また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1076446 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走紀泉高原

和泉山脈 犬鳴山~三峰山~於菊山~四石山~山中渓

日程 2017年03月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ☀
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 JR日根野→南海バス 犬鳴山へ
復路 JR山中渓→
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間26分
休憩
54分
合計
7時間20分
S犬鳴山バス停07:4107:45林道 生草線 登山口07:54オマガリ橋07:5508:42城ヶ峰08:4308:58三峰山08:5909:15城ヶ峰09:1609:29分岐10:01笹峠10:0310:40殿尾山10:58於菊松三等三角点11:0211:18お菊山11:3011:37於菊山四等三角点11:3812:13金熊寺12:2912:37金熊寺集落口12:3812:43金熊寺池13:06ロープ地点13:39採石場上部13:4013:42路標(金熊寺-四石山)13:52四石山14:0414:36日吉神社14:43葛城二十八宿 第四番経塚 入江宿 妙法蓮華経 信解品15:00山中渓駅15:0115:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
犬鳴山〜城ヶ峰 林道跡の歩きやすい道。
城ヶ峰〜三峰山 おおむね歩きやすい。
城ヶ峰〜鎌尾根手前 草木漕ぎあり。滑りやすい箇所あり。
鎌尾根手前〜笹峠 滑りやすい箇所あり。
笹峠〜林道高倉線 草木漕ぎあり。
林道高倉線〜金熊寺 草木漕ぎあり。
金熊寺〜四石山 急登あり。迷走しやすい箇所あり、テープを頼りに。砕石場
     上部の崖周辺は、左側(下側10mくらい)に平易な巻きルートあり。
四石山〜境谷 槌ノ子峠までは、草木漕ぎあり、序盤の迷走に注意。
     槌ノ子峠〜境谷は、道幅せまく、斜めになっていて滑りやすい。
     谷川は崖になっているので、転落に最大注意。
境谷〜山中渓 車に注意。 

ルートには、イノシシらしき獣が荒らした跡がたくさんありました。
その他周辺情報金熊寺周辺には、自販機はありません。
山中渓の駅前飲食店で缶ビールやソフトドリンクなどが調達出来ます。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) 計画書 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル カメラ

写真

JR日根野から南海バスで犬鳴山まで来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR日根野から南海バスで犬鳴山まで来ました。
1
林道からコースin。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道からコースin。
1
オマガリ橋を過ぎて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オマガリ橋を過ぎて
1
分岐を右に曲がり、近畿自然歩道へと進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐を右に曲がり、近畿自然歩道へと進みます。
1
丁寧な看板表示。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丁寧な看板表示。
1
少し荒れているところがありますが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し荒れているところがありますが
反対側には色々な道標。ここから、ルートをそれて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側には色々な道標。ここから、ルートをそれて、
1
三峰山方面へと足を延ばしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山方面へと足を延ばしました。
15分ほどで三峰山に到着。眺望はありません。元ルートへと戻っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分ほどで三峰山に到着。眺望はありません。元ルートへと戻っていきます。
ルート途中に古い看板が。60km縦走・・・紀見峠〜山中渓でしょうか・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート途中に古い看板が。60km縦走・・・紀見峠〜山中渓でしょうか・・。
城ケ峰に戻りました。そこから笹峠を目指します。途中から人除けネットが出てきます。倒木で痛みも激しいですが、松茸山を守るネットのようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城ケ峰に戻りました。そこから笹峠を目指します。途中から人除けネットが出てきます。倒木で痛みも激しいですが、松茸山を守るネットのようです。
1
その中に、こういうトゲトゲしいやつが。何度となくチクチクさせられました。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その中に、こういうトゲトゲしいやつが。何度となくチクチクさせられました。。
「入山禁止」の表示がわんさか出てきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「入山禁止」の表示がわんさか出てきます。
看板のかかり方や人除けネットの手入れ状況は、場所によって差があります。妙にガードが堅かったりすると、「ここ、よく取れるんだろうか」と想像しちゃう♪^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板のかかり方や人除けネットの手入れ状況は、場所によって差があります。妙にガードが堅かったりすると、「ここ、よく取れるんだろうか」と想像しちゃう♪^^
ところどころで眺望が開けました。快晴で、気持ちよかぁ〜(^^♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころで眺望が開けました。快晴で、気持ちよかぁ〜(^^♪
2
尾根道の急坂では、滑らないよう、しんちょ〜に・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道の急坂では、滑らないよう、しんちょ〜に・・・
1
で、笹峠に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、笹峠に到着。
次なる「お菊松」方面へ進みます。直後に急登が現れます・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次なる「お菊松」方面へ進みます。直後に急登が現れます・・。
登りきり、しばらく進むと鉄塔が出てきます。そばを通りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りきり、しばらく進むと鉄塔が出てきます。そばを通りました。
1
この辺りはシダがわんさか。シダの若い枝は、とがっていてチクチクしますT_T;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りはシダがわんさか。シダの若い枝は、とがっていてチクチクしますT_T;
道中、この看板を追っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道中、この看板を追っています。
殿尾山への分岐看板が出てきました。ここを左(南)へルートをそれて行きますと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
殿尾山への分岐看板が出てきました。ここを左(南)へルートをそれて行きますと
殿尾山の山頂にたどり着きます。で、すぐに切り返して
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
殿尾山の山頂にたどり着きます。で、すぐに切り返して
ルートに戻ると、すぐにプチ看板に出くわします。ご提案通り、お茶することにしました^^。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートに戻ると、すぐにプチ看板に出くわします。ご提案通り、お茶することにしました^^。
少しかすんでいましたが、関空が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しかすんでいましたが、関空が見えます。
1
少しして、ハイク再開。お菊松方面へと鉄塔手前を左折。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しして、ハイク再開。お菊松方面へと鉄塔手前を左折。
ルート沿いで北側に、展望スペースがありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート沿いで北側に、展望スペースがありました。
2
お菊松の三角点への分岐。”行ってこい”に安心して、寄り道^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お菊松の三角点への分岐。”行ってこい”に安心して、寄り道^^
1
近しいところに、三等三角点、みっけ!すぐに折り返し、元ルートへ戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近しいところに、三等三角点、みっけ!すぐに折り返し、元ルートへ戻ります。
冬の風に飛ばされることなく、頑張ってる綿帽子。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬の風に飛ばされることなく、頑張ってる綿帽子。
交差ポイント。看板どおり、左折です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
交差ポイント。看板どおり、左折です。
この表示を過ぎたら、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この表示を過ぎたら、
500mほどでお菊山到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
500mほどでお菊山到着。
2
キンランとヤマユリの保護を呼び掛けてます。貴重種、大事にしたいですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キンランとヤマユリの保護を呼び掛けてます。貴重種、大事にしたいですね。
2
ここで、おにぎりを二つほおばり、休憩を取りました。2組4人の方とお会いしました・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで、おにぎりを二つほおばり、休憩を取りました。2組4人の方とお会いしました・・。
正面にはお菊松。於菊山にお菊松、か・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面にはお菊松。於菊山にお菊松、か・・。
2
気持ちよく晴れています^^
山頂を後にし、次へと進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちよく晴れています^^
山頂を後にし、次へと進みます。
3
お菊山登山口が近づいてきました。最後の岩場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お菊山登山口が近づいてきました。最後の岩場。
3
四等三角点があります。名称は”お菊山”ならぬ”於菊山”。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四等三角点があります。名称は”お菊山”ならぬ”於菊山”。
すぐに再び登山道へ。金熊寺を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに再び登山道へ。金熊寺を目指します。
シダ漕ぎ^^(そんなにひどくはなかったですが)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シダ漕ぎ^^(そんなにひどくはなかったですが)
草木がなければ歩きやすいトレイル。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草木がなければ歩きやすいトレイル。
お社?に出くわしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お社?に出くわしました。
その先の階段を降りていくと、蓮信寺に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先の階段を降りていくと、蓮信寺に。
さらに、きっつい階段を下りて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに、きっつい階段を下りて
県道に出ます。横断したところに「四石山」の看板。その横には、金熊寺の梅林臨時駐車場の案内が。
http://www.city.sennan.lg.jp/kanko/kanko/1459489635635.html
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道に出ます。横断したところに「四石山」の看板。その横には、金熊寺の梅林臨時駐車場の案内が。
http://www.city.sennan.lg.jp/kanko/kanko/1459489635635.html
日向の梅は満開!日陰の木々は、まだ楽しめます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向の梅は満開!日陰の木々は、まだ楽しめます。
3
近くに自販機が見当たらず、梅林駐車場のオジサンに聞いてみると、「近くにはないなぁ。コーヒーでも飲んで行き!」と。で、しばし歓談。おいしかったです、ありがとぉ〜!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くに自販機が見当たらず、梅林駐車場のオジサンに聞いてみると、「近くにはないなぁ。コーヒーでも飲んで行き!」と。で、しばし歓談。おいしかったです、ありがとぉ〜!
1
金熊寺の梅林を横目に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金熊寺の梅林を横目に
1
進んで行くと学校の校舎が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進んで行くと学校の校舎が見えます。
こんな建物が見えてきましたが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな建物が見えてきましたが
屋根裏のでっかいハチの巣に汗( ;∀;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屋根裏のでっかいハチの巣に汗( ;∀;)
続いて、沢が出てきます。最初の分岐は左へ。ガードレールに表示があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて、沢が出てきます。最初の分岐は左へ。ガードレールに表示があります。
しばし地味な山道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし地味な山道。
左手に池を見ながら進んでいくと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に池を見ながら進んでいくと
1
倒木ゾーン(金剛山風に言うとあやとりゾーン?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木ゾーン(金剛山風に言うとあやとりゾーン?)
1
そして、おなじみの道標の「四石山」方面へと進んでいくと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、おなじみの道標の「四石山」方面へと進んでいくと
急登!ステップがあるのですが、埋まってます^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登!ステップがあるのですが、埋まってます^^
1
尾根に出たと思ったら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に出たと思ったら
足元が見えず、急坂アップダウン歩行に難儀。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元が見えず、急坂アップダウン歩行に難儀。。
1
ここは右へと登って行くべきを、左へとルートミスして進んでしまいました。復帰できそうになかったので、ここまで戻って、仕切り直し。。この後はリボンを追っかけました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは右へと登って行くべきを、左へとルートミスして進んでしまいました。復帰できそうになかったので、ここまで戻って、仕切り直し。。この後はリボンを追っかけました。
すると採石場が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると採石場が見えてきました。
otoさんのレコにあった採石場上部の岩の壁。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
otoさんのレコにあった採石場上部の岩の壁。
壁の下側に、初心者ルートがありました^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壁の下側に、初心者ルートがありました^^
1
地味に急坂ですが、ここを登ると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地味に急坂ですが、ここを登ると
すると三叉路。そこには、やたら上を向いた壊れた看板があり「四石山」と書いてました。直登気味に少し駆け上がりますと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると三叉路。そこには、やたら上を向いた壊れた看板があり「四石山」と書いてました。直登気味に少し駆け上がりますと
四石山の山頂とうちゃこ。三角点と真新しい近畿自然歩道の看板がありました。ここで、おにぎり一つ・お茶休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四石山の山頂とうちゃこ。三角点と真新しい近畿自然歩道の看板がありました。ここで、おにぎり一つ・お茶休憩。
1
山頂から楠畑方面へと向かい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から楠畑方面へと向かい
槌ノ子峠を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槌ノ子峠を目指します。
リボンを追いますが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リボンを追いますが
草木が深く、途中、何度かロスト・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草木が深く、途中、何度かロスト・・
「ルートハズレの違和感+早めの引き返し」を繰り返し、草木が生い茂るコースをクリア、ルートに乗りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ルートハズレの違和感+早めの引き返し」を繰り返し、草木が生い茂るコースをクリア、ルートに乗りました。
槌ノ子峠に降りてきました。境谷へと降りていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槌ノ子峠に降りてきました。境谷へと降りていきます。
ここからのルートは倒木や
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからのルートは倒木や
斜面をトラバースするようなところが多かったです。踏み外すと絶対助からない、そんなポイントが数か所ありました。恐る恐る、ゆっくり進みました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面をトラバースするようなところが多かったです。踏み外すと絶対助からない、そんなポイントが数か所ありました。恐る恐る、ゆっくり進みました。
村まで降りてきました。ここからは舗装道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
村まで降りてきました。ここからは舗装道です。
阪和道の下をくぐって
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阪和道の下をくぐって
車に注意しながら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車に注意しながら
春を感じつつ進みますと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春を感じつつ進みますと
3
山中渓(やまなかだに)駅に到着。これにてハイク終了です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山中渓(やまなかだに)駅に到着。これにてハイク終了です。
2
駅前のお店でご褒美ビールを調達し、電車待ちの間にぐびぃ〜っ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅前のお店でご褒美ビールを調達し、電車待ちの間にぐびぃ〜っ!
1

感想/記録
by marsee

犬鳴山から山中渓の間、和泉山脈(犬鳴山〜三峰山〜殿尾山〜於菊山〜四石山)を歩きました。oto750さんのコースをそっくりトレースさせていただきました。ありがとうございます^^。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-994844.html

この区間は「草木でルートがわかりにくく、歩きにくい」「蜘蛛の巣が多い」とのレコが多数上がっていましたので、草木や虫たちが目覚める前を狙って、コースポイントを書き込んだ地図+otoさん's GPSログ持参でコースinしました。

まだまだ大丈夫だろうと思っていたルート沿いの草木は、日中の暖かい日差しを浴びて芽吹いており、これがチクチク。。また、早速に活動を始めた気の早い蜘蛛たちもいて、何回か洗礼を受けました( ゜Д゜)。

今日は長袖・長ズボンで行きましたが、手首やスネにちっちゃな擦り傷が数か所出来てしまいました。少しトゲのあるツル系の植物や笹、低木枝によるものです。。。厚手の被服や手袋・ゲイターなどでガードして進まれるか、飛ばさないようにするのが良さそうです。(夏はきつい?!)
金熊寺から四石山へ登るルートの途中には、急なアップダウンが出てきますが、シダで足元の視界がきかないところもありますので、時間にゆとりをもって計画されるのが肝要かと思います。

とはいえ、すがすがしい天候のおかげで、今日の山行きは好調でした。

今回で、二上山〜大和葛城山〜金剛山〜和泉葛城山〜犬鳴山〜山中渓がつながりました。
訪問者数:434人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/6/12
投稿数: 129
2017/3/6 8:57
 歩いた者にしか分からない所ですね。
marseeさんおはようございます。

同日、和泉山脈に入っていたのですね。ニアミス(笑)
このコース丸々コピーありがとうございます。写真で見るより歩くと結構大変ですよね。ルートを見失いやすい所もあって、大変だったと思います。無事にご帰還何よりです。

次回は山中渓から孝子へ、ご一緒出来たら良いですね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ