また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1070311 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

三宅島  雄山中腹の七島展望台へ 伊豆諸島南部4島その6

日程 2017年03月22日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ(前日の悪天候により大風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
お宿に車を駐めたまま、徒歩で周回しました。

三宅島から東京への東海汽船の船は、他の島に比べると就航率は高くなります。
三宅島から東京へ約6時間の船旅です。それでも前日夜に八丈島経向かう船が欠航になった場合、帰る船がなくなるので、天候が回復しても東京へ戻ることができなくなります。
そういうときは、調布への飛行機が熾烈な争いになるようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間47分
休憩
10分
合計
2時間57分
S阿古集落06:2406:45七島展望台登山口06:4607:42環状林道合流点07:4307:53七島展望台(二男山)07:5608:04環状林道合流点08:0808:24南戸林道終点08:2509:21阿古集落G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
阿古集落〜阿古ジオトレッキングルート入口
集落の中の狭い舗装路を出た後は、島内一周道路を歩きます。片側に歩道があるので安全です。

阿古ジオトレッキングルート入口〜環状歩道合流点
とてもよく整備されたアスファルト舗装路をずっと登っていきます。

環状歩道合流点〜七島展望台
火山灰を切った、幅の広い坂道を登ります。

環状歩道合流点〜南戸林道終点
基本的によく整備されたコンクリート舗装の道を進みます。多少ですが路面が荒れたところもあります。

南戸林道終点〜阿古集落
上の方は少し路面が荒れたコンクリート舗装の道を下ります。下の方はやけに新しくてきれいな部分もあります。最下部は少しだけ狭めになります。
その他周辺情報島の南側阿古にふるさとの湯があります。夕暮れ時におすすめです。
水曜日はお休みなので、お宿に下山後にシャワーを使わせていただきました。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

悪天候でどんよりした三宅島にヘリで近づきます。
結果的には船でも御蔵島を出ることができましたが、安全策です。
2017年03月21日 11:14撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪天候でどんよりした三宅島にヘリで近づきます。
結果的には船でも御蔵島を出ることができましたが、安全策です。
この程度の雨風では、軽々と離着陸させてしまうようです。
2017年03月21日 11:21撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この程度の雨風では、軽々と離着陸させてしまうようです。
1
雨なので観光です。
大路池です。
2017年03月21日 12:38撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨なので観光です。
大路池です。
1
阿古の鯖が浜港に、御蔵島から来た橘丸が一生懸命に着岸しています。
2017年03月21日 13:36撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿古の鯖が浜港に、御蔵島から来た橘丸が一生懸命に着岸しています。
1
めがね岩です。すべて溶岩流が固まったものです。
2017年03月21日 13:42撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
めがね岩です。すべて溶岩流が固まったものです。
2
ここからが登山です。もっともすべて舗装路ですが。。
2017年03月22日 06:24撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが登山です。もっともすべて舗装路ですが。。
1
港の桟橋を見ると、、
そりゃ船が欠航になるわけです。
2017年03月22日 06:01撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
港の桟橋を見ると、、
そりゃ船が欠航になるわけです。
1
集落の中の細い道を歩きます。
2017年03月22日 06:32撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
集落の中の細い道を歩きます。
島を一周する大通りに出ました。
2017年03月22日 06:36撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
島を一周する大通りに出ました。
途中に小さな神社がありました。
2017年03月22日 06:45撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中に小さな神社がありました。
ここで、山の方へ入っていきます。
2017年03月22日 06:45撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで、山の方へ入っていきます。
舗装された歩きやすい登り坂です。
2017年03月22日 06:47撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装された歩きやすい登り坂です。
整備のされ方は半端ではありません。
2017年03月22日 06:51撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備のされ方は半端ではありません。
振り返ると海が青く見えています。
2017年03月22日 06:53撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると海が青く見えています。
東側には御蔵島がよく見えました。
まだ山頂部に少し雲がかかっています。
2017年03月22日 06:56撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側には御蔵島がよく見えました。
まだ山頂部に少し雲がかかっています。
2
新澪池跡です。
かつてはきれいな池だったのが、噴火の時に1日で水が干上がったようです。
2017年03月22日 07:03撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新澪池跡です。
かつてはきれいな池だったのが、噴火の時に1日で水が干上がったようです。
山頂部の稜線です。
2017年03月22日 07:15撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部の稜線です。
4
噴火やガスの影響でまったく大きな樹木はありません。
2017年03月22日 07:19撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴火やガスの影響でまったく大きな樹木はありません。
3
道路の横に地層が出ていました。
2017年03月22日 07:25撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路の横に地層が出ていました。
1
枯れ草と青い海がとてもきれいです。
2017年03月22日 07:29撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れ草と青い海がとてもきれいです。
1
広々とした斜面が海まで下っています。
2017年03月22日 07:31撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広々とした斜面が海まで下っています。
2
深い谷が切れ落ちています。
2017年03月22日 07:32撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い谷が切れ落ちています。
3
環状林道合流点に着きました。
立派なトイレがあります。
2017年03月22日 07:42撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
環状林道合流点に着きました。
立派なトイレがあります。
合流点の東方向です。
2017年03月22日 07:42撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合流点の東方向です。
立派な山体がよく見えます。
2017年03月22日 07:42撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な山体がよく見えます。
2
御蔵島も晴れ渡りました。
2017年03月22日 07:42撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御蔵島も晴れ渡りました。
1
合流点の西側の方向です。
2017年03月22日 07:43撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合流点の西側の方向です。
展望台へは整備された道を登ります。ジグザグに登るようになっています。
2017年03月22日 07:44撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台へは整備された道を登ります。ジグザグに登るようになっています。
2
とても手間と資金がかかっていますね。
2017年03月22日 07:49撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても手間と資金がかかっていますね。
山頂に着きました。案内板もあります。
2017年03月22日 07:53撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に着きました。案内板もあります。
4
三本岳が遙か眼下になりました。
2017年03月22日 07:53撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本岳が遙か眼下になりました。
3
神津島です。
2017年03月22日 07:54撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神津島です。
2
新島です。
2017年03月22日 07:54撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新島です。
1
小さな利島です。
2017年03月22日 07:54撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな利島です。
3
一番遠い大島もかすかに見えていました。
2017年03月22日 07:54撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番遠い大島もかすかに見えていました。
2
御蔵島はよく見えますが、100キロ以上ある八丈島は全く見えません。
2017年03月22日 07:55撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御蔵島はよく見えますが、100キロ以上ある八丈島は全く見えません。
1
合流点へ下り始めます。
2017年03月22日 07:56撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合流点へ下り始めます。
2
西側の稜線です。
2017年03月22日 07:57撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側の稜線です。
1
合流点に帰ってきました。
村営農場の跡のようです。
2017年03月22日 08:04撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合流点に帰ってきました。
村営農場の跡のようです。
1
展望台部分を振り返ります。
ジグザグに付けられた歩道がよくわかります。
2017年03月22日 08:05撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台部分を振り返ります。
ジグザグに付けられた歩道がよくわかります。
1
ここでクマの記念撮影です。
きれいな海と神津島方向で。
2017年03月22日 08:11撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでクマの記念撮影です。
きれいな海と神津島方向で。
4
こちらは山頂稜線の方向で。
2017年03月22日 08:11撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは山頂稜線の方向で。
2
歩道がちょっと荒れ始めました。
2017年03月22日 08:20撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩道がちょっと荒れ始めました。
南戸林道への分岐点です。
2017年03月22日 08:24撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南戸林道への分岐点です。
ここから阿古へ下っていきます
2017年03月22日 08:25撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから阿古へ下っていきます
ジオトレッキングのポイントです。
2017年03月22日 08:41撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジオトレッキングのポイントです。
1
どんどん海が近くなってきます。
2017年03月22日 08:43撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん海が近くなってきます。
NTTの電波塔が近づいてきました。
2017年03月22日 08:48撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NTTの電波塔が近づいてきました。
やたらきれいなコンクリートになりました。
2017年03月22日 08:50撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やたらきれいなコンクリートになりました。
1
阿古の港を見下ろします。
朝よりは波がマシにはなっていますが、まだかぶります。
2017年03月22日 08:54撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿古の港を見下ろします。
朝よりは波がマシにはなっていますが、まだかぶります。
2
阿古の北端が近づいてきました。
2017年03月22日 09:06撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿古の北端が近づいてきました。
車道に出ます。
2017年03月22日 09:08撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に出ます。
集落の方へそれていきます。
2017年03月22日 09:18撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
集落の方へそれていきます。
帰ってきました。
2017年03月22日 09:21撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰ってきました。
溶岩でやられた、阿古小中学校跡です。
2017年03月22日 10:58撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
溶岩でやられた、阿古小中学校跡です。
2
鉄骨もむき出しです。
2017年03月22日 11:00撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄骨もむき出しです。
伊豆岬の灯台に来ました。とてもきれいなところです。
2017年03月22日 11:18撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆岬の灯台に来ました。とてもきれいなところです。
4
山の上からよりも、近い分島がよく見えます。
2017年03月22日 11:18撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の上からよりも、近い分島がよく見えます。
3
心地よい海岸の道路が通っています。
2017年03月22日 11:18撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心地よい海岸の道路が通っています。
2
山を見上げます。
2017年03月22日 11:19撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山を見上げます。
1
井ヶ谷港にやってきました。
2017年03月22日 11:31撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井ヶ谷港にやってきました。
波が凄い高さまで打ち上がっていました。
2017年03月22日 11:32撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
波が凄い高さまで打ち上がっていました。
6
こちらは東海岸のサダドー灯台です。
2017年03月22日 12:04撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは東海岸のサダドー灯台です。
1
火の山峠に上がってきました。
2017年03月22日 12:24撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火の山峠に上がってきました。
ひょうたん山です。
2017年03月22日 12:24撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひょうたん山です。
1
三七山です。昭和37年の噴火でできました。
2017年03月22日 12:24撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三七山です。昭和37年の噴火でできました。
1
ここから見る稜線は特に立派です。
2017年03月22日 12:24撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから見る稜線は特に立派です。
2
空港です。これがないと閉じ込められるところでした。
2017年03月21日 12:07撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空港です。これがないと閉じ込められるところでした。
結局帰りはセスナ機で調布まで飛ぶことになりました。
2017年03月22日 15:50撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局帰りはセスナ機で調布まで飛ぶことになりました。
2
伊豆大島もよく見えました。
2017年03月22日 16:14撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆大島もよく見えました。
3
バスの時間まで時間ができたので、東京駅で食事することになりました。国会議事堂がライトアップされています。
2017年03月22日 18:21撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスの時間まで時間ができたので、東京駅で食事することになりました。国会議事堂がライトアップされています。
1
3ヶ月半ぶりの皇居です。東京都の離島ばかり訪れたので、その中心にやってきました。元旦とは違って、静かです。
2017年03月22日 18:25撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3ヶ月半ぶりの皇居です。東京都の離島ばかり訪れたので、その中心にやってきました。元旦とは違って、静かです。

感想/記録
by esprit

前日21日、悪天候が予想される状況から、ヘリで確実に御蔵島を脱出して大きな三宅島へやってきました。

風雨が強いため、その日は山歩きなどはせずに、雨でも行ける観光地などをさくっと回って宿へ入りました。

しかし、風の状況から、帰りの船がヤバいとのアドバイスを受け、風向きで使い分けられる3つも港がある島なのにと思いながらも飛行機を確保してもらいました。

夕方4時には早々と東京を船が出航しないことが決まり、島に閉じ込められる危機一髪でした。

夜が明けると雨はすっかりやんで、強い風が吹く中、眺めがよい七島展望台へと徒歩で登り始めました。
ルート自体は完全な舗装路のみなのでどうということはありませんが、周囲の島の眺望・海の青さ、島の様子、火山の山体など、見所はいっぱいで、かなり寒い以外はとてもよかったです。

三宅島は避難後の人口減少もあって見所もないのにと、現地の人までおっしゃいますが、噴火と生活の影響など、普段感じたり考えたりすることもないことをたくさん聞くことができ、それも含めてとても堪能することができました。

訪問者数:328人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 林道 クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ