また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1076845 全員に公開 雪山ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

黒斑山

日程 2017年03月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
戸塚始発で東京駅へ。6時28分発はくたか551号で佐久平7時48分着。
8時35分のJRバス(結構大きい)に乗り高峰高原ホテル前に9時半頃到着です。
基本日に2本しか走っておらず、帰りは高峰高原ホテル前だと16時19分発まで待ちになります。このバスは新宿駅まで直行できるため、これで東京まで行っちゃうのも手かと思います(20:17分頃着だったような…値段も4000円弱)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間45分
休憩
35分
合計
3時間20分
S高峰高原ビジターセンター10:0010:00車坂峠11:15槍ヶ鞘11:2011:30トーミの頭11:3511:50黒斑山12:1513:20車坂峠13:20高峰高原ビジターセンターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
中ルートは地図に危険マークついてたのでルート変更。表コースのピストンにしました。景色も良いし。4時間のコースで3時間ちょいなので、だいぶ雪の影響でショートカットしてるのかなというイメージです。さほど早くは歩いていません。
コース状況/
危険箇所等
表コーストーミの頭手前にちょっと狭いところがありますが、それ以外は特段危険な箇所は無し。踏み抜いちゃうのは愛嬌で。
その他周辺情報高峰温泉方面はスキー場になっていて登山者進入禁止の立て札あり。
高峰高原ホテルで500円(普通のタオル+200円、バスタオルレンタル+200円)で温泉に入れます。(それほど広くはないです)バスまでに時間があるので、1Fロビーでくつろぐのもありかと。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ
備考 火山警戒レベルは2.賽の河原までは立ち入りできると書いてありました。
スノーシューは持ってった方が面白かったかも…。
チェーンスパイクはトレースが踏み固められていてかなり硬かったので、アイゼンだと食い込みすぎるのを感じチェーンスパイクに変更。今回結構役に立ちました。最後はいまいちでしたが。

写真

槍ヶ鞘からの浅間山。
ここからは感動の連続です。
2017年03月04日 11:17撮影 by ILCA-99M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ鞘からの浅間山。
ここからは感動の連続です。
4

感想/記録
by muyon

景色は抜群で、トーミの頭以降はずっとすぐま近に浅間山を眺めながらの山行です。
ものすごい迫力です。
雪は踏みしめられており、10本アイゼンだと食い込みすぎるて疲労すると感じたので、急きょチェーンスパイクに変更。足の裏にやたらと雪がたまるのは仕方ないとして、軽快な登山となりました。途中急坂などもありましたがちゃんとスパイクが効きました。最後にワンタッチのプラ部品がはじけ飛び、外れた時は焦りました。最後の最後だったからよい物の…いいんでしょうかこれ。
何はともあれ、一度は見てみたかった冬景色。快晴にも助けられ最高でした!
ちなみ火山警戒レベルは2。賽の河原までは立ち入りできると書いてありました。
いつかは前掛け山に登りたいですが・・・まずは次は夏場の浅間山もきてみたいです。
訪問者数:383人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ