また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1073968 全員に公開 雪山ハイキング御在所・鎌ヶ岳

鎌ヶ岳〜宮妻峡からカズラ谷道ピストン〜

日程 2017年02月27日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宮妻峡の無料駐車場へ。約40台駐車可能。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間12分
休憩
1時間16分
合計
4時間28分
S宮妻峡駐車場09:5310:10カズラ滝10:1110:41水場10:4411:26カズラ谷分岐11:3611:52尾根分岐12:0012:02岳峠12:0812:13鎌ヶ岳12:5913:03岳峠13:06尾根分岐13:0713:21カズラ谷分岐13:46水場14:09カズラ滝14:1014:21宮妻峡駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【カズラ谷道】
・序盤に2回ほど渡渉あり。飛び石の間隔が微妙に広いので慎重に。
・堰堤脇の急登以降は積雪あり。基本的にツボ足で問題ないが、中盤に足元の悪いトラバースがあるため要注意。
・南斜面は雪が緩んでおり踏み抜き多発。特に下りは慎重に。
【雲母峰ルート分岐〜岳峠】
・雲母峰ルートの稜線合流後は急斜面のトラバースでピークを巻きながら進む。特に南斜面(稜線を左側に巻く)のトラバースはアイゼン、ピッケルともに効きにくいので転倒滑落に注意。
・岳峠へのトラバースは急傾斜だが北斜面のためピッケル、アイゼンがよく効いて歩きやすい。岳峠直下は日が当たるので雪はグズグズ。
【岳峠〜鎌ヶ岳】
・鎌ヶ岳ピークの東側を巻きながら登る。
・南斜面につき踏み抜き多発。稜線に乗ってからは岩稜帯で踏み抜く深さが深くなるので要注意。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ 予備電池 GPS 携帯 時計 ツェルト カメラ コッヘル ライター ガスカートリッジ コンロ ピッケル

写真

宮妻峡の駐車場。朝ゆっくりし過ぎてもう10時。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮妻峡の駐車場。朝ゆっくりし過ぎてもう10時。。。
上の段もガラガラ。先客は一台のみ。
月曜日ですしね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の段もガラガラ。先客は一台のみ。
月曜日ですしね。
入道へ登る場合はここを降りて宮妻新道ですが、今回はカズラ谷道から鎌ヶ岳へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入道へ登る場合はここを降りて宮妻新道ですが、今回はカズラ谷道から鎌ヶ岳へ向かいます。
林道を少し奥へ行ったこの道標のところから山道へ。
ゲートの手前です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を少し奥へ行ったこの道標のところから山道へ。
ゲートの手前です。
いきなりの渡渉。靴のソールが減っているので慎重に通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりの渡渉。靴のソールが減っているので慎重に通過。
路面の雪はこんな感じです。
この調子ならツボ足でいけるかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路面の雪はこんな感じです。
この調子ならツボ足でいけるかな?
さらに2回ほど沢を横断して堰堤に行きあたる。
ここからは九十九折れの急登が始まります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに2回ほど沢を横断して堰堤に行きあたる。
ここからは九十九折れの急登が始まります。
堰堤の脇にカズラ滝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤の脇にカズラ滝。
急登と平坦な道が交互したのちにこのトラバース。
ピッケル出しておらず、ツボ足だったので慎重に通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登と平坦な道が交互したのちにこのトラバース。
ピッケル出しておらず、ツボ足だったので慎重に通過。
1
南面で日当たりがいいので雪がグサグサ。。。
踏み抜き多発します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南面で日当たりがいいので雪がグサグサ。。。
踏み抜き多発します。
ようやく雲母峰へのルートと合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく雲母峰へのルートと合流。
夏道は尾根芯を行ったような記憶でしたが、トラバースの連続でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道は尾根芯を行ったような記憶でしたが、トラバースの連続でした。
1
岳峠へのトラバース。なかなかの傾斜ですが、北面で日陰なのでアイゼン・ピッケルはよく効きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳峠へのトラバース。なかなかの傾斜ですが、北面で日陰なのでアイゼン・ピッケルはよく効きます。
1
陽のあたるグサグサの斜面を何とか登るとそこが岳峠。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽のあたるグサグサの斜面を何とか登るとそこが岳峠。
間近にそびえる鎌ヶ岳の南斜面。
右側の雪渓から巻いて登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間近にそびえる鎌ヶ岳の南斜面。
右側の雪渓から巻いて登ります。
5
最後の急登。ここも雪が緩んでます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急登。ここも雪が緩んでます。
3
中央のひときわ白いのが雨乞岳。その右奥の山頂平らなのがイブネ。左側が綿向山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央のひときわ白いのが雨乞岳。その右奥の山頂平らなのがイブネ。左側が綿向山。
2
四日市市街地方面。絶景です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四日市市街地方面。絶景です。
雲一つない上天気♪
来て良かった!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲一つない上天気♪
来て良かった!!
1
鎌尾根。もう少し早起き出来てたら水沢岳くらいまで歩こうと思ってましたが、時間が遅いのと雪が緩んでいてイマイチなので今日はピストンで撤退します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌尾根。もう少し早起き出来てたら水沢岳くらいまで歩こうと思ってましたが、時間が遅いのと雪が緩んでいてイマイチなので今日はピストンで撤退します。
2
近いうちに入道ヶ岳にも行こうと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近いうちに入道ヶ岳にも行こうと思います。
サクッとカズラ谷道を下って宮妻峡へ戻りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サクッとカズラ谷道を下って宮妻峡へ戻りました。

感想/記録

昨日、一昨日と連続で山を歩いたので、今日は大人しくしていようかと思っていましたが、朝起きたら抜群の晴天。家の窓から鈴鹿の山々を眺めると全くガスのないグッドコンディション。居ても立っても居られなくなって、遅い時間からでしたがそそくさと準備をして宮妻峡へ。いつもなら入道へ登るところですが、鈴鹿スカイラインが冬期閉鎖している今は鎌ヶ岳へのアクセスが悪いので、久しぶりに鎌ヶ岳へ登ることにしました。カズラ谷ルートは一度下山に使ったことがありますが、登りに使うのは初めて。思ったより距離がありましたが、何とかこなして鎌のピークハントしてきました。
鎌ヶ岳山頂からの眺めは何度見ても格別ですね。
明日からの仕事をまた頑張れそうです。
訪問者数:656人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/6/29
投稿数: 6033
2017/3/1 16:42
 tonzablowさん、こんにちは。
3日連続での登山とは、うらやましいです。
アルプスの縦走とは、また違った
しんどさではないでしょうか。
しかも伊吹山の前半以外は、お天気も
よろしくて。
鎌ヶ岳、伊吹山に比べると
ずいぶん雪解けが進んだようですが
トラバース道多くて、気が抜けませんね。
ご帰省、リンちゃん、ラブちゃん
好天登山と、いい休日になりましたね。
登録日: 2014/5/9
投稿数: 151
2017/3/2 22:03
 komakiさん、こんにちは。
いつもありがとうございます😄⤴
おっしゃる通り三日連続だと疲れも蓄積してきますが、天気の良さに後押しされた感じです✋当初は鎌尾根に廻りたかったのですが、人の少ない平日にこの不安定な雪質を一人で歩くのは危なそうなので撤退しました。もう雪山も残雪期に移りつつあるんですね。もう少し雪を楽しみたかったような、春山が待ち遠しいような、複雑な気分です。。。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ