また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1069838 全員に公開 ハイキング東海

百々ヶ峰(源太峰〜百々ヶ峰)

日程 2017年02月21日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
自転車

過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

感想/記録

腰痛と天気のため、山登りを2週お休みしてしまった。
今回は源太峰から百々ヶ峰までの縦走を計画。
下山はどこにしようか悩んだが、とりあえず諏訪神社に
自転車を停めておくことにする。

諏訪神社の隣りの道路の奥に自転車を停め、9:09に徒歩スタート。
三田洞自動車学校へ行くつもりが、どこで間違えてしまったのか
三田洞公園のほうへ行ってしまい、文化財保護センターの裏手の
登山口に着いたのが9:55。

9:57に登山開始。
今回はウェブにあったルート地図を持ってきたのでさくさく進む。
途中で妙に暑いなと思ったら、ズボンの下履きを履いたままだった。
いつも登山のときは家で脱いできていたのに忘れてしまった。
いつも何か忘れ物をするので、今日は細心の注意を払ったのだが
思わぬ落とし穴があった。幸い人も全然いないので、
平らなところに出たら脱ぐことにする。

やがて5番鉄塔と6番鉄塔の間の分岐点に到着。
ここなら大丈夫だと一気に下履きを脱いで、ズボンと靴を履き直した。
(もちろん一瞬パンツ一丁になった)これで心置きなく登山ができる。
その分岐点から左に折れて、やがて10:25に源太峰に到着。

10:32に源太峰を出て、ここから百々ヶ峰までの縦走スタート。
さきほどの分岐点を6番鉄塔のほうに進む。やがてその鉄塔を越え
別の送電網の37番鉄塔を超えたこから、尾根筋の快適な道になる。
歩きやすいすてきな山道を進むと、11:16にアスファルトの車道に出た。

ちょうどベンチがあるので休むが、風が強く、寒くてゆっくりしていられない。
11:22にはさらに南を目指して出発。しばらく急坂を登ると、
また尾根筋の歩きやすい道になる。ところが、鳥居のあるところを過ぎ、
13番鉄塔も過ぎ、14番鉄塔の方向を示す標識を過ぎたころから
急に歩きにくくなる。右山で進むが、斜面に心なし段差がある程度の道で
下へ滑りそうになる。またところどころ、明らかに崩れているところもある。
この道で大丈夫かなと思うあたりにはたいていプラスチックの階段があるので、
何とか間違えずに行けたが、その階段も崩れかけているところがあり、
体重をかけていいかどうか確認しながら進む。

やがてその道は、14番鉄塔の方向を示す標識のあるところで突き当たる。
14番鉄塔は左に折れた道の先にある。だが地図でルートを確認すると
14番標識までは行かずに右折するように見える。
ここで右折して上へ登っていくのかと思い、それらしい道を探っていくが
どうもこれが道には見えない。そのほか、そのあたりの行けそうなところを
うろうろするが、道らしい道はない。今までの経験では、こういうところで
無理に進むとろくなことがないので、とりあえず14番鉄塔まで
行ってみることにする。

すると、14番鉄塔の手前で、はっきりとわかる分岐道があった。
ここの分岐には、ウェブでよく見る藍川北中の看板もある。
ほっとしてしばらく進むと、やがて12:17に白山展望地に到着。
ここで家から持参したおにぎりを一つ食べる。
今日は雲に隠れて御嶽山が見えないが、その手前の山々が
冠雪してきれいに見える。12:25に出発。

今日は権現山はもういいかなという感じだったので、そこからは
アスファルト道をてくてく歩き、トイレ休憩をはさみながら、
12:50ごろ百々ヶ峰山頂に到着。久しぶりだからか今日はやけに疲れた。
山頂はいつも人がいるが、しばらく一人だけになったので、
ぼうっと一人の時間を満喫しながら、残りのおにぎりを食べる。

13:10に西峰めざして出発。帰りは諏訪神社ルートを行き、
岩崎ルートの分岐点がわかれば岩崎ルートで帰るつもりで、
とりあえず13:30に西峰に到着。そのまま諏訪神社ルートに進み、
右への分岐がないか注意しながら進むが、気づかないまま
かなり下まで来てしまった。しかたなくそのまま諏訪神社ルートを進む。
以前このルートは道迷いしたことがあったので、気をつけながら
進むと、あっけなくふもとに到着してしまった。
以前は枯れ葉が多かったから、ルートがわかりにくくなっていたのだろうか。
今回は迷う箇所は一つもなかった。14:13下山。

疲れていたので、すぐ近くに自転車があってよかった。
ただ帰りも風が強く、自転車が全然進まなかった。
訪問者数:321人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

道迷い 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ