ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 107669 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

藪少なめの残雪期マイナールートを上越国境稜線セバトノ頭(雨退却)

日程 2011年04月30日(土) [日帰り]
メンバー
天候朝晴れ。昼前から雨。断続して降り、苗場までもどったら一時本降り。
アクセス
利用交通機関
新潟県湯沢町の苗場スキー場から1キロ弱で車止め。旧三国スキー場は数年前に閉鎖され、リフトなどの施設も撤去。そこまで雪の車道を50分歩く。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

林道ゲート出発 6時36分
三国スキー場  7時32分着 45分発
1650m峰  9時36分着
西沢ノ頭 1775m 10時09分
筍山への分岐のピーク 1740m 10時22分〜10時52分
1852m峰の手前 1750m地点 11時01分 引き返し
西沢ノ頭 11時35分
1650m峰を南から迂回 12時15分
三国スキー場 13時10分〜13時31分
林道ゲート  14時18分
コース状況/
危険箇所等
国境稜線まで道はありません。国境稜線にもこの区間は道はありません。
残雪期限定ルート。
三国スキー場は、ゲレンデ跡を登ります。

標高1650mの尾根の高みに上がり、尾根をたどって、上越国境稜線まで。
今年残雪が多いはずが、尾根は藪がかなり出ており、やぶこぎがありました。
GPSのトラックログに、帰路は1650mの尾根筋を避けて、南側に迂回したルートを入れています。
登りにも、これを使えば、かなり時間が節約できました。
ただしこのルートも、沢型や低地をトラバースする場所があり、3度ほど段差が7、8mあり、傾斜はきついです。尾根よりはずっと安全。

1650mの尾根筋は、岩場まじり。不安定な雪庇や笹の上の雪面が残り、南面はピッケル、アイゼンをフルに使って登下降。たまらず北面へ逃げたら、斜度は緩いものの、シャクナゲの密藪と深雪でした。
尾根に早く上がり過ぎて失敗しました。

西沢ノ頭から先も、履い松の藪が避けがたい場所があります。
短いけれどジャングルジムのようなヤブコギでした。
あと1週間早く来ていたら、もっとスムーズに行けたと思います。


過去天気図(気象庁) 2011年04月の天気図 [pdf]

写真

苗場プリンスホテルから353号線を、400mほどのところに、車止めがあります。
車止め付近は、ごみ処理施設があり、作業車が集まるので、少し下がったところに駐車。
2011年04月30日 22:08撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苗場プリンスホテルから353号線を、400mほどのところに、車止めがあります。
車止め付近は、ごみ処理施設があり、作業車が集まるので、少し下がったところに駐車。
車道を50分、上がります。除雪はしていません。
2011年04月30日 07:17撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道を50分、上がります。除雪はしていません。
カーブミラーで撮影。
2011年04月30日 07:20撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カーブミラーで撮影。
2
標高1150mにある、元・三国スキー場。リフトなどのすべての施設は撤去されています。
ここから、前方の尾根に左(南)から接近するようにめざします。
2011年04月30日 07:33撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1150mにある、元・三国スキー場。リフトなどのすべての施設は撤去されています。
ここから、前方の尾根に左(南)から接近するようにめざします。
尾根の突端。標高1550mくらい。
左よりから取り付きましたが、尾根は薮と、ブロック状の雪庇が多く、難儀しました。
帰りはこの尾根を左(南)側から迂回しました。
2011年04月30日 08:16撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の突端。標高1550mくらい。
左よりから取り付きましたが、尾根は薮と、ブロック状の雪庇が多く、難儀しました。
帰りはこの尾根を左(南)側から迂回しました。
1
尾根上の雪庇と、稲包山。
2011年04月30日 09:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上の雪庇と、稲包山。
1
尾根。
2011年04月30日 09:22撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根。
尾根はこういう場所が続きます。大きな岩もしばしば。雪が安定したところを選んで、越えていきます。
2011年04月30日 09:30撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根はこういう場所が続きます。大きな岩もしばしば。雪が安定したところを選んで、越えていきます。
1650mの尾根を抜けて、平標山方面。
2011年04月30日 09:43撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1650mの尾根を抜けて、平標山方面。
西沢ノ頭から、1650mの尾根をふりかえる。
2011年04月30日 09:43撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢ノ頭から、1650mの尾根をふりかえる。
1
西沢ノ頭から、国境稜線のセバトノ頭と、その背後に上ノ倉山。
2011年04月30日 10:07撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢ノ頭から、国境稜線のセバトノ頭と、その背後に上ノ倉山。
1
西沢ノ頭から、1740mの分岐峰。
2011年04月30日 09:31撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢ノ頭から、1740mの分岐峰。
右端が上ノ倉山。写真の左より、奥に白砂山が見えます。
2011年04月30日 09:56撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右端が上ノ倉山。写真の左より、奥に白砂山が見えます。
天気がもちそうで、行けそうでしたが。
2011年04月30日 09:56撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気がもちそうで、行けそうでしたが。
平標山、仙ノ倉山方面。
2011年04月30日 11:33撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平標山、仙ノ倉山方面。
1740mの分岐峰から、西沢ノ頭。
2011年04月30日 10:29撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1740mの分岐峰から、西沢ノ頭。
1852峰が、すぐ先。あれを越えれば国境稜線です。
しかし、ここで雨。雨具をつけて様子見したうえで、鞍部へ下降。登り返しのところで、風雨となり、引き返しました。
2011年04月30日 10:54撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1852峰が、すぐ先。あれを越えれば国境稜線です。
しかし、ここで雨。雨具をつけて様子見したうえで、鞍部へ下降。登り返しのところで、風雨となり、引き返しました。
苗場山。
2011年04月30日 10:46撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苗場山。
1650m尾根までもどり、今度は南へ大きく迂回。
行きは、見上げるあの尾根で苦しみました。
三国スキー場へ下降します。
2011年04月30日 12:17撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1650m尾根までもどり、今度は南へ大きく迂回。
行きは、見上げるあの尾根で苦しみました。
三国スキー場へ下降します。
南へ伸びるブナの尾根。適当に下ったところで、東へ回り込みます。途中、大きな段差が数段。
2011年04月30日 12:12撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南へ伸びるブナの尾根。適当に下ったところで、東へ回り込みます。途中、大きな段差が数段。
コシアブラの芽。
2011年04月30日 12:01撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コシアブラの芽。
1
同。
2011年04月30日 12:01撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同。
ツキヨタケのドライフラワー。
2011年04月30日 12:10撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツキヨタケのドライフラワー。
ツリガネタケ。
2011年04月30日 12:10撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツリガネタケ。
1
雪面から顔を出した枝先から、小さなお人形さんが、春にバンザイしてました。
2011年04月30日 12:22撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪面から顔を出した枝先から、小さなお人形さんが、春にバンザイしてました。
1
sakusakuさんに教えてもらいました。オオカメノキの冬芽。
2011年04月30日 12:23撮影 by Canon EOS 20D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
sakusakuさんに教えてもらいました。オオカメノキの冬芽。
車道沿いはフキノトウがたくさん出ていました。
2011年04月30日 13:46撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道沿いはフキノトウがたくさん出ていました。
1

感想/記録

 時期も、残雪量もドンピシャと踏んで、本当は、
セバトノ頭 1890m
上ノ倉山 2108m
 の2峰を目指しました。
 初めてのルートで、薮を嫌って、どうしても尾根に早く上がりたがってしまう。
 それで40分ほど、ロス。
 その先も、意外に雪が少なく、断続して小さな薮がありました。
 しかし、時間的には、12時半には上ノ倉山までいけそうだった。

 ところが、筍山からの尾根の分岐で、雨、黒雲、強い風になり、しっかり着こんで稜線を目指したら、こんどはちゃんと振り出したため、退却を決めました。
 ガスが出るとまずいし、雪が潜り出すと難渋するので。

 三国スキー場跡ではちゃんとした雨になって、今回は偵察にとどめて良かったと思いました。
 他に登山者もふくめて、まったく人に会いませんでした。ルート選びや雪の状況の判断、ヤブコギなど、地味な山登りが体験できるルートです。

 ワカンは持っていったけれど、ヤブコギと急な雪面があるため、使用せず。

 また同じ時期に、上ノ倉山をめざしたいと思います。
訪問者数:2444人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2007/9/29
投稿数: 17019
2011/5/1 17:54
 上越国境
私はあまり行ったことが無いので
山を見て名前がわかりませんが、
上越国境はさすがに雪が多いですね〜

オオカメノキのシュワッチ、ヨガにも見えてきます
登録日: 2007/7/19
投稿数: 2983
2011/5/1 20:20
 オオカメノキ
 この区間は、上越国境稜線は、高度を1300mほどにまで下げます。
 その代わり、北に平行する今回たどった支尾根が、1700m前後の高度になっています。
 北風をさえぎるツイタテ役みたいですね。

 昨日はもうちょっとルートをうまく選べば、国境まで行けたのですが。


 オオカメノキですね。
 sakusakuさんの好きな、立木のポーズ? に似てますね。
 この小さな人形は、幹も枝も雪に埋もれて、足元で枝先が少しだけ、姿を現していました。
 その出た部分から芽がすぐに育つのですから、春の生命力を感じます。
登録日: 2009/9/16
投稿数: 3609
2011/5/2 9:55
 ツリガネタケ
こんにちは!
ツリガネタケというんですね!
よく見かけるのですが食べられそうにないので
調べていなくて
オオカメノキはやっぱり可愛いです

今時期は残雪歩きと早春の植物と、楽しみの多い季節ですね。
私はGWが終わったら活動開始です。
登録日: 2007/7/19
投稿数: 2983
2011/5/2 12:35
 ドライ・フンギ
 mitugasiwaさんに負けずに雪のフィールドに出ようと、今回は穴場に入り込んできました。

 乾燥きのこは、ほかに、ブナハリタケなども目立ちました。

 一番すごかったのは、大量のコシ○○ラでしたよ。
 だーれも入り込んでいない場所。
 10日後から2週間後には、見事になると思います。

 オオカメノキは、芽を一つ、一つ見比べると、それぞれにふりつけが色々でした。あきませんでした。

 今回はマクロレンズをもって上がれませんでしたが、残雪の広葉樹林は、際限なくそこにいて、眺めたり、写したりしていたいです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ