また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1074194 全員に公開 雪山ハイキング東海

養老山 小倉山 三方山 低山で雪山体験。

日程 2017年02月27日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
養老の滝の麓に駐車場(300円)があります。
体力に自身の無い方は滝の上駐車場(1000円)を利用ください。
滝の上公園は状況によって途中通路の路面凍結が考えられますので注意してください。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間49分
休憩
52分
合計
4時間41分
Sスタート地点10:5611:02養老神社11:10養老ノ滝11:1111:23滝上駐車場12:16三方山12:1812:25笹原峠12:36小倉山12:3812:57養老山13:0313:21小倉山13:5614:06笹原峠14:0714:13三方山14:1515:13養老ノ滝15:1515:30養老神社15:3115:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
養老山山頂は何もないので、
小倉山まで戻ってから昼食にしました。
風が強くて東屋の中ではなく外で東屋を風よけにして昼食にしました。
コース状況/
危険箇所等
コース上の注意書きは「火気厳禁」ですが、
小倉山頂公園は「火気注意」となっています。

コースちゃんと整備されています。
途中倒木もありますが超えられます。

トイレは養老の滝の麓から滝までのルート上にたくさんあります。
喫煙所もあります。

山に入るとトイレはありません。

500m以上では雪や凍結箇所があります。
700m以上では雪がたくさん残っていますので、
アイゼンなどの雪山装備を持っていきましょう。

山頂付近では一番深い場所で1mくらい積もっています。
山頂へのルートは30cm〜50cmくらいの雪です。
ザクザクの雪ですが、踏み抜きに注意しましょう。
その他周辺情報養老温泉や養老天命反転地、
ショッピングセンターなどが付近にあります。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 30Lザック ファイントラック:スキンメッシュ ジオラインLW 薄手のジャージ ライトパーカー ダウン ノマドパーカ 雨具 中厚手パンツ ハーフタイツ 厚手の靴下 登山靴 昼食 非常食 ファーストエイドキット

写真

たぶん700m〜800m付近。結構雪深いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶん700m〜800m付近。結構雪深いです。
三方山からの景色。濃尾平野を一望ですよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三方山からの景色。濃尾平野を一望ですよ。
1
途中から見えた伊吹山。
いつか行ってみたいですね。
2017年02月27日 22:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から見えた伊吹山。
いつか行ってみたいですね。
1
駐車場はガラガラ。300円です。
2017年02月27日 22:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場はガラガラ。300円です。
養老の滝。
ここまでのルートが意外としんどい。
2017年02月27日 22:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養老の滝。
ここまでのルートが意外としんどい。
滝上駐車場から。
2017年02月27日 22:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝上駐車場から。
この駐車場のゲートに登山届記帳場所があります。
気さくなオジサンが迎えてれます。
2017年02月27日 22:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この駐車場のゲートに登山届記帳場所があります。
気さくなオジサンが迎えてれます。
登山道は登山届の場所から回れ右。
2017年02月27日 22:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は登山届の場所から回れ右。
左手に登山道入り口が見えます。
鋭角に手前に折れ曲がります。
2017年02月27日 22:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に登山道入り口が見えます。
鋭角に手前に折れ曲がります。
この鎖を超えていきます。
2017年02月27日 22:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鎖を超えていきます。
ここまできたら左手へ。看板に従いましょう。
2017年02月27日 22:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまできたら左手へ。看板に従いましょう。
看板によるとAルートのほうが早いらしいですよ。
2017年02月27日 22:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板によるとAルートのほうが早いらしいですよ。
注意事項
2017年02月27日 22:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
注意事項
ちゃんとわかりやすい看板があります。
2017年02月27日 22:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちゃんとわかりやすい看板があります。
この飛び石みたいなのを渡っていきます。
2017年02月27日 22:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この飛び石みたいなのを渡っていきます。
1
残雪あり
2017年02月27日 22:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪あり
500m付近から残雪が増えてきます。
2017年02月27日 22:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
500m付近から残雪が増えてきます。
途中道標
2017年02月27日 22:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中道標
三方山山頂。濃尾平野を一望
2017年02月27日 22:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三方山山頂。濃尾平野を一望
1
御嶽山
2017年02月27日 22:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山
3
ザクザクの雪ですが、足を取られます。
2017年02月27日 22:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザクザクの雪ですが、足を取られます。
結構深いです。
2017年02月27日 22:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構深いです。
結構斜面が急になるので、手をついたりして登りました。
2017年02月27日 22:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構斜面が急になるので、手をついたりして登りました。
1
急斜面が2〜3箇所くらいあります。
2017年02月27日 22:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面が2〜3箇所くらいあります。
小倉山山頂公園
2017年02月27日 22:35撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉山山頂公園
2
小倉山山頂公園の東屋
2017年02月27日 22:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉山山頂公園の東屋
2
養老山へ15分とありますが、
雪の季節では15分は無理です。
2017年02月27日 22:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養老山へ15分とありますが、
雪の季節では15分は無理です。
結構な雪原
2017年02月27日 22:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な雪原
1
急斜面は足を取られたり、
足ズボしちゃいます。
2017年02月27日 22:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面は足を取られたり、
足ズボしちゃいます。
養老山山頂は展望ありません。
2017年02月27日 22:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養老山山頂は展望ありません。
2
謎マスコット
2017年02月27日 22:36撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
謎マスコット

感想/記録

低山でも雪山体験ができるとのことで挑戦しました。

麓から養老の滝までが案外きついのと、
登山口(300m付近)〜600mくらいまで九十九折で上り詰めなので、
結構足と心肺にきます。

登りきってからはそこまでしんどくないです。

麓は全く雪はなく「本当に雪はあるのか」と思いましたが、
500m〜雪が。
雪の部分とザクザク雪の部分とアイスバーンの部分があります。

700m〜はいよいよ深くなり常に30cm以上積もっている状態に。
800m〜は多いところで1mあると思います。

1歩出しては半歩足を取られるような進行具合で、
余計に疲れましたし、時間も使ったように思います。

チェーンスパイクで行きましたが、なんとかなりました。
正直10本爪アイゼンとかあればより良かったと思います。

あとゲイターがあるといいですね。

注意点まとめ
・結構雪が残っています
・ザクザクする感じの残雪です
・足元が悪いので雪山装備しましょう
・風が強いので衣服・体温管理に注意しましょう
訪問者数:359人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ