また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1065424 全員に公開 雪山ハイキング道南

山美湖「やまびこ(途中まで)」

日程 2017年02月13日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候小雨 → 曇り → 雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
おぼこ荘駐車場に駐車させていただいた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間30分
休憩
20分
合計
2時間50分
S八雲温泉おぼこ荘11:4512:38おぼこ山の家12:4313:36おぼこ山の家13:4714:29八雲温泉おぼこ荘14:3314:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 久々の山行。と言うか、慣らし運転的な散歩+温泉のつもりで、以前より行ってみたかった雄鉾岳麓にある「山美湖」へ。

 札幌を8時過ぎに出発して高速経由で、おぼこ荘に11:30着。あわよくば、雄鉾岳登山口まで車で入れるかと思っていたが、そう甘くは無かった…。

 おぼこ荘で駐車場をお借りして、いざ散歩が始まる。相方はスノーシュー。自分はワカン。

 林道は、途中の地熱発電現場までは、時々除雪が入っているようで、積雪はせいぜい10センチ程度。その後は次第に増えて行ったが、大したものでは無かった。案の定,出だし早々から足が重く、スノーシューの相方に常に先行してもらい、後を付いて行く感じ。おぼこ山の家からも林道跡っぽい感じが続いたが、途中の橋が2か所で落ちていて、何回かの渡渉。ここでスリップ転倒し、右半身が冬に完全水没…。幸い、気温も高めだったのと、もう30分程度の距離と判断し歩を進めるが、次に相方の長靴が経年劣化でボロボロと割れ落ちて穴あき長靴状態に…。これでの渡渉で、あえなく水没。まあ、もう少しだからと歩を進めるも、前方に防砂ダムが現れ,ノックアウト…。(防砂ダムがあることは把握していたが、越えようとする気持ちになれなかった。)

 冬景色の山美湖のバックに雄鉾岳の雄姿を写真に収めたかったが,次回のお楽しみとなった。

 当初の想定としては,山美湖までの鉛川は、完全積雪状態か,凍結しており,楽な散歩だと考えていた。ところが、積雪は少なく,しかも凍結もしていなく,冬期の沢歩き的な感覚だった。
その他周辺情報下山後は、おぼこ荘に泊。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

おぼこ荘に駐車し、
2017年02月13日 11:45撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おぼこ荘に駐車し、
1
雄鉾岳登山口への林道をスタート。
2017年02月13日 11:51撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄鉾岳登山口への林道をスタート。
1
途中、前方に櫓。(後に宿で聞いたところ地熱発電の設備とのこと。)
2017年02月13日 12:08撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、前方に櫓。(後に宿で聞いたところ地熱発電の設備とのこと。)
櫓以降、除雪されていないが、大した積雪では無かった。
2017年02月13日 12:15撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫓以降、除雪されていないが、大した積雪では無かった。
鉛川に沿った林道を進み、ほどなく雄鉾岳登山口着。約5年振りだろうか?
2017年02月13日 12:33撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉛川に沿った林道を進み、ほどなく雄鉾岳登山口着。約5年振りだろうか?
この先は、未踏の地。橋を渡って
2017年02月13日 12:37撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は、未踏の地。橋を渡って
1
おぼこ山の家。施錠されており、中には入れず…。
2017年02月13日 12:38撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おぼこ山の家。施錠されており、中には入れず…。
2
山の家の先も、林道っぽい跡を進んで行く。
2017年02月13日 12:43撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の家の先も、林道っぽい跡を進んで行く。
右手の山は、満願展望台だろうか?
2017年02月13日 12:43撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手の山は、満願展望台だろうか?
左には、柱状節理な岩を見ながら、
2017年02月13日 12:46撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左には、柱状節理な岩を見ながら、
1
鉛川に沿って遡上して行く。その鉛川は、丸石積みの護岸だった。
2017年02月13日 12:47撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉛川に沿って遡上して行く。その鉛川は、丸石積みの護岸だった。
1
最初の橋跡。長細い雪の塊は橋桁の跡。自分は、ここから渡ろうとしてドボン…。
2017年02月13日 12:53撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の橋跡。長細い雪の塊は橋桁の跡。自分は、ここから渡ろうとしてドボン…。
4
相方は、そのまま右岸を進み、その先で長靴が水没…。
2017年02月13日 12:56撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相方は、そのまま右岸を進み、その先で長靴が水没…。
2
まあ、気温も高めだったし、間もなく山美湖に着きそうとのことで、進むが防砂ダムに意気消沈…。ここで戻ることにする。
2017年02月13日 13:11撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあ、気温も高めだったし、間もなく山美湖に着きそうとのことで、進むが防砂ダムに意気消沈…。ここで戻ることにする。
4
おぼこ荘の晩ごはん
2017年02月13日 18:30撮影 by SO-03D, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おぼこ荘の晩ごはん
8
おぼこ荘の朝ごはん
2017年02月14日 07:37撮影 by SO-03D, Sony Ericsson
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おぼこ荘の朝ごはん
7
部屋のお風呂で。
2017年02月14日 08:30撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
部屋のお風呂で。
7
訪問者数:217人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ