また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1066298 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

八方尾根BC:無名沢からガラガラ沢にエントリーできず

日程 2017年02月16日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、尾根は強風(瞬間風速20m/s以上か)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
第五駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間21分
休憩
0分
合計
3時間21分
S八方池山荘09:2409:44石神井ケルン09:55八方山10:15八方池12:31白馬八方温泉 おびなたの湯 12:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<註>()内は予定、BC外、標高、準備時間
( 7:03(7:10) 自宅 )
( 8:08-11(8:15-20) 第5駐車場 )
( 8:14-32(8:25-30) インフォメーションセンター シャトルバス )
( 8:43-52(8:40-45) ゴンドラ下 登山届 )
9:15-25(9:15-20) 八方池山荘 シール装着
10:34-50(16")(10:55-11:00) 下ノ樺(2,145m) ドロップポイント
( 11:50-12:00 2,361mP ドロップポイント )
登り:1'09"(1'35") 標高差:322m 速度:280(203)m/h
11:00(12:15) 無名沢上流(1,830(1,900)m) トラバース
11:03-06(3") 1,780mP 下り過ぎた エントリーポイントまでシールアップするか新たなエントリーポイントを探すか迷う。トラバースするトラックに魅せられ下る
( 12:20 ガラガラ沢エントリーポイント(1,825m) )
11:09-10(1") 1,750mP ハイクアップしているトラックがガラガラ沢へのエントリーポイントがあるか疑問、無名沢に戻ることに。昨年、滑っているので不安はない 
11:23-25(2") 南滝(1,330mP)
11:28-32(4") 1,280mP 暑い ミッドウエア、ネックウォーマー、ゴーグル等を脱ぎ、アウターのベンチレーターを開ける アミノバイタルを飲む
11:47 渡渉せずに済む(1,130mP)
11:51-57(6") シールアップ(1,130mP)
12:06-1387") シール脱ぐ(1,140mP) ドロップポイント
( 12:35 ガラガラ沢下(1,080m) )
( 12:40-50 渡渉ポイント(990m)
( 13:00-05 林道ドロップポイント(1,000m) )
12:28-30(13:15) 二股(830m)
下り:1'38" 延標高差:1,335m 速度:817(1,849)m/h
BC:3'03"(3'55") 延標高差:1,657(2,089)m 速度:543(533)m/h
12:45-48(13:40-45) 第5駐車場
( 13:50(14:45) 自宅 )
Door to Door:6'47"(7'35")
コース状況/
危険箇所等
登山届はゴンドラ下発券所で提出
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー ハードシェル タイツ 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 ガムテープ 保険証 携帯 サングラス ツェルト ストック カメラ ビンディング スキー板 シール ミッドウエア アウター(下)

写真

何時も迎えてくれる白馬三山@アルペンクワッド上
2017年02月16日 09:08撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何時も迎えてくれる白馬三山@アルペンクワッド上
1
五竜岳と鹿島槍@グラートクワッド上:ここからの景色が好きだ
2017年02月16日 09:12撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜岳と鹿島槍@グラートクワッド上:ここからの景色が好きだ
3
BCの人が既に登っている
2017年02月16日 09:12撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
BCの人が既に登っている
1
五竜岳をアップ:いい雄姿だ
2017年02月16日 09:12撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜岳をアップ:いい雄姿だ
3
鹿島槍:厳冬期にはとても登れないので見るだけ
2017年02月16日 09:12撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍:厳冬期にはとても登れないので見るだけ
3
八方池山荘でいよいよハイクアップ:既にかなりの人は入っている
2017年02月16日 09:22撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池山荘でいよいよハイクアップ:既にかなりの人は入っている
?沢:やはりここを滑りたい。今日も誘惑に負けそうだったが登山届を出しているので次回に
2017年02月16日 09:35撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
?沢:やはりここを滑りたい。今日も誘惑に負けそうだったが登山届を出しているので次回に
2
雪はたっぷりある
2017年02月16日 09:35撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はたっぷりある
2
今シーズンもよく滑った南面
2017年02月16日 09:49撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今シーズンもよく滑った南面
1
唐松岳、dルンゼも雪がたっぷりついている
2017年02月16日 09:49撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳、dルンゼも雪がたっぷりついている
2
白馬三山@八方池上
2017年02月16日 10:16撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山@八方池上
2
今日はこの下ノ樺からエントリー
2017年02月16日 10:50撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はこの下ノ樺からエントリー
3
いい斜面:しかし風で意外とパックしていた
2017年02月16日 10:51撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい斜面:しかし風で意外とパックしていた
2
下ってきた無名沢
2017年02月16日 10:52撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ってきた無名沢
2
無名沢上流部
2017年02月16日 10:58撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無名沢上流部
1
ここがトラバースポイント
2017年02月16日 11:01撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここがトラバースポイント
1
ガラガラ沢を諦め、無名沢に向かう
2017年02月16日 11:12撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガラガラ沢を諦め、無名沢に向かう
1
不帰ノ嶮:近い
2017年02月16日 11:12撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰ノ嶮:近い
3
無名沢を滑る
2017年02月16日 11:18撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無名沢を滑る
2
この下に南滝:初めてのトライ
2017年02月16日 11:20撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この下に南滝:初めてのトライ
1
南滝:水の音が聞こえ緊張する
2017年02月16日 11:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南滝:水の音が聞こえ緊張する
3
こちらが高巻からのルート:昨シーズン膝を痛めた所だ
2017年02月16日 11:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが高巻からのルート:昨シーズン膝を痛めた所だ
1
左が八方押出、右がガラガラ沢:まだガラガラ沢のトップからは滑っていない
2017年02月16日 11:58撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が八方押出、右がガラガラ沢:まだガラガラ沢のトップからは滑っていない
5
エントリーポイントをを確認:しかし、何とトラックの多いことか
2017年02月16日 12:08撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エントリーポイントをを確認:しかし、何とトラックの多いことか
5
トライアングルとはどこかまだはっきりしない
2017年02月16日 12:10撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トライアングルとはどこかまだはっきりしない
3

感想/記録

今日は久しぶりに雪崩を気にしないで滑れそうであり、天気もいい。しかし、午後が暖かくなりそうなので早めに下りたい。
しかし、雪崩情報を確認するため自宅初は7時過ぎ。
通勤ラッシュや国体が開催されており、遅れるか心配したがBCスタートは5分遅れで済んだ。
ゲレンデは意外と空いている。勿論、国体会場辺りは活気がある。
登ると以外と風が強い。南西の風になると思ったが北西の風が強い。尾根では瞬間風速20m/sを越えそうだ。身体が持っていかれそうだ。
しかし、暖かい(0℃程か)ため寒さは感じない。
下ノ樺に到着(後でチェックすると意外と早く着いた)。
ここから2,361mPへの登りを想像する。風が強いし、ここから滑るかとすぐに妥協する。
以前にも滑っているので不安はない。だれも滑っていないし意外と雪面が美味しそう。(しかし、風でパックされパウダーとはいかない。)
滑っていくと先に1名下っている。更に、2,361mpから滑ってくる人がいる。写真を撮ろうとしたが、岩陰にかくてシャッターチャンスを逸する。
ここからガラガラ沢へのトラバースポイントを探る。右の壁が急なので中々行けない。するとトレースらしいのを発見し、そこに向かって滑る。
しかし、気付くとガラガラ沢のエントリーポイントより50m程低い。
ハイクアップしようかと思っていると更にトラバースしているトラックがある。そのトラックに魅せられて跡を追う。
しかし、やはりハイクアップすることに。でもその向こうにエントリーポイントがあるか分からない。
ここで諦め、昨年滑った無名沢へのルートに戻ることにした。
意外とトラックが少ない。スキーヤーズレフトはもこもこしているのでライト側を滑る。
何時もは南滝を巻いていくのだが、雪も多くトラックもあるため南滝に挑戦する。
しかし、トラックの主は滝壺に落ちたらと巻道へ戻るところだった。
一瞬迷うも、多くの人が下っているので通れないはずがないとトライする。緊張はするが難しいトラバースではなかった。
一安心とわずかな上りで暑さ対策(脱げるものを脱ぐ)。
堰堤が埋まっており、難なく通る。渡渉も堰堤近くは何とつながっている。スキーで一気にわたる。
ガラガラ沢が正面に見えてきたのでエントリーポイントを確認。やはり、1,825mPあたりがベストのようだ。
二股から歩いていると外人のワンボックスカーに声を掛けられ、乗せてもらい、今回もラッキー。
次回は何としてもガラガラ沢のトップからエントリーしたい。
訪問者数:837人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

渡渉 雪崩 堰堤 ルンゼ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ