また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1076839 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

八方尾根2554mピークまで

日程 2017年03月04日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴&強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八方尾根第3駐車場に駐車
自宅0300⇒某所0340⇒駐車場0740(途中休憩 4.00)
みみずくの湯1630⇒某所2130⇒自宅2210(途中休憩&食事 5.00)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

八方池山荘  0915
顔ケルン   1000    0.45
2110m    1035/1040 0.35 1.20
丸山ケルン  1150/1155 1.10 2.30
2554mピーク 1225/1230 0.30 3.00
八方山    1345/1400 1.15 4.15
八方池山荘  1430    0.30 4.45
その他周辺情報温泉:みみずくの湯 \600
http://hakuba-happo-onsen.jp/mimizukunoyu/
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 35Lザック ハードシェル オーバーズボン 帽子 目出帽 手袋 オーバー手袋 ロングスパッツ 冬靴 ピッケル アイゼン ストック ショートスキー サングラス 山専テルモス ペットボトル(0.5L×2) 昼食(行動食) スマフォ(地図&GPS) カメラ 以下不使用 薄手ダウン モバイルバッテリー 携帯電話 5万図 磁石 ヘッデン ツェルト 非常食

写真

今日は唐松岳まで遠征します。更埴ICからGoogle mapに導かれるままなぜか細い道を進むとど〜とモルゲン後立が現れた!
猫耳鹿島槍がスバラ。
2017年03月04日 06:52撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は唐松岳まで遠征します。更埴ICからGoogle mapに導かれるままなぜか細い道を進むとど〜とモルゲン後立が現れた!
猫耳鹿島槍がスバラ。
15
雄大な八方尾根が見えてきました。
雪煙舞ってます。
2017年03月04日 07:25撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄大な八方尾根が見えてきました。
雪煙舞ってます。
4
八方第3駐車場に駐車、7:40時点で数台空きありました。
ここからゴンドラリフトアダム乗り場まで10分位歩きます。
2017年03月04日 07:52撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方第3駐車場に駐車、7:40時点で数台空きありました。
ここからゴンドラリフトアダム乗り場まで10分位歩きます。
1
もう少し早く着けば良かった。リフト券売り場で渋滞、20分位並びました(>_<)
まだ上のリフトが動いていないので通し券は買えないとのこと。登山届はここで提出します。
2017年03月04日 08:06撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し早く着けば良かった。リフト券売り場で渋滞、20分位並びました(>_<)
まだ上のリフトが動いていないので通し券は買えないとのこと。登山届はここで提出します。
7
ゴンドラ乗り場も列でしたが、ここはあまり待たずに乗れました。
2017年03月04日 08:28撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラ乗り場も列でしたが、ここはあまり待たずに乗れました。
1
ぐいぐい高度を上げていきます。
2017年03月04日 08:36撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐいぐい高度を上げていきます。
1
次はアルペンクワッド。
強風で止まる可能性ありとのことで往復券は買えず片道分です。
2017年03月04日 08:44撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次はアルペンクワッド。
強風で止まる可能性ありとのことで往復券は買えず片道分です。
3
その次はグラートクワッド。
ここも片道分で。
2017年03月04日 08:57撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その次はグラートクワッド。
ここも片道分で。
1
2週連続でリフトで楽チン。
確かに風強く、リフトからオーバー手袋を使いたい感じです。
2017年03月04日 09:00撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2週連続でリフトで楽チン。
確かに風強く、リフトからオーバー手袋を使いたい感じです。
1
リフトから鹿島槍と五竜。
2017年03月04日 09:02撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトから鹿島槍と五竜。
13
グラートクワッド終点、ここから登山開始です。登山者が続々と登っています。
リフト券売り場での20分待ち影響で計画より遅れていますが、まだ十分往復できるはずの時間ではあります。
2017年03月04日 09:11撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グラートクワッド終点、ここから登山開始です。登山者が続々と登っています。
リフト券売り場での20分待ち影響で計画より遅れていますが、まだ十分往復できるはずの時間ではあります。
5
今日もスキーベンチャーでスタート。
2017年03月04日 09:11撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日もスキーベンチャーでスタート。
6
ところが雪がカリカリで思うように進めません。
少し登った所でアイゼンに換装。10分位ロス。
2017年03月04日 09:27撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところが雪がカリカリで思うように進めません。
少し登った所でアイゼンに換装。10分位ロス。
2
白馬三山。
2017年03月04日 09:28撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山。
4
背負ったショートスキーが風で煽られます。
邪魔なだけなので、八方山のトイレ裏にデポ、ここで5分ロス。
2017年03月04日 09:54撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背負ったショートスキーが風で煽られます。
邪魔なだけなので、八方山のトイレ裏にデポ、ここで5分ロス。
4
お、これが有名な顔ケルン(八方ケルン)ですね。
2017年03月04日 10:00撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、これが有名な顔ケルン(八方ケルン)ですね。
8
八方池が左手に見える標高2080m付近が凄まじい風で、軽量級の自分は一瞬飛ばされそうになりぎりぎりで耐風姿勢で耐えました。
ちょうど後を見た時、風でよろけた人が南面に滑落
(その後、自力で歩けるのを確認しました)
ここでストックからピッケルに換装でまた5分ロス。
この写真はその上の2100m付近。皆さん風に耐えています。
2017年03月04日 10:31撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池が左手に見える標高2080m付近が凄まじい風で、軽量級の自分は一瞬飛ばされそうになりぎりぎりで耐風姿勢で耐えました。
ちょうど後を見た時、風でよろけた人が南面に滑落
(その後、自力で歩けるのを確認しました)
ここでストックからピッケルに換装でまた5分ロス。
この写真はその上の2100m付近。皆さん風に耐えています。
13
2200m付近。
所々耐風姿勢も取るので、なかなか進みません。
2017年03月04日 10:55撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2200m付近。
所々耐風姿勢も取るので、なかなか進みません。
3
2300m付近の急登。
この辺りから超眠くなってきてスピードダウン(>_<)
たぶん10分位ロス。
2017年03月04日 11:07撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2300m付近の急登。
この辺りから超眠くなってきてスピードダウン(>_<)
たぶん10分位ロス。
4
ようやく丸山ケルンが見えてきました。
2017年03月04日 11:45撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく丸山ケルンが見えてきました。
1
丸山ケルン到着!
ここで引き返していく登山者も多かったようです。
2017年03月04日 11:52撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山ケルン到着!
ここで引き返していく登山者も多かったようです。
6
丸山ケルンで眠気飛んで復活したので、行ける所まで進むことにします。
唐松岳は見えるけどまだ先、今日は諦めかなぁ。
2017年03月04日 12:02撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山ケルンで眠気飛んで復活したので、行ける所まで進むことにします。
唐松岳は見えるけどまだ先、今日は諦めかなぁ。
10
2554mピークまで来ました。
このペースだと唐松岳山荘に13時、唐松岳頂上13時半として、グラートクワッドの最終15:40に間に合うかどうか...
リフトが強風で動いていなかった場合、ゴンドラの最終16:10に間に合わないかも?
ということで、今日のピークはこことすることにしました。
2017年03月04日 12:23撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2554mピークまで来ました。
このペースだと唐松岳山荘に13時、唐松岳頂上13時半として、グラートクワッドの最終15:40に間に合うかどうか...
リフトが強風で動いていなかった場合、ゴンドラの最終16:10に間に合わないかも?
ということで、今日のピークはこことすることにしました。
21
2554mピークからの眺め。
不帰嶮。
2017年03月04日 12:23撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2554mピークからの眺め。
不帰嶮。
11
写真撮って頂きました。
2017年03月04日 12:26撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真撮って頂きました。
24
では帰ります。
せっかくの遠征でしたが、今日は偵察ということで。
2017年03月04日 12:29撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では帰ります。
せっかくの遠征でしたが、今日は偵察ということで。
4
丸山ケルン通過。
2017年03月04日 12:43撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山ケルン通過。
1
2260m付近のダケカンバの綺麗な尾根。
2017年03月04日 13:00撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2260m付近のダケカンバの綺麗な尾根。
3
八方池から天狗ノ頭の辺り。
行きは風が強くて写真撮っていなかったのですが、この時間、雲が出てしまっており、撮っておけば良かったと後悔。
2017年03月04日 13:30撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池から天狗ノ頭の辺り。
行きは風が強くて写真撮っていなかったのですが、この時間、雲が出てしまっており、撮っておけば良かったと後悔。
5
帰路もやはりこの辺りは風が強烈。
この風速計によると、15m/sで気を付けないと身体が振られ、20m/sになると耐風姿勢必須という感じでした。
2017年03月04日 13:34撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路もやはりこの辺りは風が強烈。
この風速計によると、15m/sで気を付けないと身体が振られ、20m/sになると耐風姿勢必須という感じでした。
10
顔ケルン通過。
ショートスキーをデポした八方山のトイレも見えてきました。
2017年03月04日 13:38撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
顔ケルン通過。
ショートスキーをデポした八方山のトイレも見えてきました。
1
トイレ脇が比較的風が弱く、ここでなめこ汁休憩。暖まる〜
デポしたショートスキーを無事回収。
2017年03月04日 14:00撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレ脇が比較的風が弱く、ここでなめこ汁休憩。暖まる〜
デポしたショートスキーを無事回収。
2
八方山から振り返って。
2017年03月04日 14:03撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方山から振り返って。
1
アップで。
2017年03月04日 14:03撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで。
5
鹿島槍と五竜。
2017年03月04日 14:03撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍と五竜。
3
リフト見えてきました。
今日は散々風に叩かれ、前回のような帰りたくない病は発症せず。
もちろんこれはこれで楽しい山旅でした。
2017年03月04日 14:07撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト見えてきました。
今日は散々風に叩かれ、前回のような帰りたくない病は発症せず。
もちろんこれはこれで楽しい山旅でした。
8
影自撮りで。
ショートスキー、無用の長物でした orz
2017年03月04日 14:09撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
影自撮りで。
ショートスキー、無用の長物でした orz
7
最後だけ少し滑ってみましたが、ガリガリの雪で登山靴では全然エッジ効かず。
これではゲレンデを下まで滑っていくと何回転ぶやら。
2017年03月04日 14:27撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後だけ少し滑ってみましたが、ガリガリの雪で登山靴では全然エッジ効かず。
これではゲレンデを下まで滑っていくと何回転ぶやら。
1
グラートクワッド下り中。
ここまで下ると風もだいぶ収まり、リフトは動いていました。
下山の場合は下りた所で料金を支払います。
2017年03月04日 14:37撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グラートクワッド下り中。
ここまで下ると風もだいぶ収まり、リフトは動いていました。
下山の場合は下りた所で料金を支払います。
1
アルペンクワッド下り中。
無事に下山することが何より。またいつか穏やかな日を狙ってリベンジします。
2017年03月04日 14:44撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルペンクワッド下り中。
無事に下山することが何より。またいつか穏やかな日を狙ってリベンジします。
2
ゴンドラ乗り場辺りから兎平のコブ斜面。
32年前、ここでがんがん滑りましたよ〜
2017年03月04日 14:51撮影 by PENTAX Q7 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラ乗り場辺りから兎平のコブ斜面。
32年前、ここでがんがん滑りましたよ〜
4
下山後にスクリーンショット撮った当日の気圧配置。
等高線の間隔は広いように見えて、細かく見ると気圧の谷が入っているような感じで、等高線が密だったのでしょう。まだまだ修行が足らんな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後にスクリーンショット撮った当日の気圧配置。
等高線の間隔は広いように見えて、細かく見ると気圧の谷が入っているような感じで、等高線が密だったのでしょう。まだまだ修行が足らんな。
9

感想/記録
by marui

当初HTで予定していた3/4でしたが、諸般の事情で延期に。しかし天気は良さそうで、前日も早く帰宅できて次の日も休みという遠征には絶好のタイミングでもあり、まだ行ったことのなかった冬唐松岳を目指しました。

しかしながら、例によって寝付きが悪く2時間位しか眠れないまま出発。リフト券売り場の渋滞で20分ロス、最初からアイゼンピッケルで行けば良かったもののショートスキーで進んだばかりに換装などで10+5+5分ロス、さらに超眠くなってペースダウン10分ロスと、計50分位じわじわと遅れが溜まってゆき、仮に唐松往復できてもリフト最終ぎりぎり、しかも強風でリフトが止まっている可能性もあることも勘案し、丸山先の2554mピークを今日のピークとすることにしました。

もう少し楽に唐松往復できるかなと思っていましたが、無駄な装備を持っていったことやアプローチの長さにやられた感じです。風が強いというレコが多いように、この日も結構強い風で、耐風姿勢を取ることもしばしばでした。ちょっと残念でしたが、いつもの八ヶ岳とはスケールが違う雄大な尾根を歩けたのは収穫でした。今回は偵察と思って、穏やかな日を狙ってリベンジします
訪問者数:603人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/7/21
投稿数: 1854
2017/3/7 0:27
 お疲れ様です
マルイさん こんばんわ

天気はいいけど、強風で残念でした
なかなかいいコンディションって難しいですね
わたしも滑りに行きたくて、ほぼ毎日天気予報をチェックしています
またリベンジして下さい〜
登らないと見えない雪の剱岳を〜
32年前にコブ攻められていたのですね〜
わたしはだいぶ前、当時はあまりのコブだらけのゲレンデに泣きが入りましたbearing
登録日: 2011/12/14
投稿数: 2889
2017/3/7 6:13
 十分いい景色!
マルイさん、おはようございます。

今回は八ヶ岳が流れてしまい残念でした(すみません)
唐松だったんですねー。
確かにめったにない日本海側の晴れ予報、八ヶ岳はいつでもいけると思えば遠征したくなりますね。
風は想定外でしたが・・・(写真には写らないのでいい感じにみえてます
次回はぜひ山頂からの絶景を
登録日: 2014/6/2
投稿数: 2002
2017/3/7 17:22
 ちょっぴり残念でしたが・・・
なかなか絶好のチャンスがない唐松岳ですが、それでもこれだけの景色が堪能できて良かったですよ
それにしても風が強かったんですね
エッジが効いてくれたら時間も気にせず兎平を滑ってこれたかな??
また次回リベンジですかね
遠征お疲れ様でした
登録日: 2011/4/28
投稿数: 2710
2017/3/7 19:37
 あらっ!?
マルイさん
こんばんは。(^-^)/
コメントはお久しぶりです。

またニアミスでしたか!
えーと、時間的には上下のリフトで
すれ違っていますでしょうか。。

日曜よりも爆風だったようですが
素敵な景観でしたね。
大変お疲れさまでした。m(__)m
登録日: 2013/11/24
投稿数: 1073
2017/3/7 20:19
 同じ日でもずいぶんと違いますね
maruiさん、こんばんわ

唐松岳への遠征。お疲れ様でした〜♪
天気に恵まれた白の景色には圧倒されてしまいますが、
微風で春山の様相の鈴鹿と、暴風の八方尾根
全く違っていて、、そちらはまだまだ冬なんですね。

絶景だっただけに、心残りはあるでしょうが、
今日は、次の日のためにある
ということにするのが一番ですね
ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2017/3/7 20:56
 今回は偵察って〜ことで(^^)v
マルイさん、こんばんは

これだけの絶景でも爆風の中では景色を楽しむってのも難しいでしょうか
私もなかなかベストコンディションの唐松は行けてませんし

これから後立山も穏やかな登山日和が多くなるでしょうから、ぜひ次回は好天狙いでリベンジしてください
お疲れさまでした〜
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1921
2017/3/7 22:22
 Re: お疲れ様です
makiさん、こんばんは
遅くなりました。

登らないと見えない雪の剱岳、いや〜これは悔しいっす
木金で雪が降ったであろうからラッセル用にスキーが良いんじゃないかと思ったんですが、まさかのガリガリでした
でもそれ以前に遠征に伴う睡眠不足が最大の課題だったかと。

兎平は攻めていましたよ〜
今でも写真47とか見るとウズウズします
makiさんは不帰ドロップですね!
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1921
2017/3/7 22:22
 Re: 十分いい景色!
Sanちゃん、こんばんは

これはチャンスとばかりの遠征だったのですが、遠い所の日帰りはキツイです...
ショートスキー持たずに最初からアイゼンピッケルで飛ばせば行けたかな〜とちょっと後悔していますが、途中で(あの白山の時みたいに)ほとんど寝落ちしていたので、あまり変わらなかったかもです。
無理せず八方池山荘に泊まった方が良いかも知れませんね。

ま、この雄大な景色が見られたので十分良しですよね
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1921
2017/3/7 22:23
 Re: ちょっぴり残念でしたが・・・
ponしゃま、どもどもこんばんは

やっぱり唐松はなかなか絶好のチャンスないですか〜
風強かったですが、白馬三山や五竜の雄大な景色は感動ものでした。

下りに役立たない99cmショートでは、リフトが止まっても問題なしって訳にはいかないので、今回はリフト時間優先となりました。
元々はラッセル用のつもりで持っていったんですが、あの雪だったら滑り用の64cmショートが良かったかも知れませんね。
それはそれで一番下まで滑ったら足が壊れそうですが

次回、睡眠不足が一番の課題です
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1921
2017/3/7 22:23
 Re: あらっ!?
sionさん、お久しぶりです

ニアミスでしたね〜
3月1週目の晴れの週末となればレコユーザーさんも多いかなと思っていたら、やはり皆さん来られていましたね!

時間的にはゴンドラ乗り場の辺りですれ違ったようです。
写真45,46辺りに写っていたら面白かったですね
ちなみにsakurayukiさんとは丸山ケルン付近ですれ違っていました。
お二人ともしっかり山頂に登られていて羨まし〜
強風に負けずの登頂、素晴らしいです。

自分もいつかあの大絶景を!
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1921
2017/3/7 22:24
 Re: 同じ日でもずいぶんと違いますね
fujimonさん、こんばんわ

雪の唐松は初めてだったのですが、この雄大な白の景色にはほんと圧倒されました。さすが北アルプスという感じです。

鈴鹿は穏やかでしたか。
八方尾根は下から上まで遮る物が全くなく、やはり北ア、晴れていても厳しい山でした。
今回はレンズ交換を一度もできませんでしたよ〜

今日は、次の日のためにある、なるほどです。
せっかくの遠征と思って無理してしまうのが一番いけないと思っていたので、山頂は次の時のために取っておきます
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1921
2017/3/7 22:25
 Re: 今回は偵察って〜ことで(^^)v
nbさん、こんばんは〜

やはりなかなかベストコンディションは難しいですか
身体がよろけるほどの爆風で、今回はあまり写真を撮れませんでしたが、景色は十分目に焼き付けました。

今年は雪も多いので4月になっても雪の唐松岳を楽しめそうですね。
次回、睡眠不足を克服してリベンジします〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ