また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1068602 全員に公開 雪山ハイキング富士・御坂

厳冬期の富士・宝永山 御殿場口より須山口登山道へ周回

日程 2017年02月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富士山登山道御殿場口に近い太郎坊洞門横の駐車場に駐車。
水ヶ塚公園に止めるつもりでしたが、朝5時時点で余裕で止められたので出発地変更。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
富士は展望が開けているので、それぞれの目標物が意外と近いように見えますが、行けども行けども着かない感覚に陥ります。富士の山体が巨大すぎるが故に距離感が狂うのだと思いますが、時間配分にも注意が必要です。
コース状況/
危険箇所等
雪そのものは少ないのですが、雪のある場所はカチコチのアイスバーンなので、歩きにくい上に装備も省けない、難儀な状態です。
富士山ならではの爆風には注意。決して体重が軽い方ではありませんが、何度か煽られそうになりました。耐風姿勢をすぐとれるようにしておきましょう。
その他周辺情報渋滞前に帰りたかったので、東名高速道路足柄SAにある「金時の湯」で入浴。
一人640円。タオル(要返却)が付きます。
風呂からの眺望はありませんが、疲労回復に良い炭酸泉です。
帰りを急ぎたい人には良いと思います。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ハードシェル ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター バラクラバ 毛帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ヘルメット

写真

まだ夜明け前の御殿場口。
2017年02月19日 06:03撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ夜明け前の御殿場口。
朝日に照らされた富士と宝永山
2017年02月19日 06:53撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に照らされた富士と宝永山
1
空は快晴。雪は少ないですが、カチコチ。
黒く見える場所も透明の氷が張っていたりします
2017年02月19日 07:14撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空は快晴。雪は少ないですが、カチコチ。
黒く見える場所も透明の氷が張っていたりします
1
山腹には雲が沸いています。
斜面は強風で、雪や小石が飛んできます。
2017年02月19日 07:15撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山腹には雲が沸いています。
斜面は強風で、雪や小石が飛んできます。
1
富士の山体は巨大なので、他の山とは距離感が狂います。
行けども行けども山が近づいてこない!
2017年02月19日 09:14撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士の山体は巨大なので、他の山とは距離感が狂います。
行けども行けども山が近づいてこない!
1
どうにか宝永馬の背へ。
大迫力の宝永火口と富士本峰。
2017年02月19日 09:34撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうにか宝永馬の背へ。
大迫力の宝永火口と富士本峰。
1
宝永山登頂。
強風と足場の悪さに4時間以上も要してしまいました。
2017年02月19日 09:41撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山登頂。
強風と足場の悪さに4時間以上も要してしまいました。
1
目の前には駿河湾。絶景です。
2017年02月19日 09:41撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前には駿河湾。絶景です。
1
下山は宝永火口を経て須山登山道へ。
底から見上げる宝永火口。
2017年02月19日 10:21撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は宝永火口を経て須山登山道へ。
底から見上げる宝永火口。
2
宝永火口全景。少し雲が多くなってきました。
2017年02月19日 10:41撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永火口全景。少し雲が多くなってきました。
2
下山はサクサクのつもりが、樹林帯で道間違えた・・・。
でも、そのおかげで、幕岩に立ち寄れました。
2017年02月19日 12:13撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はサクサクのつもりが、樹林帯で道間違えた・・・。
でも、そのおかげで、幕岩に立ち寄れました。
1
御殿場口帰還。無事の山行に感謝です。
2017年02月19日 13:01撮影 by RICOH WG-M1, RICOH IMAGING COMPANY, LTD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿場口帰還。無事の山行に感謝です。
1
撮影機材:

感想/記録

冬の富士の厳しさを垣間見た山行でした。
天候は快晴、気温もさほど低くない、条件としては悪くない状態でしたが、富士の強風は侮れないものでした。耐風姿勢のまま、飛んでくる小石や雪の欠片に打たれつつ、じっとやり過ごすしかない状況も二度三度ではなく、予想以上に時間を要しました。
また、時折、こぶし程度の石も転がってくるので、ヘルメットは絶対必要です。
しかし、宝永山山頂に立ち、厳冬期の富士本峰を宝永火口越しに見上げた時の大迫力は、ここまで来てよかった思わせてくれるものでした。
訪問者数:434人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ