また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1073418 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳・天狗岳 「渋の湯→中山峠→東天狗→西天狗」

日程 2017年02月25日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
渋の湯 駐車場 1日 1000円
朝6時から受付
まずは旅館の入口まで車を進め、駐車スペースに一旦停めて旅館の受付にいきます
そこで車のナンバーを告げ、駐車料金を支払います
貰った領収書は車のダッシュボードに置き、外から見えるようにします
しばらく駐車スペースで待っていると、女将が誘導してくれます
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間40分
休憩
50分
合計
7時間30分
S渋御殿湯07:0007:50八方台方面・渋の湯方面分岐07:5508:10渋の湯・唐沢鉱泉分岐08:1508:50黒百合ヒュッテ09:0010:35東天狗岳10:4011:10西天狗岳11:2012:50黒百合ヒュッテ13:0013:55八方台方面・渋の湯方面分岐14:0014:30渋御殿湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
このコースの標準タイム 7時間20分
今回の計画で設定したタイム 9時間25分(1.3倍)
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ゲイター フェイスマスク ニット帽 冬用登山靴 予備靴ひも 60Lザック ザックカバー 12本アイゼン ピッケル 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト トレッキングポール(スノーバスケット) 温度計

写真

唐沢鉱泉分岐
2017年02月25日 08:11撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉分岐
中山峠〜東天狗の稜線
2017年02月25日 09:53撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠〜東天狗の稜線
西天狗岳
2017年02月25日 10:21撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳
東天狗岳の頂上から撮影
2017年02月25日 10:38撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳の頂上から撮影
天狗の奥庭コースを撮影
2017年02月25日 12:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭コースを撮影
上から黒百合ヒュッテ
2017年02月25日 12:39撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から黒百合ヒュッテ
黒百合ヒュッテのテント場
2017年02月25日 12:52撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテのテント場
撮影機材:

感想/記録

2/23の暖かい雨、その後の気温低下により、渋の湯までの道路は最悪の凍結具合でした
6時頃に渋の湯の手前の坂でスタックしてる車もあり、後続車の人たちと協力して押し上げました
冬タイヤと4駆の車を推奨します

渋の湯の駐車場は朝の6時から賑やかで、例の女将さんは誘導で忙しくしておりました
この日、渋の湯〜西天狗のコース上で出会った登山客は50人以上!

登山道入口の登山ポスト前で12本アイゼンを装着(先日の雨で凍結の心配もあったので念のため)
登山道では1日中つけっぱなしでした
トイレに行けばアイゼンを外さざるをえないのですが、登山中は催さなかったので本当につけっぱなしでした(アイゼンの固定具合は定期的に確かめましたが)
ちなみに、黒百合ヒュッテのトイレは1回200円です

渋の湯〜黒百合まではストック、黒百合〜西天狗まではピッケル
ストックは今回初めて使いましたが、慣れない内は移動速度が落ちます
ですが足への負担は軽減できたような気がします
使用ストックはスクリュー式ですが、グローブによっては固定しにくいので注意が必要です

天狗岳頂上付近は12時頃で-10度前後
風は5〜10mと穏やか
終止、日が差していたので体感温度は思ったよりも高かったです

上は
ニット帽、フェイスマスク、サングラス
ウールのインナー、化繊のインナー、化繊のミドル、フリース、ハードシェル
化繊のインナー手袋、防水アウター手袋
下は
ウールのタイツ、化繊のズボン、レインパンツ、冬用ゲイター
ウールの厚手靴下、モンベル2800

手や顔は冷たいと感じることがありましたが、痛いまではいきません
それ以外は特に問題なし
同行した仲間の方が暖かそうなグローブをしていましたが、手の冷えに苦戦してました

今回バラクラバは持っていきませんでしたが
「バラクラバあった方がいいかも?」って思う程度でした
「無いとヤバイ!」とまではいきません
これだけ条件の良い日は滅多に無いでしょう
天気に感謝します
訪問者数:289人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ