また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1074602 全員に公開 ハイキング京都・北摂

比叡山界隈を歩く 期待外れだった神蔵山

日程 2017年02月28日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
行き 山科から比叡山坂本
帰り 大津京から山科
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間31分
休憩
7分
合計
5時間38分
S比叡山坂本駅08:4009:09比叡山本坂10:58神蔵山10:5911:35比叡山本坂下り口11:48ケーブル延暦寺11:5112:13裳立山12:1614:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
荒れている所はあるが特に問題なく歩ける。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

今日は六角地蔵堂(日吉大社)横から比叡山へ登って行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は六角地蔵堂(日吉大社)横から比叡山へ登って行く。
2
この辺の地理は不案内だがこの地図を確認すると合っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺の地理は不案内だがこの地図を確認すると合っている。
先ずは石段に取り付く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ずは石段に取り付く。
やがて石畳の道に入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて石畳の道に入る。
琵琶湖を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖を振り返る。
1
鹿避けの扉があったが滑車と重りで自動的に閉まる様になっていた。これは優れものだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿避けの扉があったが滑車と重りで自動的に閉まる様になっていた。これは優れものだった。
扉を出ると道路と合流する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扉を出ると道路と合流する。
結構荒れている所もある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構荒れている所もある。
やがて高圧線の鉄塔に着く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて高圧線の鉄塔に着く。
P418に寄るにはこの辺から尾根に入るはずだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P418に寄るにはこの辺から尾根に入るはずだ。
尾根に向かう薄い踏み跡を辿る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に向かう薄い踏み跡を辿る。
道は無いものの尾根芯はそれなりに歩ける。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は無いものの尾根芯はそれなりに歩ける。
ピークを示す物はこのテープだけだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークを示す物はこのテープだけだった。
1
ピーク辺りにあったコールポイント。一応、通り道と認定されているのだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク辺りにあったコールポイント。一応、通り道と認定されているのだろう。
1
ピークから尾根を降りて行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークから尾根を降りて行く。
花摘堂跡と言う石碑の所に着いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花摘堂跡と言う石碑の所に着いた。
2
この辺りのコールポイントは21。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りのコールポイントは21。
大雪のせいだろうかどうにも通れない所があった。斜面を降りて迂回する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪のせいだろうかどうにも通れない所があった。斜面を降りて迂回する。
また広い道路と合流する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また広い道路と合流する。
1
矢張り所々大きく荒れている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢張り所々大きく荒れている。
1
多分川の様に水が流れるのだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多分川の様に水が流れるのだろう。
木の間からケーブルの駅が望める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間からケーブルの駅が望める。
1
P614のピークが盛り上がって見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P614のピークが盛り上がって見える。
回り込むと道はちゃんと付いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
回り込むと道はちゃんと付いていた。
一段上には祠があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一段上には祠があった。
1
赤色のテープに614と書かれてあったがそれ以外の物は無かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤色のテープに614と書かれてあったがそれ以外の物は無かった。
尾根を先に進むと両脇に比叡山の僧のお墓があった。ざっと見た感じでは1740年頃の物が一番古そうだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を先に進むと両脇に比叡山の僧のお墓があった。ざっと見た感じでは1740年頃の物が一番古そうだった。
1
慈覚大師のお墓。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慈覚大師のお墓。
1
神蔵山付近。桧の若木が植林されていてフェンスで囲われていた。もっと鬱蒼と茂った樹林をイメージしていたが全く拍子抜けする山だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神蔵山付近。桧の若木が植林されていてフェンスで囲われていた。もっと鬱蒼と茂った樹林をイメージしていたが全く拍子抜けする山だった。
1
フェンスの外から写真を撮るが、多分この辺りがピーク。残念ピークすら踏めず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フェンスの外から写真を撮るが、多分この辺りがピーク。残念ピークすら踏めず。
1
尾根上にある一つ手前のピークもフェンスの中にある。いずれもピークは踏む事の出来ない所にあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上にある一つ手前のピークもフェンスの中にある。いずれもピークは踏む事の出来ない所にあった。
一寸目に付いたので一枚。道端にあった朽ち行く木の根に生えた新しい命。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一寸目に付いたので一枚。道端にあった朽ち行く木の根に生えた新しい命。
1
P614近くにある建物。これがヤマレコの地図にある亀堂と言うものだろうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P614近くにある建物。これがヤマレコの地図にある亀堂と言うものだろうか。
1
ケーブル延暦時の展望所から眺める蓬莱山はまだ雪が深そうに見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケーブル延暦時の展望所から眺める蓬莱山はまだ雪が深そうに見えた。
2
展望所から琵琶湖大橋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望所から琵琶湖大橋。
1
大津市街と琵琶湖。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大津市街と琵琶湖。
駅舎の南側から近江大橋方面を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅舎の南側から近江大橋方面を望む。
発車時間待ちのケーブルカー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
発車時間待ちのケーブルカー。
1
登山道を外れ尾根通しで歩くと、もたて駅近くのピークを通る。桧の林の中にあり、特に何も標識は無かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道を外れ尾根通しで歩くと、もたて駅近くのピークを通る。桧の林の中にあり、特に何も標識は無かった。
尾根上にあるドイツ人の権大僧正のお墓。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上にあるドイツ人の権大僧正のお墓。
2
尾根から降りた所にあるお墓の案内標識。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根から降りた所にあるお墓の案内標識。
何だろうと思っていたが下に降りた所にある案内標識によると、もたて山キャンプ場らしかった。荒れ果てて最近は全く活用されてないらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何だろうと思っていたが下に降りた所にある案内標識によると、もたて山キャンプ場らしかった。荒れ果てて最近は全く活用されてないらしい。
1
ここがもたて山?お墓関連以外の標識は全く無かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここがもたて山?お墓関連以外の標識は全く無かった。
高知の南国市の物だが結構続けてお参りに来ているらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高知の南国市の物だが結構続けてお参りに来ているらしい。
2
これはかなり傷んでいた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはかなり傷んでいた。
尾根を降りるとこの分岐に出てくる。左に行くと無動寺に行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を降りるとこの分岐に出てくる。左に行くと無動寺に行く。
この標識を見て、そうかあれがキャンプ場かと思った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この標識を見て、そうかあれがキャンプ場かと思った。
分岐付近から琵琶湖の眺め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐付近から琵琶湖の眺め。
これも雪の影響だろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも雪の影響だろうか?
ここからも登れる様だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからも登れる様だった。
1
町に降りたら僅かな隙間に太陽光発電が設置されていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
町に降りたら僅かな隙間に太陽光発電が設置されていた。

感想/記録
by yjin

大宮川の左岸、八王子山から三石岳へ登った時から対岸の神蔵山という山が気になっていた。何か神秘的な感じのする名前だった。しかし訪れてみて吃驚だった。山頂すら踏めない山とは知らなかった。でもまあこれで疑問は解決した。

町まで降りてもまだ時間に余裕があったのでJR大津京駅まで歩いてみた。でもこれが思いのほか遠かった。一駅30分、一駅半なので1時間もあれば十分と思ったが優に1時間を越えてしまった。
訪問者数:518人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ