また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1071826 全員に公開 山滑走磐梯・吾妻・安達太良

グランデコ〜西吾妻 スキー滑走

日程 2017年02月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間9分
休憩
1時間1分
合計
5時間10分
Sスタート地点09:5110:55一本11:0511:24西大巓11:3412:08西吾妻小屋12:3212:47西吾妻山12:4812:50シール外す12:5713:46標高1560m13:5514:52グランデコ・パノラマゴンドラ山麓駅15:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
結構樹林帯が繁茂しており思うような滑走は無理。
スキー滑走では谷側に滑走する場合が多いが、尾根を外さないコース取りが必要な場合は、谷側に滑走しない意識が重要。
コース状況/
危険箇所等
数日前に雨が降ったため、雪は重く、クラスト箇所も多々ありました。
西吾妻からの下りはコース取りが悪かったためか樹木が多く滑走はすいすいとはいきまんでした。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 着替え ブーツ ザック スコップ 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 ガムテープ 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール

写真

第3クワッド終点を降り右手の斜面をトラバース気味に樹林帯へ入ります。
2017年02月25日 10:00撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第3クワッド終点を降り右手の斜面をトラバース気味に樹林帯へ入ります。
暫くはスキー専用道路。
2017年02月25日 10:32撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫くはスキー専用道路。
西大巓へは渋滞気味のため、一休み。
2017年02月25日 11:06撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西大巓へは渋滞気味のため、一休み。
西大巓頂上はガスの中。
高齢者も結構登ってきますね。
2017年02月25日 11:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西大巓頂上はガスの中。
高齢者も結構登ってきますね。
まだまだ樹氷が発達してません。
2017年02月25日 11:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ樹氷が発達してません。
西吾妻小屋には天元台からのスキー客が大勢おり結構な賑わい。
2017年02月25日 12:08撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西吾妻小屋には天元台からのスキー客が大勢おり結構な賑わい。
2
昨年秋の吾妻小屋
2016年09月10日 14:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年秋の吾妻小屋
西吾妻頂上に到着とGPSが振動していたので、間違いなく頂上だと思うがガスの中。
2017年02月25日 12:47撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西吾妻頂上に到着とGPSが振動していたので、間違いなく頂上だと思うがガスの中。
1
ガスが切れてきた瞬間に見えたこれから降りる尾根。
右に降りすぎたので、すぐに樹林帯に引っ掛かってしまった様だ。
2017年02月25日 12:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが切れてきた瞬間に見えたこれから降りる尾根。
右に降りすぎたので、すぐに樹林帯に引っ掛かってしまった様だ。
ガスが切れた瞬間、なんとかモンスターを拝見。
2017年02月25日 12:58撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが切れた瞬間、なんとかモンスターを拝見。
2
20分も下るとこんな樹林帯となってしまった。
尾根に向かいたいのだがなかなか達しない。
2017年02月25日 13:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分も下るとこんな樹林帯となってしまった。
尾根に向かいたいのだがなかなか達しない。
ようやくここらから樹林帯を気持ちよく滑れるようになってきた。
2017年02月25日 13:48撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくここらから樹林帯を気持ちよく滑れるようになってきた。
ゴンドラリフト脇の中ノ沢横断地点。
2017年02月25日 14:43撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラリフト脇の中ノ沢横断地点。
スキー場の管理事務所脇に出てきました。
2017年02月25日 14:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場の管理事務所脇に出てきました。
この時間はまでガスのなかでしたが、この後1時間もすると青空が広がってきました。
2017年02月25日 15:24撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間はまでガスのなかでしたが、この後1時間もすると青空が広がってきました。
1

感想/記録

雲の動きをGPVで見ると、生生憎一日雲に覆われる予報ではあったが、雲のかかっている端でそれほど崩れそうもなかったので、今週もスキー滑走をしてきました。
 ただ、先週の根子岳のような快晴快適な斜面とは程遠く、滑走ではかなりストレスがたまりました。
 それと、駐車場料金が¥1,000(休日だけ)、ロープウエイが¥1,300、リフトが¥650と結構な出費となりますが、それでも標高を500m以上稼いでくれますので、ありがたいものです。
 第3クワッドリフトの終点より右手の傾斜の緩くなった斜面にスキーのトレースを見つけそれを辿っていくとシールスキーで登行するには適度な斜度の樹林帯となります。途中夏道からの大勢のスノーシュー登山客(この視界の利かない中、結構な登山客がいるのには驚き。私もそうですが、リフトでこれるので手ごろなのでしょう)と一緒となったところで、冬山では珍しい渋滞状況となったので、一休みをして再出発。それでも最後の急坂で追い抜いてしまい西大巓頂上へ到着しました。
 ここでシールを外して、コルまでのわずかな滑走を楽しみスノーシューの方を抜かしたものの、再びシールを装着して西吾妻への登り返し。当初は面倒に思えたシールの着脱もすっかり慣れてそれほどの苦にはならなくり登りも下りもスキーの楽しを満喫できるようになってきました。
 西吾妻小屋は天元台からの登山者も多く結構な賑いで、昼休みに小屋を利用できる環境はうれしい限りです。昨秋に宿泊した小屋の入り口はこの時期は2Fとなっており、歩いていては気が付かない積雪量がよくわかります。
 山小屋からは視界の利かない中を高みを目指して登ると、やがて平坦ではあるが頂上らしき場所へ到着。いよいよ滑走開始のためにシールを外す準備をしていると、ガスがなんとか抜け出し少しばかりの青空と樹氷林が眼前に広がり、慌てて写真を撮ったところそれも一瞬のことで、滑走開始時には再びガスの中となってしましました。
 頂上からは南東方向への尾根のやや右側を進むようにガイドには書かれていたのですが、ガスで方向がわからずやや南側へ行き過ぎたためか、上部ではかなりの樹林帯の滑降となってしまい、GPSで確認しながら極力尾根側に近づくにもなかなか滑りやすい場所を見つけられず1,700m地点まで達してきました。
 ここらからは幾分樹林の間隔も広がり始めたものの、数日前に雨が降った影響で積雪が重く、なかなスキーを回しきれずボーゲンと横滑りを多用してのストレスの溜まる滑走が続きました。
 それでも、1,600m付近で休憩した後は、比較的滑り易い緩斜面を樹林間に見つけて滑走し、また時たま開けた斜面を見つけてはパラレターンでシュプールを描きながら滑走してきたのですが、二十日平のかなり東側へ回り込んでしまったため、スキー場へ戻るのに若干の登りが必要となってしまいました。(シールはつけないで、スケーティングで登れる亭の斜度))
 そのため、中ノ沢の横断もスキー場の最下端部となってしまい、滑走終着は下の駐車場となり、最後はステップ登行でスキー場へと戻ってきました。
 今回の滑走は樹林帯が結構多かったので、時間はストレスなく滑走できる場所を選びたいですね。
訪問者数:502人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ