また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1075692 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

英彦山 ”溶岩の壁” の裏側の岩壁へ

日程 2017年03月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
R500沿い、豊前坊から
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間13分
休憩
1分
合計
7時間14分
S豊前坊・高住神社08:4909:54三段(?)の滝13:14溶岩の壁14:06英彦山北岳14:56裏英彦道出合い15:19北岳分岐15:2015:42薬師林道16:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 三段の滝(?)から左の岩壁帯沿いを溶岩の壁へ移動、急斜面で危ないところやシャクナゲの大藪尾根など変化に富み、景色も最高で面白いルートでした。アイゼンを持っていなかったので雪の急斜面は一部補助ロープで下りました。
 北岳から支尾根の獣道を下り、途中から崖に遭遇し難行、なんとか裏英彦道に出合いました。もう一度同じルートをたどるのは難しいかも。今度は下から登ってみよう。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備  地形図 GPS(予定ルートセット) 昼食 行動食 飲料 補助ロープ その他(アイゼンは持たず)

写真

朝、2頭の牡鹿を見かけた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝、2頭の牡鹿を見かけた
2
豊前坊駐車場から望雲台が見えることに気づいた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豊前坊駐車場から望雲台が見えることに気づいた
2
三段の滝(?)最上段、滝手前から雪が少し積もっていたが新雪でアイゼンなしだが大丈夫だった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三段の滝(?)最上段、滝手前から雪が少し積もっていたが新雪でアイゼンなしだが大丈夫だった
1
今日は滝上に行かず、溶岩の壁を目指し岩壁沿いを歩く予定

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は滝上に行かず、溶岩の壁を目指し岩壁沿いを歩く予定

上部の積雪した急斜面は念のためロープで下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部の積雪した急斜面は念のためロープで下る
出来るだけ岩壁の近くを歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出来るだけ岩壁の近くを歩く
岩尾根の先端を回り込む

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩尾根の先端を回り込む

積雪したゴロ石を慎重に下る

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪したゴロ石を慎重に下る

先端を回り込むと岩壁が入り込む地形がこの後も見られた *
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先端を回り込むと岩壁が入り込む地形がこの後も見られた *
立派な岩壁帯が続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な岩壁帯が続く
2
三段の滝の谷から大分回り込んできた *
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三段の滝の谷から大分回り込んできた *
突き出した大岩の下を歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突き出した大岩の下を歩く
下方まで長く続く大藪らしい支尾根に出合い、暫く尾根沿いに下ったが・・

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下方まで長く続く大藪らしい支尾根に出合い、暫く尾根沿いに下ったが・・

途中で望雲台らしい山影が見えたので・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で望雲台らしい山影が見えたので・・
しゃくなげとゴロ石の藪尾根を横切ることにする

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しゃくなげとゴロ石の藪尾根を横切ることにする

1
ようやく藪尾根を抜けた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく藪尾根を抜けた
急斜面の灌木帯をトラバース、この頃、岩壁帯沿いを歩くことをすっかり忘れていた

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面の灌木帯をトラバース、この頃、岩壁帯沿いを歩くことをすっかり忘れていた

灌木の斜面の先に谷が見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灌木の斜面の先に谷が見えた
時々、望雲台の壁面や・・ *

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々、望雲台の壁面や・・ *

手すりまで見える *
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手すりまで見える *
この涸れ谷は豊前坊辺りに下るのだろうか、上は岩壁帯まで続いているみたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この涸れ谷は豊前坊辺りに下るのだろうか、上は岩壁帯まで続いているみたい
谷を渡り何気に登山道に向かっていたが、思い出して岩壁帯直下目指し谷沿いを登る

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を渡り何気に登山道に向かっていたが、思い出して岩壁帯直下目指し谷沿いを登る

途中、巣箱があった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、巣箱があった
崩れた涸れ谷の源流に登りついた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩れた涸れ谷の源流に登りついた
下方にはいつも望雲台、鷹巣山が目えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下方にはいつも望雲台、鷹巣山が目えた
岩壁沿いを左に移動、小さい雪渓みたいなのが残っていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩壁沿いを左に移動、小さい雪渓みたいなのが残っていた
岩壁に沿ってトラバース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩壁に沿ってトラバース
岩溝、チムニー?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩溝、チムニー?
歩いて来た岩壁ルートを振り返る

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いて来た岩壁ルートを振り返る

1
高い岩壁帯が広がる、上は北岳の支尾根かナ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高い岩壁帯が広がる、上は北岳の支尾根かナ
1
崖上から落ちた?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崖上から落ちた?
1
石柱があった、登山者が自然石を立てたのかも

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石柱があった、登山者が自然石を立てたのかも

少し奥まった斜面の先に岩尾根が下る、溶岩の壁につながる岩尾根かな


拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し奥まった斜面の先に岩尾根が下る、溶岩の壁につながる岩尾根かな


1
下方の眺めがイイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下方の眺めがイイ
望雲台の壁面が見える

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
望雲台の壁面が見える

斜面が奥まったところ、この辺が”溶岩の壁の裏側の岩壁”・・だろうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面が奥まったところ、この辺が”溶岩の壁の裏側の岩壁”・・だろうか
岩尾根を回り込んでいくと・・

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩尾根を回り込んでいくと・・

下方に登山道の”救世安民”の石碑が見えた

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下方に登山道の”救世安民”の石碑が見えた

1
オオヤマレンゲの木の柵が見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオヤマレンゲの木の柵が見えた
1
溶岩の壁から、歩いてきた岩壁帯を振り返る

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
溶岩の壁から、歩いてきた岩壁帯を振り返る

北岳の肩で少し遅い昼食をとり、北岳へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳の肩で少し遅い昼食をとり、北岳へ
かき氷みたいなフワフワの雪の結晶・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かき氷みたいなフワフワの雪の結晶・・
・・ではなく、霧氷が溶け落ちたものだった

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・ではなく、霧氷が溶け落ちたものだった

1
北岳山頂でこの先の行程の無事を祈り・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山頂でこの先の行程の無事を祈り・・
北岳の尾根を下る

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳の尾根を下る

はじめは獣道らしい踏み跡と赤杭があったが・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はじめは獣道らしい踏み跡と赤杭があったが・・
踏み跡を見失い急斜面を下り岩棚に出た

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡を見失い急斜面を下り岩棚に出た

いつか下から登るときのためにロープは使わず岩崖を迂回しながら下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつか下から登るときのためにロープは使わず岩崖を迂回しながら下る
どこをどう降りて来たかわからないが、何とかなだらかな尾根に降りて来た

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこをどう降りて来たかわからないが、何とかなだらかな尾根に降りて来た

1
下って来たルートを振り返る、この後、裏英彦道の目印に出合った
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下って来たルートを振り返る、この後、裏英彦道の目印に出合った
北岳分岐の標識に新しい標識が追加されていた

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳分岐の標識に新しい標識が追加されていた

鷹巣山一ノ岳、二ノ岳、三ノ岳を見ながら裏英彦道を下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹巣山一ノ岳、二ノ岳、三ノ岳を見ながら裏英彦道を下る
薬師林道の裏英彦山口に着いた

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師林道の裏英彦山口に着いた

帰り、県道から望雲台と奥の山並みを眺める。あの稜線の直下を歩いたんだろうか *
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り、県道から望雲台と奥の山並みを眺める。あの稜線の直下を歩いたんだろうか *
1
(おまけ)
今年もセリバオウレンを見ることが出来た
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(おまけ)
今年もセリバオウレンを見ることが出来た
3
(参考)ヤマレコ3D図 *
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(参考)ヤマレコ3D図 *

感想/記録
by -tk2

 ”溶岩の壁”の裏側に岩壁があるらしい、考えたこともなかったのでネットで検索すると”路傍の石”さんの興味深い記事がありルート図もあったので記事を参考に歩いてみることにしました。溶岩の壁へのルートは、積雪でちょっと危なそうな急斜面もありましたが、変化に富んだ岩壁帯、景観で面白かったです。北岳からの下りは、途中ルートを見失いどうなるかと思いましたが、何とか無事、裏英彦道にたどり着きホットしました。久しぶりにワクワクドキドキの山歩きでした。
訪問者数:166人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ