お祭バス停09:22片倉橋09:2309:50塩沢橋09:5811:21塩沢右岸上段巡視路分岐11:2612:27奥後山12:3113:55奥多摩小屋13:5714:27ブナ坂14:58七ッ石小屋上分岐15:0515:06七ツ石小屋
2日目
山行
2時間44分
休憩
13分
合計
2時間57分
七ツ石小屋08:5108:53七ッ石小屋下分岐08:5409:15堂所10:17小袖鍾乳洞10:2511:18小袖緑道あがり11:22丹波山村村営駐車場11:34鴨沢バス停11:3611:44留浦バス停11:4611:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
標高1300m辺りから凍結若干
その手前より残雪、ドライ等。凍結充分注意
奥多摩小屋水場手前の巻き道雪で言えば雪庇になっている個所在り
踏み外すと大事注意
奥多摩小屋水場付近凍結足元注意
水場凍結により出ていません。上方2m付近トイの継ぎ目から若干の流れ在り。1L10分〜15分程度の流量

七ツ石小屋水場路面整備されていました歩き易い
但し 凍結注意
水場出ています

小袖乗越から登って最初の水場
出ています。しかしながら登山道から水場へ上がる処
氷瀑状態。アイゼン必要
その他周辺情報鴨沢BS付近「かゑる」火曜休み
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

今日は此処から留浦BS
岳友さんと一緒
2017年02月13日 08:24撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は此処から留浦BS
岳友さんと一緒
12
最速歩行スピードにて林道到着
マダマダ長い林道
2017年02月13日 08:54撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最速歩行スピードにて林道到着
マダマダ長い林道
10
砂防ダム完成
2017年02月13日 09:30撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防ダム完成
4
人が入るとデッカイのが判る
2017年02月13日 09:31撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人が入るとデッカイのが判る
9
塩沢橋到着
此処で一本
2017年02月13日 09:49撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩沢橋到着
此処で一本
5
あれれ
この足跡は。。。
2017年02月13日 11:24撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれれ
この足跡は。。。
13
れれれ
この足跡の持ち主は。。。
2017年02月13日 12:19撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
れれれ
この足跡の持ち主は。。。
10
奥後山
おくうしろやま
2017年02月13日 12:24撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥後山
おくうしろやま
5
雪の下に凍結箇所あり
2017年02月13日 12:35撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の下に凍結箇所あり
4
七ツ石山はお隣の其の又お隣の尾根
2017年02月13日 12:40撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石山はお隣の其の又お隣の尾根
9
この辺は気持ち良いねぇ
2017年02月13日 13:00撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は気持ち良いねぇ
9
たまに現れるドライ
2017年02月13日 13:16撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまに現れるドライ
2
隣の七つ石尾根が七ツ石に出会った後のお隣は
石尾根
2017年02月13日 13:16撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣の七つ石尾根が七ツ石に出会った後のお隣は
石尾根
5
直進はヨモギの頭
右は巻いて奥多摩小屋水場
目は直進 身体は巻き道
身体は正直
utakiさん ごめんなさい
2017年02月13日 13:22撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直進はヨモギの頭
右は巻いて奥多摩小屋水場
目は直進 身体は巻き道
身体は正直
utakiさん ごめんなさい
7
雪庇のような
土だから
土庇
踏んだら落ちそうです
2017年02月13日 13:38撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇のような
土だから
土庇
踏んだら落ちそうです
5
スクープ
一面ぶち抜き
驚愕の奥多摩小屋水場凍結
初めて見た此処の水場が出ていない所を
2017年02月13日 13:52撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スクープ
一面ぶち抜き
驚愕の奥多摩小屋水場凍結
初めて見た此処の水場が出ていない所を
23
トイの継ぎ目から若干の流れ
2017年02月13日 13:53撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイの継ぎ目から若干の流れ
12
石尾根に出会い
2017年02月13日 13:58撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尾根に出会い
11
正面は七ツ石山
2017年02月13日 14:18撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面は七ツ石山
5
ブナ坂から巻き道へ
2017年02月13日 14:30撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ坂から巻き道へ
2
雪面しまっているが、凍結箇所あり
2017年02月13日 14:32撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪面しまっているが、凍結箇所あり
6
そしてドライ
2017年02月13日 14:56撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてドライ
3
小屋着
この前に巻き道の水場凍結修理お手伝い
2017年02月13日 15:41撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋着
この前に巻き道の水場凍結修理お手伝い
11
富士山雲隠れ
2017年02月13日 15:41撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山雲隠れ
6
小屋内部より富士山
2017年02月14日 06:58撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋内部より富士山
7
小屋に寄ったらお約束
2017年02月14日 07:03撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に寄ったらお約束
25
下の水場アイゼン無いと登れません
水は出ています
2017年02月14日 09:24撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の水場アイゼン無いと登れません
水は出ています
7
小袖集落奥の羽黒神社
2017年02月14日 10:01撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小袖集落奥の羽黒神社
6
さらに進んで
2017年02月14日 10:16撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進んで
3
此処までの道はお勧めできません
危険
2017年02月14日 10:16撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処までの道はお勧めできません
危険
7
鍾乳洞内部を柵越しにパチリ
2017年02月14日 10:22撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍾乳洞内部を柵越しにパチリ
10
さて神社に戻って
登り返して登山道へ
2017年02月14日 10:54撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて神社に戻って
登り返して登山道へ
6
壊れたゲート
2017年02月14日 10:55撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壊れたゲート
2
結構な傾斜で、あっと言う間に
登山道へヒョッコリ
こりゃ久し振りに驚いたw
2017年02月14日 11:00撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な傾斜で、あっと言う間に
登山道へヒョッコリ
こりゃ久し振りに驚いたw
8
鴨沢BSここから留浦迄徒歩
2017年02月14日 11:34撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鴨沢BSここから留浦迄徒歩
7
奥多摩駅到着
2017年02月14日 12:46撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩駅到着
2
やっちまった
裾汚しちゃった
2017年02月14日 12:51撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっちまった
裾汚しちゃった
15
撮影機材:

感想/記録

奥多摩の岳友さんと山道歩き。テッペン等に執着しない変態二人の珍道中。
本来今月16日〜17日で曇取山で2017 2 17に2017mの上から日の出を っとまあ お茶目な企画に乗っかったゴンゾウでしたが諸般の事情により行けなくなりました。そんな時優しい岳友さん別企画をオーダー ヨモギ尾根。
随分前に歩いた記憶がありますヨモギ尾根。問題は積雪ですね。
まぁ南斜面が多いから大丈夫だべっとお気楽に。

奥多摩駅からバスの時間が合わないので「こすげの湯」行きのバスで留浦バス停下車。少々早めの歩行速度にてお祭りバス停後山林道から塩沢橋迄舗装路歩き。以前砂防ダム建築中によりダンプの往来が激しかった林道もダム完成か 車の往来無し。そしてデッカイダムが出来上がっていました。
塩沢橋にて1本立てて沢沿いに進みますが所により斜面崩落による土砂堆積そしてザレて注意が必要です。
路面はドライ所により残雪少々。そして標高1300m辺りから積雪範囲が広がり凍結箇所も出てきます。
作業道との分岐では殆ど表示がありますが地図コンパスにて要確認。
殆ど雪面にトレース有りますが今後は不明です。道表示も小さい物ばかりですので注意が必要です。
1番安心なのは地形図にルート書き込み地形見ながら確認しながら がよろしいかと。
ハイライトは
奥後山と思われたピークで右側尾根に在る七ツ石山を見ながら彼が山座同定
どうしても位置が合わない。
それじゃあって
GPS 座標を地形図に落とし込むと小ピーク2つ手前だった事が判明。二人ともスッキリw
2人の野生の勘がシンクロした瞬間w
奥後山過ぎた所で若干道を外したがすぐに復帰し気持ちの良い細い尾根上を進む。
少し進むと最後の分岐。此処を直登するとutakiさんに教えてもらったヨモギの頭へ詰めるルート。右に巻くと奥多摩小屋水場へと向かう本線。
目は直登ルート足は巻き道 身体は巻き道速決3秒w

Utakiさん次回は是非直登します。

此処で衝撃の事実。スクープ
奥多摩小屋水場凍結。上の方はタラタラ程度1リットル採るのに10分〜15分程度。
水場は氷瀑の美しさではあるがツルツル滑るは水は溜まらないはで御注意御注意
僕は初めて奥多摩小屋水場が出ていない状況を目にしました。

七ツ石小屋へ降りて小屋にて焼そばパーティー   の 前に 水場からのホースが凍結其の対応お手伝い終らせて薪火焼そばパーティー
外気温➖10℃室温不明の中薪ストーブに乗せたフライパンで焼そば。二回目の体験w

翌日早朝気温➖8℃快晴
小袖集落へ一度下山。小袖川上流へ小袖鍾乳洞迄の道探し。
羽黒神社迄戻り裏の踏み後を辿り登山道復帰。驚くほどのアッサリ復帰w

小袖集落〜鍾乳洞は危険ですお勧め出来ません。鍾乳洞は入ることが出来ません。
訪問者数:649人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/7
投稿数: 732
2017/2/14 21:57
 早速 行ってきましたね(*^^)v
こんばんは gon兄さん

もうこのコースにいっちゃいましたか
いいコースですね
私もUtakiさんのレコみて気になりました
行ってみたいです!

しかし今年は寒いのですかね 奥多摩小屋の水場が凍っているのを初めて見た!
ってことは  そして七ツ石小屋水場修理 ご苦労様ですm(__)m

曇取山で2017 2 17に2017mの上から日の出を見る
あらぁ〜 いい企画でしたね でも残念 来年はもうできない企画ですものね(◞‸◟)

パパちゃんは小屋に移住ですか
それにしても 兄さん 歩くの早すぎです(@[email protected])

追伸
 この前ご一緒して以来 毎日PCで眺めていました
 あぁ〜 うぅ〜ん ため息ばかりついてます 恋しちゃったのかしら(#^^#)
 危なく ポチ ってしそうになります
 お気に入りに登録しちゃったので いつでもすぐに見られるのがいけないのです
  
 あっ ザックの話ですよ
          
                    シルフ 
登録日: 2014/11/1
投稿数: 68
2017/2/15 10:26
 さっそくのヨモギ尾根
gonzousecondさん、こんにちは。

さっそくのヨモギ尾根、さすがです。
自分が歩いて数日後に降雪があったので
どんな様子か気になってました。

奥多摩小屋への巻き道も要注意みたいですね。
直登のほうが危険が少ないような…(笑)

自分もこんど小袖集落のほうに下りたいと思います。
鳥居が左下に見えた辺りの踏み跡ですよね。

次回の直登楽しみにしてます。
登録日: 2014/4/27
投稿数: 2009
2017/2/15 13:01
 Re: 早速 行ってきましたね(*^^)v
YY姐さんまいどのこんちわ

ヨモギ尾根は随分前に一度歩いたけど雪は初めてで
雰囲気が随分違って迷いそうな所も2か所ほど
雪融けなら迷う事も無い処です。地図読み出来れば問題ありません。
今年の奥多摩は雪は少ないけど気温が低いですね。

ザック
割引しているショップは売り切れたらしいです。
ネットには商品も出ていなかったですね。
実店舗なら
高田の馬場 カモシカスポーツに有りました。
何処でも定価売りですね。

林道歩きが長いから歩行スピードこんなもんです。
登録日: 2014/4/27
投稿数: 2009
2017/2/15 13:23
 Re: さっそくのヨモギ尾根
utakiさんまいどのこんにちは

丁度誘ってくれた人が、ヨモギ尾根か七ツ石尾根どちらかのオーダーでしたので
迷わず「ヨモギ尾根」

奥後山先のトラロープ付近が積雪点在で道が在るのか無いのか見えず
記憶でトラロープ右って残っていたので少々進んだだけで復帰しました。
積雪期の巻き道は怖いですね
直登がセオリーですね。

小袖の集落へ降り口 二か所在りまして
1つは、登山道右側に東京都水道局の大き目なカラフル看板手前を進行方向やや左への明確な道が在ります。此処を降りると九十九に折れて集落入り口に出ます。
もう一つは
登山道右側の神様(お賽銭が乗っている処)少々手前を左に戻る様に降りる落ち葉に隠れた薄い踏み跡があります。其処から二度折り返すと羽黒神社裏に出ます。最初の折り返しで進み過ぎてザレ場迄進まないで下さい。
其処から民家の正面を抜けると先程の小袖集落入り口に出ます。
鍾乳洞方面は、鹿避け格子を二度抜けて細いザレたオットットな道を進みます。
後半は落石注意です。僕が歩いている時も2度ほど落石が発生していました。
沢沿いの道なので迷う事は無いです。
僕のトレースを拡大すると明確に出ています。
ご参考まで。

直登は 雪融け後ですね
登録日: 2012/10/27
投稿数: 1982
2017/2/15 14:41
 ヨモギおねぇですか!
ごんぞうさん、こんにちは。

昔のごんぞうさんなら黙って直進したと思います。
おいちゃんは悲しい
でも、クマさんにも襲われずに戻ってくれたので良しとしましょう

焼そばパーティーがあったんですね
袋麺や肉は出したら凍ってたなんてことは?
写真が無いのは失敗した?

小袖集落へはゴミ捨てのお使いですか?
その先に鍾乳洞もあったんですね!
夏は涼しくてよく眠れそう

今年は晴れ男で行けそうですね
登録日: 2014/4/27
投稿数: 2009
2017/2/15 15:34
 Re: ヨモギおねぇですか!
マコトさんまいどのこんにちわ

雨降られませんねぇ
どうしちゃったんでしょかねw
雨降らない晴れ男の代償として気力体力を悪魔に捧げてしまいましたw

焼きそば6食分上手く出来ましたよ
撒きストーブで作ったんで忙しくてカメラ持つ暇がありませんでした。
両手油でカメラ持ったら じぇじぇじぇのじぇぇ〜〜〜

一緒に行った人が僕と同じような人で
テッペンに興味の無い「変態パーティー」だったので
2人で地図読みながら新しいルート探しに徹していました
そんなこって、小袖のディープな世界を堪能してきました
久し振りに、満足感タップリの良い山歩きが出来ました。
これぞ真のgonzouワールド
登録日: 2013/11/21
投稿数: 1708
2017/2/17 0:11
 クマさんに会わなくて良かったですね。
ごんぞうさん、こんばんは。
七ツ石小屋でのお好み焼きパーティが、遠い昔のように感じられる今日この頃です。
小屋から富士山がとても良く見えるんですね〜
ところで、ごんぞうさん、最近晴れの山行が続いていますね
もうこれは晴れ男なのでは??
登録日: 2014/4/27
投稿数: 2009
2017/2/17 15:32
 Re: クマさんに会わなくて良かったですね。
アノ足跡は2〜3日前のでしょうかね。
ってぇ事は、土曜日だったら逢えたのに。。。w

ドリトスさんまいどのこんにちは

あれれ? ドリトスさん小屋から富士山見えなかったっすか
あぁーー そう言えば雪降ったり吹雪いたりでしたね
降りは晴れていたのに
流石 gonzou日和

どうやら僕のザックに常駐していた雨雲は、あの日を境に
アノメンバーの何方かのザックに。。。ッヒッヒッヒ
ドリトスさん 今の内にザック内確認した方が良いっすよぉ〜

今度は是非、小屋の窓から見える富士山を堪能してください。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ